最近のトラックバック

« 貿易収支 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます »

靖国参拝

靖国神社を安部首相が参拝された。

電撃参拝には、驚いたが私は、当たり前のことだと思う。

靖国神社の性質として、日本人が先祖を思う気持ちと政治的な意味合いと

一緒にできないというのも、分からないでもないが、

単純に、戦時中、靖国で会おうと戦場に赴いた先人の気持ちに国として応えるということは、

問題視されるものではないと思うのだが、正直、騒ぎすぎというところだ。

ご多分に漏れず、騒ぎ立てる近隣諸国との関係はこれ以上悪化するというものでもなかろう。

これ以上問題視するのであれば、国交断絶すれば良い話だ。

それはできないだろうから、今までと変わらないということだと思う。

出て行っている企業は、影響があるかもしれないが、それも覚悟の上のことだろう。

昨年の焼き討ち以上のことがあれば、もう撤退するしかない。

そういう動きになりつつあるのも、現状ではある。

当社も、輸出関連の仕事をしている関係上、影響は受けている。

仕事の将来を見据える年末年始にしたいと思う。

以下は、今朝の日経新聞の記事を備忘録として。

安倍晋三首相は就任から丸1年の26日、靖国神社の参拝に踏み切った。知っていたのは菅義偉官房長官らごく一部だけで、与党への連絡も当日朝だった。第1次政権での参拝見送りを「痛恨の極み」と繰り返してきた首相は、保守色を強めつつある。中国や韓国との早期の関係改善は望めないと判断し、外交の選択肢が狭まるのを承知で「宿願」を果たした。

 「きょう参拝します」。首相周辺から靖国神社に連絡が入ったのは26日午前7時ごろ。首相が自民党の石破茂幹事長や公明党の山口那津男代表らに電話したのは参拝直前だった。山口代表は「賛同できない」と自重を促したが、首相は「ご賛同いただけないとは思いますが、関係国との改善に努めます」と押し切った。

 参拝を終えた首相は、記者団に「二度と戦争の惨禍で人々が苦しむことのない時代をつくるという誓いを伝えるためにこの日を選んだ」と説明した。国内外の戦没者をまつる「鎮霊社」も併せて参拝。首相自ら談話の内容を詰めて日本語と英語で発表するなど、一定の配慮をうかがわせた。

 菅長官ら側近の間でも「経済を最優先すべきだ」との慎重論が根強かったにもかかわらず、首相が年内参拝に踏み切ったのは、中国や韓国への不信感も一因になった。

 昨年末の就任以降、首相は一貫して「対話のドアは常にオープンだ」と呼びかけた。春と秋の例大祭は真榊(まさかき)と呼ばれる供物、終戦記念日は玉串料を納めて参拝は見送ったが、歴史認識や領土問題をめぐる対立は先鋭化。政府関係者は「失うものはない状態だ。行っても行かなくても変わらない」と語る。

不信感を口に
 25日に官邸を訪ねた自民党の河村建夫選挙対策委員長が「首脳会談ができるよう努力しているけどなかなか難しい」と水を向けると、首相は南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加する自衛隊の韓国軍への銃弾の無償供与に触れて「弾薬を提供したのにひどいですよね」と不信感を口にした。

 首相に参拝を促してきた衛藤晟一首相補佐官は26日午後、電話で「お疲れさまでした。大変でしたね」と伝えた。首相は「どうもありがとうございました」と応じ、懸案を果たした達成感がにじんだ。

 中韓両国の反発はある程度、織り込み済みだった。一方で在京の米国大使館による「失望」を示す声明は波紋を広げた。小泉純一郎首相の参拝時も失望との厳しい表現は使わなかった。

 首相は26日午後、自民党のインターネット番組で米側の反応について「しっかりと説明していくことで誤解を解いていきたい」と強調した。

 日本側には沖縄県の米軍普天間基地の移設に前進が見られたことで、一定の理解は得られるとの期待もある。ただ米側は中韓との摩擦を憂慮してかねて慎重な対応を求めてきた。与野党には日米関係に影を落とす展開を懸念する声が根強い。

« 貿易収支 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 靖国参拝:

« 貿易収支 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ