最近のトラックバック

« 残業代ゼロの影響 | トップページ | 設備投資計画に変化ありか »

カーナビ標準がなくなる日が来るのか

google map がメジャーアップデートした。
以下がその内容だ。

バージョン 3.0.0 の新機能
新機能
• ターンバイターン方式ナビで距離や到着時刻を表示でき、別経路にもさっと切り替えられます
• 旅行や接続が遅いときに備えて、オフラインマップをカスタムリストに保存できます
• 乗換案内で経路の合計歩行時間、次発のバスや電車を表示できます
• ログインすると、最近保存した場所や検索した場所を[クチコミを書く場所]のリストとして表示できます
• Uberアプリをインストールしておくと、Googleマップから直接開いて経路を比較できます

ご要望が寄せられていた機能
• GoogleマップアプリからiPhone/iPadの連絡先に直接アクセスできます
• 地図で場所を長押ししてピンをドロップすると、保存や共有ができます
• Google音声検索を使用して、入力せずに検索できます
• スケールバーで地図上の大まかな距離がわかります

iTunes での説明だが、

このマップのナビゲーション機能がなかなか優秀なのだ。

私の車にはメーカー純正のナビが搭載されている。

すでに、7年を経過すると地図にない道がたくさんできている。

とくに遠方では土地勘がないだけに、ナビの重要性は増す。

そういうわけで、ここぞという時には、グーグルマップのナビを利用している。

新しい道にも対応できているので安心だ。

まだ、東九州道は未整備だが、問題ない。

そういう意味では、ゼンリン地図のいつもNAVIなどは、それさえもしっかりと

反映されているので、そちらのアプリを入れておけばその心配もなくなる。

これだけ高速通信インフラが整ってくると、

通信でできることが多くなるので、いままでのようにDVDナビだとかHDDナビである

必要がなくなってくるだろう。

データはクラウドにおいて、必要なときにアクセスするという感じになる。

技術は進化し続ける。

« 残業代ゼロの影響 | トップページ | 設備投資計画に変化ありか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーナビ標準がなくなる日が来るのか:

« 残業代ゼロの影響 | トップページ | 設備投資計画に変化ありか »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ