最近のトラックバック

« 暴発寸前 | トップページ | メイド・イン・チャイナのレクサス »

大きな動きがあるのだろうか

北朝鮮のミサイルが今日にも発射されるという。

そんなことをして一体何の意味があるのだろうか。

考えられるとすれば、やはり北朝鮮国内事情以外にはない。

経済封鎖をされ、もはや八方塞がりに追い詰められた。

通常であれば、ここはバイザイして、降伏するしかない。

しかし、そうではないらしい。

核を持つということはそれだけで、

軍事的に脅威になるということなのだ。

かつて日本も同じ境遇に置かれた。

ABCD包囲網により、経済封鎖をされ打って出る以外に、

自国の主権を守ることはできない状況下に置かれたのであろう。

そういう背景もあるが、

やはり軍を動かしたのは、日清戦争、日露戦争の勝利だったのではないか。

日本軍は強いと思ってしまった。

たしかに当時は強かったであろう。

しかし、資源の確保ができないままでの戦争突入は、

愚かな行為だったのではないか。

そういう意味では、いかにうまく負けるかという戦争をしなければならなかった。

しかし、日本人の気質からはそうならなかった。

近代史をここで論じる場面ではないので、

これくらいにして、

今の北朝鮮はどういう状況なのかを考えるとする。

3世代続いている金王朝を続けさせることができるかどうか。

もしくは、金一族の安全な将来を確約できるようにするということが、

解決策なのだろう。

だが、金正恩が党首にあるのは、そういう選択をしなかったということだ。

金正男が追放されているのは、その査証といえないか。

どういう形になるのかわからないが、

今は見守るしかない。

ミサイル防衛システムの成功を祈ろう。

« 暴発寸前 | トップページ | メイド・イン・チャイナのレクサス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大きな動きがあるのだろうか:

« 暴発寸前 | トップページ | メイド・イン・チャイナのレクサス »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ