最近のトラックバック

« サイバー空間の戦い | トップページ | 7月 »

マクロ経済今後のゆくえ

【上海=土居倫之】英金融大手HSBCが20日発表した6月の中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は48.3と、5月の確報値(49.2)から0.9ポイント下落した。昨年9月以来9カ月ぶりの低水準。好不況の節目となる50を2カ月連続で下回った。輸出不振を背景に昨年末から始まった景気回復のピッチが急速に鈍っている。

 調査は12~18日に行った。中国では5月の輸出額が1%増にとどまり、輸出不振が鮮明になっている。4月までは2桁増を続けていたが、輸出を装って投機資金を本土に持ち込む「水増し輸出」が横行していた。中国景気の回復を主導してきたとみられていた輸出が実際には不振だったことが明らかになり、景気の先行きに対する不透明感が急速に高まっている。HSBCの屈宏斌チーフエコノミストは「製造業は内外の需要低迷と在庫増に直面している」とコメントしている。 日本経済新聞より

中国の生産不振が明らかになってきた。

中国の経済に暗雲が立ち込めてきている。

今朝のFOMCを受けてのバーナンキ発言は、

アメリカの経済回復に明るさが見えてきたかのように思えたが、

発言では、QE3は継続することを言っている。

ただし、アクセルは緩めるがブレーキを踏むことはしない。

このへんの表現が今の市場の乱高下を収束させたいという意図がありそうだ。

しかし、金融もさることながら、

このあと発表されるフィラデルフィア連銀景況指数が

どうなるかがアメリカ製造業の状態を見る上で大切である。

プラスに振れていることを祈る。

« サイバー空間の戦い | トップページ | 7月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マクロ経済今後のゆくえ:

« サイバー空間の戦い | トップページ | 7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ