最近のトラックバック

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

ガンでは死ななくなる日

抗がん剤治療で消えたように見えても、がん細胞のもとになる「がん幹細胞」がわずかに残っているとがんは再発、転移することがある。九州大などの研究チームは、抗がん剤が効きにくいがん幹細胞を標的にした治療法を開発、マウスで効果を実証した。論文は18日付の米科学誌キャンサー・セル電子版に掲載される。
 増殖が速いがん細胞は、常に細胞分裂を行っているため、抗がん剤や放射線治療はこの分裂中の細胞を標的にしている。一方、がん幹細胞は増殖が遅く、ほとんどが増殖しない「静止期」にとどまっているため、抗がん剤などは効きにくく、再発のもとになっていた。
 九大生体防御医学研究所の中山敬一教授らの研究チームは、細胞を静止期にとどまらせる遺伝子「Fbxw7」に着目。血液のがんである白血病を発症させたマウスの同遺伝子が働かないように操作したところ、静止期にとどまるがん幹細胞が急減。このマウスに抗がん剤を投与すると、無治療のマウスや、抗がん剤のみを投与したマウスに比べ、生存率が大幅に向上した。
 同様の仕組みは、白血病以外のがんでも予測されているほか、同種の遺伝子はヒトでも確認されている。中山教授は「増えない細胞がなぜ静止期にあるかを突き止め、静止期から追い出して、たたくことができた」と話しており、今後数年をかけて、Fbxw7を一時的に働かなくする薬の実用化のめどを付けたいとしている。 時事通信 3月19日(火)1時10分配信

これはすごい発見である。

癌が再発しにくいというよりも、

再発しないとまで言い切れるのではないか。

何年か後には実用化されていることだろう。

iPS細胞の発見により、今後人類は死ななくなる日が訪れるのだろうか。

つまりは、人は死ぬという前提が根本から絶たれる。

そうなると、現在までの社会を形成していた根本的な思想が

覆されることになる。

最も大きな影響を与えてきているのは宗教であるが、

死を前提としていたものが、死なないということになれば、

根源から否定されてしまうことになる。

人類は踏み入れてはいけない領域にまで進化してきている。

そしてこの進化は止めることはできないのだ。

未来は、どうなるのだろうか。

デフレ解消なるのか

昨日、黒田日銀総裁が誕生した。

2%のインフレターゲットを目指していくという強い決意を

述べていた。

今後の運営手腕に期待したい。

そういうところで、

昨日は、日向市内のMr.MAXに行ってみた。

改装後はじめて行ったのであるが、

かなり印象が違っていた。

商品の陳列からしても、整然としてわかりやすかった。

時間が閉店時間ギリギリだったので、

目的の水を購入して終わったが、

また時間を見つけて散策してみたいと思った。

その水なのであるが、

500mlペットボトルで50円。

霧島の名水である。

山のごとく積まれていたが、

原価を考えてみても、薄利多売なんだろうと思う。

まさにデフレの象徴的な価格であるが、

これが少しは値上がりすればデフレ解消の兆しといえるのだろうか。

考えてみれば、物の価値は同じなのであるから、

価格が上がるということは、貨幣の価値が下がったと言えないか。

水が干上がって水の価値が上がったというわけではない。

水の消費量が劇的に増えて水の価値が上がったというものでもない。

やっぱり、貨幣の価値が下がったということになるだろう。

その辺をよく考えなければならないが、

心理的には、価格が上る前に買うという行動に出るのは、

当たり前の話であるから、

消費する社会にするためのきっかけとしては有効なのだろう。

なんにしても、行き過ぎは問題で、そのバランスが大切なんだと思う。

日本は、豊かになってきているのである、

欲しいものはなんでも揃っている。

所有しているので、必要ない。だから消費が起こらない。

でも、世界を見るとまだまだ不足している。

食べるだけで精一杯の国がたくさんある。

これから、豊かになっていく国もたくさんある。

そこに日本は輸出をすればいいのだ。

そのための円安政策であれば、

日本という国は豊かになる。

そういうことだと思うのである。

豊かになるのは、輸出産業だけというのでは困る。

儲けた分はいくらかは国内に流通させていただかなければならない。

そのための課税であり、その税は有効に使われてもらわなければならない。

円安になってきているがまだまだ円高であることはまちがいない。

急激な変動は歪を生むが、1年くらいかけて100円を目指すのがいいと思う。

希望だが。


株価、高値更新

【ニューヨーク時事】20日のニューヨーク株式市場では、米連邦準備制度理事会(FRB)が現在の金融緩和政策を維持するとした決定を好感して、優良株で構成するダウ工業株30種平均は続伸し、一時、取引時間中の史上最高値を更新した。結局ダウは、前日終値比55.91ドル高の1万4511.73ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は25.09ポイント高の3254.19と、4営業日ぶりに上昇した。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比5920万株減の6億7161万株。
 FRBはこの日、事実上のゼロ金利と月850億ドル規模の資産購入計画を維持すると決定した。また、現在7.7%の失業率が2013年末に7.3~7.5%、14年末には6.7~7.0%と緩やかに改善するとの見通しを示した。
 これを受けて、今後の米経済に対する安心感が広がり、ダウは一時、1万4546.82ドルまで上昇。取引時間中の史上最高値を4営業日ぶりに更新した。市場では「金融緩和の下で緩やかな回復が続く」(日系証券)と受け止めた。
 一方、キプロスの金融問題をめぐっては、バーナンキFRB議長が記者会見で「現状で米経済への大きなリスクとは考えていない」と述べ、市場に大きな影響はなかった。
 個別銘柄では住宅関連株が大きく買われ、レナーが4.8%高。(了)

ヨーロッパの小国キプロスでの預金封鎖は、

衝撃的な出来事であった。

預金封鎖は、余程のことでない限りありえないが、

人口80万人の島国でそれはおこった。

国民にとっては青天の霹靂であったであろう。

だが、深読みできた人はリスクヘッジできていたのだろうと思う。

賭けみたいなものだ。

これがもしも、キプロスみたいな小国ではなく、

ギリシャ、イタリア、スペインで起こったとしたら、

(まずそんなリスクをおかすとは思えないが、)

欧州危機どころの騒ぎでは済まない話である。

せっかくのアベノミクスも台無しになる話だ。

大きなことには発展しないだろうが、注意深く見ていく必要はありそうだ。

それよりも、イスラエルや北朝鮮のほうが

きな臭い。

3月11日

東日本大震災から11日で2年。被災地の復興の速度や中身に格差が目立ってきた。原子力発電所の事故の爪痕が深い福島に対し、岩手、宮城などで生活や産業の再建がようやく軌道に乗る地域もある。震災前に戻すだけでなく日本再生の先例を東北に示せるか。不断の取り組みが欠かせない。

久之浜・大久地区追悼供養で、午後2時46分のサイレンに合わせ黙とうする参加者(10日、福島県いわき市)

 宮城県南部で太平洋に面する岩沼市。津波で被災した相野釜地区の代表、中川勝義さん(74)はほっとした表情を浮かべる。4月下旬に被災者向け住宅の展示が始まるからだ。「先が見えて元気が湧いてきた。早く終(つい)のすみかに移りたい」と期待する。

 岩手、宮城両県の復興住宅の整備戸数は今年度末までに、それぞれ118戸、58戸にとどまる。来年度は1179戸、2399戸に急増。地域の合意形成をもとに工事が加速してきた。2015年度までに全体計画の9割、7割の整備をそれぞれ終える見通しだ。 日本経済新聞 一面より

もう2年も経つのか。

そういう思いだ。

2年前、延岡での用事を済まし、

日向市の会社に戻っているところだった。

すると門川町役場に向かっているN氏と車がいっしょになる。

そういうことも覚えているのは、

この日が大きな印象を残してくれているからなのだろう。

はじめは、携帯電話がつながらないということからだった。

そんな大震災が東北で起こっているなど夢にも思わない。

どうしたんだ?

会社にいる限り、テレビをつけているわけでもなくその情報は

タイムラグを経て伝わってきた。

そういう記憶だ。

ブログを見ると、1年前も同じ事を思っていたようだ。

あれから1年が過ぎ、変化はあったのだろうか。

随分と片付いてきてはいるだろう。

震災直後からは比較にならないくらいに。

だからといって、復興と呼ぶには程遠い。

昨年末に新政権が誕生した。

現在復興大臣は、根本匠氏である。

親近感を覚えるのは、同じ名前だからなのだろう。

現在、塩釜市の方とお仕事の話がある。

まだ初期段階なので、うまくいくのかもわからない。

しかし、その方は希望を持っている。

役に立てるかどうかは分からないが、出来る限りのことはしたいと思う。

3月

4日の東京株式市場で日経平均株価は続伸で始まった。1万1695円45銭で寄り付き、昨年来高値を上回った。その後、上げ幅は100円を超え、取引時間中としては2008年9月29日以来、約4年5カ月ぶりに1万1700円台を回復した。前週末の米ダウ工業株30種平均が経済指標の改善を追い風に約5年5カ月ぶりの高値を付け、外国為替市場でも円相場が下落。外部環境の改善で投資家は運用リスクをとりやすくなり、主力株中心に買い先行で始まった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

今朝は、日経平均株価も高値をつけているようである。

アベノミクスと言われ、数年ぶりの活気を取り戻そうとしている。

この景気の影響が我々に実感できるようになるのは、

何ヶ月後なのであろうか。

先週末に2003年の同窓会があった。

お集まりいただいた各人は、さすがにお元気で、

パワーあふれる人たちであった。

元気をいただけたのでよかった。

さて、懐かしい話だけでは終わらない。

アベノミクスは話題に上がっていた。

間違いないのは、夏の参院選までは景気浮上策がしかれるということ。

消費税増税実施への盤石な体制づくりをするためである。

我々は外税方式で消費税を明確にしているのでまだましであるが、

小売は、内税方式なので、消費税分がそのまま値上げに見えてしまう。

税を意識させないようにしているとしか思えない。

国民が、税に意識を持たなくてどうするのか。

ここに意識を持っていくことが最初の政治への関心を持つことではないだろうか。

そして、その使われ方を意識するという風にシフトしていくと思うのだ。

いづれにしても、3月経済に何かイベントが発生しそうな予感がしている。

ちなみに、私は株もFXもしないが。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ