最近のトラックバック

« クリミア問題に隠れているが | トップページ | 消費税8%になる »

iphone6

米アップルのスマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の新機種が今年9月にも世界で発売される見通しであることが27日、わかった。現行機種より画面サイズが大きくなり、iPhoneとして初めてサイズの違う大小2タイプを商品化する。液晶パネルはシャープとジャパンディスプレイ(JDI)、韓国LGディスプレーが供給する方向だ。

 新機種の名称は「iPhone6」が有力視されている。高精度のタッチパネルを搭載する液晶画面のサイズは5.5インチと4.7インチの2種類となる公算が高い。いずれも4インチを採用する現行品より大型になり、動画などネット閲覧の使い勝手が高まる。

 指紋センサーや液晶を動かすための駆動用半導体などの関連部品はすでに生産を始めているもよう。液晶パネルはシャープの亀山工場(三重県亀山市)とJDIの茂原工場(千葉県茂原市)などで、4~6月期にも量産を始める。解像度も現行機種よりも大幅に高まる見込み。

 アップルは2012年9月に「iPhone5」を発売した。発売後の3日間で500万台を販売するなど注目を集めたが、その後、出荷数が伸び悩んだ。13年には同シリーズから初めて価格帯の違う「5s」と「5c」の2タイプを投入した。新型のタイプではサイズでバリエーションを持たせて、幅広い利用者を取り込む狙いだ。

今朝の日経新聞での話題だが、

1年サイクルで発表されている iphone なので、話題としては

新しいものではないが、

そのデザインは、やはり目を引くものである。

形としてのデザインだけでなく、機能もしっかりとデザインされているのが、

素晴らしいと思うし、それが購入動機になっているのは、

間違いないところだ。

写真は、たくさんそれらしいものが出回っているが、

実際はどうなるのだろう。

画面サイズが大きくなるので、

ipad mini との住み分けを考えているのか。

それとも、個々人の判断に任せて、より多くの選択肢をユーザーに提供するのか。

結果は、後者になるのだろうと思う。

それも大きな話題なのだが、

いよいよ今月末に、ipad向けのマイクロソフトオフィスアプリが

発売になるそうだ。

これは是が非でも購入したいと思っている。

ノートパソコンが要らなくなる日かも知れない。 

ちなみに、日本語版はまだ未定だそうだ。

オフィス365ユーザーであれば、今でも利用できそうだ。

« クリミア問題に隠れているが | トップページ | 消費税8%になる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iphone6:

« クリミア問題に隠れているが | トップページ | 消費税8%になる »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ