最近のトラックバック

« 7月 | トップページ | Mr.GTRと天才脳機能学者 »

3Dプリンターの脅威

中国で3Dプリンター(3D印刷機)の利用が急拡大している。航空機や自動車、医療など様々な産業で導入が進んでおり、2016年には中国が米国を抜いて世界最大市場になるとの予測が出ている。3D印刷機の普及で、製品の「模倣」も容易になるため、日米欧の製造業の間では技術流出が加速するとの懸念も強まっている。

車部品や医療分野などにも用途が広がっている(北京市)
 中国企業の間で需要が伸びているのが、研究開発や製品試作に3D印刷機を用いるケース。型がなくても部品や試作品をつくることができ、開発期間や費用の削減が見込めるためだ。金型などの作製ノウハウがない中国企業にとって、技術的な追い上げが容易になる。

 他社の競合製品を解析して技術情報を得る「リバースエンジニアリング」に利用する企業も多い。例えば自動車だ。ライバル企業のヒット車を分解し、どこにどのような技術と部品が使われているかを分析する。3D印刷機を使えば、高度な設計ソフトがなくても各部品を「再現」することが可能になる。

 3D印刷機の販売・開発会社、杭州先臨三維科技(浙江省杭州)によると、すでに多くの有力企業が3D印刷機を採用。航空機大手の中国航空工業集団、自動車や電池の比亜迪(BYD)、自動車部品の万向集団といった大手のほか、「最近は医療や装飾品加工などにも用途が広がってきている」という。

 3D印刷機の世界市場規模は12年に22億ドル(約2200億円)。その大部分が産業用で、うち4割のシェアを米国市場が占める。中国3D打印技術産業連盟(北京市)の予測では、16年に中国の市場規模は100億元(約1600億円)に拡大。12年実績の10倍に増え、世界最大市場に浮上する見通しだ。

 中国で流通している3D印刷機は米国や欧州の製品が大半だが、安価な国産印刷機も続々登場し、利用が急増する要因になっている。

 ただ、中国企業は知的財産権の保護意識に乏しく、3D印刷機そのものの模倣も相次いでいるとされる。江蘇省南京などは優遇策をもうけ、3D印刷機関連の企業誘致を強化。日米欧の最新技術の研究を加速しているという。軍事への転用や犯罪などへの悪用を警戒する声もある。 日本経済新聞より

この記事でも警告しているが、

3Dプリンターの利用方法は今までとは違った次元での

開発を提供する。

今後、どんどんそれは加速していくだろう。

最後の行に、軍事への転用や犯罪への悪用という負の面への警告を発している。

それだけ今までの「ものづくり」という概念を超越している。

インクジェットプリンターで起こった印刷業界の再編、いや淘汰と

同じものが製造現場に起こることが容易に想像できる。

私たちは、ものづくりに携わるものとして、

この脅威をどういう風に自らの力に変えていくかを考えなければならない。

« 7月 | トップページ | Mr.GTRと天才脳機能学者 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3Dプリンターの脅威:

« 7月 | トップページ | Mr.GTRと天才脳機能学者 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ