最近のトラックバック

« 期待が大きいということだ | トップページ | 謹賀新年 »

円安基調と日経平均株価

25日の東京株式市場で日経平均株価は反発した。終値は前週末比140円06銭(1.41%)高い1万0080円12銭と1万円台を2営業日ぶりに回復した。週末の安倍晋三自民党総裁の発言を受けて外国為替市場で円相場が対ドルで1年8カ月ぶりの安値水準を付ける場面があった。業績改善期待から輸出株の一角が買われたほか、金融緩和の恩恵を受けるとの見方から証券株や不動産株が上昇した。

 週末に安倍総裁は日銀が来年1月の金融政策決定会合で物価上昇率目標の導入を見送った場合は日銀法改正に踏み切る考えを示し、日銀への金融緩和圧力を背景に円売り・ドル買いが進んだ。主力株への買いで日経平均の上げ幅は150円を超える場面があった。年末に高い相場水準を維持したいとの市場参加者の思惑もあったといい、ファナックやファストリなど日経平均への寄与度の高い銘柄の上昇も相場を押し上げた。もっともクリスマス休暇で海外投資家の参加が減少したことを背景に、買い一巡後は短期的な過熱感から主力株の一角に利益確定売りが優勢となる場面も目立った。「個人投資家はトヨタなどへの利益確定売りを増やしていた」(大手ネット証券)という。

断っておくが、

私は、株もFXもしない。

金融市場に素人が手を出すのは危険だと思っているからである。

個人的に、なくなっても良いと考えている範疇の金額であれば、

問題ないとは思うが、

リバレッジしてまでもするのはいかがなものかと思う。

株も、FXも玄人と素人が同じ土俵で戦うのだから。

さて、今日の日経平均は1万円を超えてきた。

先週末に1万円を割ったところでの株価は、

140円高で本日の取引を終えている。

同じく、ドル円も84円台で円安に振れているようだ。

かなり良い感覚ではあるが、

84円はまだまだ超円高であることには変わりない。

いろんな方の分析から考えても、

当面、1ドルは90円を目指すのだろう。

85~6円での攻防も見られそうだが。

この円安と日経平均を見て解るように、

日本は輸出国であるということに変わりない。

資源がない国であれば、

海外から資源を輸入し、付加価値をつけて輸出する以外に、

外貨を稼ぐ手段はない。

« 期待が大きいということだ | トップページ | 謹賀新年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 円安基調と日経平均株価:

« 期待が大きいということだ | トップページ | 謹賀新年 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ