最近のトラックバック

« デフレ解消なるのか | トップページ | 暴発寸前 »

ガンでは死ななくなる日

抗がん剤治療で消えたように見えても、がん細胞のもとになる「がん幹細胞」がわずかに残っているとがんは再発、転移することがある。九州大などの研究チームは、抗がん剤が効きにくいがん幹細胞を標的にした治療法を開発、マウスで効果を実証した。論文は18日付の米科学誌キャンサー・セル電子版に掲載される。
 増殖が速いがん細胞は、常に細胞分裂を行っているため、抗がん剤や放射線治療はこの分裂中の細胞を標的にしている。一方、がん幹細胞は増殖が遅く、ほとんどが増殖しない「静止期」にとどまっているため、抗がん剤などは効きにくく、再発のもとになっていた。
 九大生体防御医学研究所の中山敬一教授らの研究チームは、細胞を静止期にとどまらせる遺伝子「Fbxw7」に着目。血液のがんである白血病を発症させたマウスの同遺伝子が働かないように操作したところ、静止期にとどまるがん幹細胞が急減。このマウスに抗がん剤を投与すると、無治療のマウスや、抗がん剤のみを投与したマウスに比べ、生存率が大幅に向上した。
 同様の仕組みは、白血病以外のがんでも予測されているほか、同種の遺伝子はヒトでも確認されている。中山教授は「増えない細胞がなぜ静止期にあるかを突き止め、静止期から追い出して、たたくことができた」と話しており、今後数年をかけて、Fbxw7を一時的に働かなくする薬の実用化のめどを付けたいとしている。 時事通信 3月19日(火)1時10分配信

これはすごい発見である。

癌が再発しにくいというよりも、

再発しないとまで言い切れるのではないか。

何年か後には実用化されていることだろう。

iPS細胞の発見により、今後人類は死ななくなる日が訪れるのだろうか。

つまりは、人は死ぬという前提が根本から絶たれる。

そうなると、現在までの社会を形成していた根本的な思想が

覆されることになる。

最も大きな影響を与えてきているのは宗教であるが、

死を前提としていたものが、死なないということになれば、

根源から否定されてしまうことになる。

人類は踏み入れてはいけない領域にまで進化してきている。

そしてこの進化は止めることはできないのだ。

未来は、どうなるのだろうか。

« デフレ解消なるのか | トップページ | 暴発寸前 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガンでは死ななくなる日:

« デフレ解消なるのか | トップページ | 暴発寸前 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ