最近のトラックバック

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

メイド・イン・チャイナのレクサス

【上海時事】トヨタ自動車は21日、高級車ブランド「レクサス」の中国生産を検討していることを明らかにした。中国は世界最大の自動車市場で今後も成長が見込まれ、特に発展が著しい沿岸部では高級車の需要が高まっている。トヨタは、現地生産で価格競争力を高めるとともに、顧客ニーズを商品に迅速に反映させる体制を整え、レクサスの販売台数の上積みを目指す。(時事通信)

中国製が悪いと言っているのではない。

中国製だろうが、アメリカ製だろうが、日本製だろうが、

トヨタ自動車が作っているのであるから、

トヨタ製なのである。

これが現実なのであろう。

いくら、円安になっても、為替に左右されない生産体制を

作ることが大切であるということなのだ。

それでなければ、シェアを維持することはできない。

日本で生まれたトヨタブランドが世界のブランドになっていくということである。

コカ・コーラを飲んで、アメリカを意識しないのと同様に、

海外旅行に行って、コカコーラを安心して飲むのと同じように、

日本車を意識しないでトヨタの自動車を選ぶようにしたいということなのだろう。

つまりは、基幹産業でなくなってきているという意味を示唆している。

自動車を作ることが出来る国は意外に少ない。

数えられるくらいしかなのだ。

小さいメーカーは存在しても、大きなシェアを握るメーカーのある国はそうなのだ。

自動車を作るということは、それだけの国民のレベルが必要だった。

だが、それも自動化レベルが上がってくると、

どこでも生産はできるということになってくるのだ。

そこに本質があることを忘れてはならない。

大きな動きがあるのだろうか

北朝鮮のミサイルが今日にも発射されるという。

そんなことをして一体何の意味があるのだろうか。

考えられるとすれば、やはり北朝鮮国内事情以外にはない。

経済封鎖をされ、もはや八方塞がりに追い詰められた。

通常であれば、ここはバイザイして、降伏するしかない。

しかし、そうではないらしい。

核を持つということはそれだけで、

軍事的に脅威になるということなのだ。

かつて日本も同じ境遇に置かれた。

ABCD包囲網により、経済封鎖をされ打って出る以外に、

自国の主権を守ることはできない状況下に置かれたのであろう。

そういう背景もあるが、

やはり軍を動かしたのは、日清戦争、日露戦争の勝利だったのではないか。

日本軍は強いと思ってしまった。

たしかに当時は強かったであろう。

しかし、資源の確保ができないままでの戦争突入は、

愚かな行為だったのではないか。

そういう意味では、いかにうまく負けるかという戦争をしなければならなかった。

しかし、日本人の気質からはそうならなかった。

近代史をここで論じる場面ではないので、

これくらいにして、

今の北朝鮮はどういう状況なのかを考えるとする。

3世代続いている金王朝を続けさせることができるかどうか。

もしくは、金一族の安全な将来を確約できるようにするということが、

解決策なのだろう。

だが、金正恩が党首にあるのは、そういう選択をしなかったということだ。

金正男が追放されているのは、その査証といえないか。

どういう形になるのかわからないが、

今は見守るしかない。

ミサイル防衛システムの成功を祈ろう。

暴発寸前

【牧野愛博】北朝鮮が新型の長距離弾道ミサイル「KN08」とみられる機体を日本海側に移動させ始めたことがわかった。日米韓の政府筋が明らかにした。KN08の詳しい実態は不明だが、米本土に届く可能性があり、関係国はミサイル発射の兆候とみて緊張を高めている。

 米国の情報衛星が、KN08とみられる機体を積んだ貨物列車が、日本海側に移動している様子を捉えた模様だ。機体の形状や大きさなどからKN08と推測されるが、中距離弾道ミサイル「ムスダン」など、他のミサイルの可能性もあるという。日本海側に移動させたのは、太平洋方面に発射したミサイルが飛行中に国内に墜落する事故を避けるためとみられる。

 別の関係筋によれば、北朝鮮は金日成(キムイルソン)国家主席の生誕101周年の記念日が15日に迫る中、日米韓から何らかの譲歩を引き出して国内に示す必要に迫られている。日本や米国を射程に捉えるミサイルを配備した背景にはこうした思惑がありそうだ。

朝日新聞社(4月4日 Yahooより抜粋)

この記事が先ほど配信されている。

瀬戸際外交といういつもの手段であるとみるのか、

それとも、もう最終的なところまで追い詰められての行動と見るべきなのか、

私は、もう後者の追い詰められた者の心理だと思っている。

報道を見る限りではあるが、

北朝鮮は最後のあがきをして終わるのだと思う。

その後にどの国が北朝鮮を事実上占領するのかというところに

話題は移っていると思うのだ。

北朝鮮という国が、交渉が効かない国であるということは

もういい加減にわかっているはずである。

背後に中国がいたというのもその大きな要因であるが、

その中国も手の施しようがないところにまで着ているというのが

実情のように思えてならない。

真相はわからないのであるが、

事実だけを捉えると、

いま、ミサイルがいつ発射されてもおかしくない状況にあるということは確かだ。

そのミサイルが、どこを狙っているのか。

アメリカを狙うのだろうか。

アメリカ本土を狙うだけのミサイルはさすがに発展途上だろう。

一か八かの勝負になるように思う。

それよりも、韓国、日本の米国基地、もしくは主要都市なのだろう。

私であれば、原子力発電所を攻撃する。

放射能はそれほどまでに怖いものだ。

日本の誇る自衛隊はかなりの確率でミサイルの迎撃をしてくれるだろう。

だが、それをも超える量のミサイルを一度に発射される可能性も否定出来ない。

関連報道には注意しておく必要がありそうだ。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ