最近のトラックバック

« 九州電力買い取り保留 | トップページ | iPad air2 »

作業負荷軽減のロボットスーツ

筑波大学発ベンチャー企業のサイバーダイン(茨城県つくば市)は30日、建設現場で重いものを持ったときに腰にかかる負担を軽くし、腰痛になるリスクを減らす装着型ロボット「作業支援用HAL」を開発し、販売を開始したと発表した。第1弾として大林組に5台をレンタルで納入、10月から都内の建設現場で活用する。

HALを装着することで、腰への負担を軽減できる
 HALはこれまで医療・福祉分野で導入されており、建設現場など重労働を強いられる分野への展開も本格化する。今年中に50台をレンタルする計画だ。

 開発した作業支援用HALは3キログラムと軽量で、腰幅39センチ以下の人なら誰でも簡単に装着できる。40キログラムの物を持ち上げる場合、最大16キログラム分をロボットが助ける。1台当たり月額12万~14万円でレンタルする考えだ。

介護用の補助ロボットスーツで上場を果たした サイバーダイン社

会社の名称も、かなりイケてると思うが、どうしてもターミネーターを思い出す。

今後、こういうことが製造現場や工事現場へ展開されてくると

どういう社会になるのだろうか。

もちろん、高齢者がこれによって元気に生活できるようになるし、

福祉の面からも大きなサポートになるだろう。

いやはや、技術の進歩は未来を明るくしてくれる。


20090612182220


« 九州電力買い取り保留 | トップページ | iPad air2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 作業負荷軽減のロボットスーツ:

« 九州電力買い取り保留 | トップページ | iPad air2 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ