最近のトラックバック

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

セブン&アイHD鈴木会長

今週末の報道2001にセブン&アイHD 鈴木会長が出演されていた。

さすがだなと思うところが満載なので、転載しておくことにします。




日経新聞グローバルBiz より

ドイツ発、考える工場 部品とロボ、ICタグで「会話」
シーメンス、ダイムラーなど連合 多品種少量で安く
2014/4/15付日本経済新聞 朝刊
 シーメンスやダイムラー、ボッシュなど、ドイツを代表する企業が連合し、ものづくりを根底から変えようとしている。劇的な生産性向上と省エネルギーを実現し、猛追する新興国を引き離して、生産拠点としての強さを固める――。ものづくり大国ドイツが威信をかける「第4の産業革命」は、11兆円超の経済効果も期待される。

 4月上旬。独北部ハノーバーで開かれた世界最大級の産業見本市「ハノーバー・メッセ」。重電大手シーメンスが展示した次世代の自動車生産ラインに人だかりができていた。

 ラインに車体が流れ、ロボットが加工する。見た目はどの自動車工場にもある組み立てライン。だが、ものづくりの発想が全く違う。車体とロボットが「会話」しながら組み立てていくのだ。

 仕組みはこうだ。車体にはICタグが埋め込まれ、型式や必要部品、組み立て手順などの情報が記録してある。車体はロボットに近づくと「5枚のドアが必要です」などと作業を指示。ロボットは指示を聞いて動く。

 従来の工場は人がロボットに作業手順を覚え込ませる。ロボットはその通り動くだけなので、手違いでラインに違う車体が流れてきた場合、作業ミスを起こす可能性がある。だが、ロボットと車体に「会話」があればその心配は無用だ。データを付き合わせ、間違いなく作業できるからだ。

 品質と低コストの両立には大量生産が必要というのが従来の常識。だが、このシステムが実用化されれば多品種少量の製品を量産品並みのコストでつくる道が開ける。

 モノ同士がつながり、会話する――。シーメンスの展示はドイツが製造業の高度化をめざし、国を挙げて推進する「インダストリー4.0」を具現化したものだ。

 将来的な目標は極めて野心的だ。ドイツ中にある生産設備、製品、部品、素材のひとつひとつにIDを割り当ててインターネットでつなぎ、ドイツ国内を「ひとつの仮想工場」に見立てることで、資源の全体最適を実現しようというのだ。ネットを使って電力需給を最適化する「スマートグリッド」(次世代送電網)の工場版といえる。

 こうした「スマート工場」の構想が実現すれば、フル生産の工場が稼働率の低い他の工場を活用できる。ある工場で在庫の山となっている部品を、そうとは知らず増産してしまうこともなくなる。1企業だけでなく社会全体の生産性が高まり、エネルギー消費も減る。

 働く人はどうなるか。自動化がさらに進むことで、工場の単純労働や工程を制御する仕事は減る見通しだ。一方でIT(情報技術)を駆使した複雑な生産システムの構築など、付加価値を生む創造的な仕事のできる人が一層求められる。

 シーメンスも機器製造からITに経営のカジを切る。ジーグフリート・ルスヴルム取締役は語る。「当社がソフトウエアの会社に変わったって?そうだとも」

 ボッシュの産業機器子会社ボッシュ・レックスロスはネットで工場の外部とつながる次世代ファクトリーオートメーション(FA)を提案。カール・トラグル社長は「市場は世界に広がる」と輸出にも意欲を見せる。

 統合基幹業務システム(ERP)世界最大手のSAPは「4.0」で生まれる膨大なデータ処理とセキュリティー対策に商機をみる。産業機械部門トップのゲオルク・クーベ氏は「世界で最もダイナミックな先端工場の動きがドイツで起きている」と興奮気味に語る。

 独フラウンホーファー研究機構などは2025年までに国内で少なくとも787億7千万ユーロ(約11兆1千億円)の経済効果があると試算する。

 課題もある。通信規格やものづくりの仕様などの標準化が必要になる。工場がネット外部とつながることでサイバー攻撃にさらされるリスクも高まる。普及には息の長い取り組みが必要になるが、ドイツ企業は手堅く目標に向かっている。

Photo

ハノーバーメッセでのシーメンスによる自動車ラインの展示


すごい未来の工場の様子であるが、

ここでひとつの疑問が生じる。

今まで工場で働いていた人はどうなるのであろうか?

間違いなく失業。

高度な仕事をする人が必要になるとあるが、

人間簡単には、職業を変えることなどできない。

今の欧州での失業率の高さは、何が根本原因なのだろうか。

私は、ITによる生産性の向上が最も大きいのではないかと思うのだが・・・・・。

資本主義も度を過ぎると破綻してしまうはず。

人類は、どこへ向かおうとしているのだろうか。

ランエボ生産終了

ランサーエボリューション、 通称ランエボ。

この最強を誇った車が生産終了とは、時代を反映しているのだろうと感慨深い。

2リットルターボエンジンで280馬力を絞りだす。

アクティブ ヨー コントロール 通称 AYC で車が簡単に曲がってくれる。

市販車なのに、改造車並みのスペックを有し、

素人なのに、峠をかなりの速度でこなすことができた。

そのエボリューションというネーミングからもわかるように、進化していった車。

それが生産終了する。進化は終わったのだろうか。

ライバル車は、スバルのインプレッサ。

この車も、ランエボと同じく最強スペックを誇る。

こちらは、まだ進化し続けるというのだろう。

エボというライバルを失ったが、WRCでは他のライバル車との戦いが続く。

ipad for office

iPadに「オフィス」、日本も年内対応 マイクロソフト

 【シリコンバレー=小川義也】米マイクロソフト(MS)は27日、主力の業務ソフト「オフィス」を、米アップルのタブレット(多機能携帯端末)「iPad(アイパッド)」向けに提供すると発表した。自社の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」を搭載したタブレットを優先してきた方針を転換。世界で10億人以上いるオフィスユーザーの選択肢を増やすことで収益拡大につなげる。

 同日から文書作成の「ワード」、表計算の「エクセル」、プレゼンテーション資料作成の「パワーポイント」の各アプリ(応用ソフト)の提供を始めた。日本は当初の対象市場である135カ国・地域に入っていないが、年内に対応する。

 iPad版オフィスは資料の閲覧や作成をタッチ操作でスムーズにできるようにした。文書などの閲覧は無料だが、編集するには、オフィスの各機能をインターネット経由で提供する有料のクラウドサービス「オフィス365」の会員になる必要がある。

 2月に就任以来、初めて記者会見したサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は「オフィスをあらゆるデバイスで利用できるようにする」と強調。タブレット市場で最大のシェアを持つ米グーグルのOS「アンドロイド」を搭載したタブレットにも今後対応させる考えを示した。MSは昨年、アップルとグーグルのスマートフォン(スマホ)でオフィスを利用できるサービスをすでに始めている。

今朝の話題で、ようやく年内対応の記事を見つけた。

モバイルノートかタブレットかでいつもネックになっていたのが、

オフィスの存在だった。

いまでも、ipadで閲覧できないことはないのだが、

オフィス365の会員だし、使えないことはない。

しかしクラウドで動かすとなると少々動きにストレスを感じるし、

編集などする気にもなれないのだが、

アプリで使えるとなると話は変わってくるだろう。

実際、iphone ではアプリもあるので、閲覧は快適だ。

画面が小さいのはしかたない。

それがタブレットであれば解消される。

早く対応してほしいものだ。

消費税8%になる

日銀は2日、3月の企業短期経済観測調査(短観)で企業の物価見通しを初めて公表した。全規模全産業による1年後の消費者物価指数(CPI)見通しは、平均で前年比1.5%上昇だった。1年後のCPIが1%上昇するとの回答の比率が29%と最も多く、2%上昇するとの答えが19%で次いだ。

 企業の物価見通しは、3月の日銀短観から調査項目として新たに追加された。約1万社に対して「1年後」「3年後」「5年後」の主要な商品・サービスの販売価格やCPIの見通しをたずねる。

 日銀は2%の物価安定目標を実現に向け、昨年4月導入の量的・質的金融緩和によって、企業や家計の物価予想を示す期待インフレ率を引き上げることを目指しているが、これまでは企業の見通しを推し量る統計が不足していた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

今朝の話題であるが、

昨日から消費税8%が施行された。

夕方買い物に行くと、いつもよりも店内は人影まばらな感じであった。

生鮮食品の店なのに、やはり数日はその影響もありそうだ。

しかし、食事をしない訳にはいかないから、

数日で客足も戻るだろう。

しかし、主婦は財布の紐を絞って買物をすることになると思う。

税金を決めるのは、政府であり、国会であり、国会議員だが、

ほとんどが男で、主婦の気持ちがわかるのかと言われれば、

わからないのだろうというのが率直な感想だ。

来年10月には、10%になることが法律で決まっている。

正確には、年内に10%にするかどうかを決めるのだろうが、

そういう風に数字を操作するのは目に見えていそうだ。

ここ数ヶ月が勝負というところだ。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ