最近のトラックバック

« 自前で開発するのが、本来の姿 | トップページ | <首相賃上げ要請>アベノミクス、成果急ぐ »

普通の国になる時期ではないか

小野寺五典防衛相は5日、東シナ海の公海上で1月30日、中国海軍の艦船が射撃する際に使う火器管制レーダーを海上自衛隊の護衛艦に向けて照射したと発表した。1月19日にも中国海軍の艦船が海自のヘリコプターに同様のレーダーを照射した疑いがある。中国海軍の艦艇が自衛艦にレーダーを当てるのは極めて異例で、武力衝突などにつながりかねない危険な行為だとして日本政府は5日、中国政府に抗議した。 日本経済新聞より

やれやれである。

何がどうなっているのか?

防衛大臣がインタビューに応えているのをまともに信じろと言うのか。

確実に狙われているではないか。

自衛官たちは相当に緊張を強いられたと容易に想像できる。

よく映画で見る赤いレーザーポイントが照射されているのと

同じであることを考えてみればいい。

プロジェクタースクリーンを指揮棒代わりに指し示しているのとは、

わけが違う。

そこに、弾が飛んで行きますよというお知らせだ。

それが鉄砲の弾ではなく、砲弾なのだ。

砲弾を撃ち込みますといわれて、「非常に危険な行為だ」と抗議したで、

済んだのだから運がよかった。

軍事衝突があってもぜんぜん不思議ではない状況である。

これも専守防衛がなせる業なのか。

きっと、自衛関数百人の血と引換えでなければ、

憲法も変えることはできないようだ。

外交とは、軍事的背景があって初めて有効に作用することなど、

解っているはずなのに。

どんなに強い装備を持ち、錬度の高い訓練を重ねている自衛隊でも、

手足を縛られていたのでは、自らを守ることも出来ない。

« 自前で開発するのが、本来の姿 | トップページ | <首相賃上げ要請>アベノミクス、成果急ぐ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普通の国になる時期ではないか:

« 自前で開発するのが、本来の姿 | トップページ | <首相賃上げ要請>アベノミクス、成果急ぐ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ