最近のトラックバック

« 株価、高値更新 | トップページ | ガンでは死ななくなる日 »

デフレ解消なるのか

昨日、黒田日銀総裁が誕生した。

2%のインフレターゲットを目指していくという強い決意を

述べていた。

今後の運営手腕に期待したい。

そういうところで、

昨日は、日向市内のMr.MAXに行ってみた。

改装後はじめて行ったのであるが、

かなり印象が違っていた。

商品の陳列からしても、整然としてわかりやすかった。

時間が閉店時間ギリギリだったので、

目的の水を購入して終わったが、

また時間を見つけて散策してみたいと思った。

その水なのであるが、

500mlペットボトルで50円。

霧島の名水である。

山のごとく積まれていたが、

原価を考えてみても、薄利多売なんだろうと思う。

まさにデフレの象徴的な価格であるが、

これが少しは値上がりすればデフレ解消の兆しといえるのだろうか。

考えてみれば、物の価値は同じなのであるから、

価格が上がるということは、貨幣の価値が下がったと言えないか。

水が干上がって水の価値が上がったというわけではない。

水の消費量が劇的に増えて水の価値が上がったというものでもない。

やっぱり、貨幣の価値が下がったということになるだろう。

その辺をよく考えなければならないが、

心理的には、価格が上る前に買うという行動に出るのは、

当たり前の話であるから、

消費する社会にするためのきっかけとしては有効なのだろう。

なんにしても、行き過ぎは問題で、そのバランスが大切なんだと思う。

日本は、豊かになってきているのである、

欲しいものはなんでも揃っている。

所有しているので、必要ない。だから消費が起こらない。

でも、世界を見るとまだまだ不足している。

食べるだけで精一杯の国がたくさんある。

これから、豊かになっていく国もたくさんある。

そこに日本は輸出をすればいいのだ。

そのための円安政策であれば、

日本という国は豊かになる。

そういうことだと思うのである。

豊かになるのは、輸出産業だけというのでは困る。

儲けた分はいくらかは国内に流通させていただかなければならない。

そのための課税であり、その税は有効に使われてもらわなければならない。

円安になってきているがまだまだ円高であることはまちがいない。

急激な変動は歪を生むが、1年くらいかけて100円を目指すのがいいと思う。

希望だが。


« 株価、高値更新 | トップページ | ガンでは死ななくなる日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デフレ解消なるのか:

« 株価、高値更新 | トップページ | ガンでは死ななくなる日 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ