最近のトラックバック

« 2018年には | トップページ | 3月11日 »

3月

4日の東京株式市場で日経平均株価は続伸で始まった。1万1695円45銭で寄り付き、昨年来高値を上回った。その後、上げ幅は100円を超え、取引時間中としては2008年9月29日以来、約4年5カ月ぶりに1万1700円台を回復した。前週末の米ダウ工業株30種平均が経済指標の改善を追い風に約5年5カ月ぶりの高値を付け、外国為替市場でも円相場が下落。外部環境の改善で投資家は運用リスクをとりやすくなり、主力株中心に買い先行で始まった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

今朝は、日経平均株価も高値をつけているようである。

アベノミクスと言われ、数年ぶりの活気を取り戻そうとしている。

この景気の影響が我々に実感できるようになるのは、

何ヶ月後なのであろうか。

先週末に2003年の同窓会があった。

お集まりいただいた各人は、さすがにお元気で、

パワーあふれる人たちであった。

元気をいただけたのでよかった。

さて、懐かしい話だけでは終わらない。

アベノミクスは話題に上がっていた。

間違いないのは、夏の参院選までは景気浮上策がしかれるということ。

消費税増税実施への盤石な体制づくりをするためである。

我々は外税方式で消費税を明確にしているのでまだましであるが、

小売は、内税方式なので、消費税分がそのまま値上げに見えてしまう。

税を意識させないようにしているとしか思えない。

国民が、税に意識を持たなくてどうするのか。

ここに意識を持っていくことが最初の政治への関心を持つことではないだろうか。

そして、その使われ方を意識するという風にシフトしていくと思うのだ。

いづれにしても、3月経済に何かイベントが発生しそうな予感がしている。

ちなみに、私は株もFXもしないが。

« 2018年には | トップページ | 3月11日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月:

« 2018年には | トップページ | 3月11日 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ