最近のトラックバック

« ネットワークの世界 | トップページ | 増税ありき »

やっぱりオンライン部分は課金

「ドラクエ」新作、オンライン機能で収益安定を狙う スクウェア・エニックス、別料金を中長期で確保

 スクウェア・エニックスは2日、人気家庭用ゲームソフト「ドラゴンクエスト」の最新作を発売した。他のプレーヤーとインターネット経由で一緒に遊べるシリーズ初のオンライン機能を採用。売り切り型のパッケージソフトの販売が落ち込むなか、中長期で利用料を得られるオンラインゲームで収益を拡大する。

2日、朝早くから多くのファンが集まった(東京・渋谷のSHIBUYA TSUTAYA)
 ドラクエはシリーズ累計で5900万本以上を販売した人気ゲーム。今回の最新作「ドラゴンクエスト10 目覚めし五つの種族 オンライン」は任天堂の据え置き機「Wii」向けのソフト。

 パッケージ代金6980円(通常版)に加え、30~90日間で1000~2900円のオンライン利用料金が必要になる。他のプレーヤーとチームを組んでゲームを進めることができるほか、情報やアイテムの交換もできる。

 同社は10週に一度、大規模なバージョンアップを実施。「10年ぐらいは配信サービスを続ける」(斉藤陽介プロデューサー)としており、長く遊んでもらう工夫を取り入れた。

 ただ、月額の利用料がかさむとプレーヤーの負担になる可能性がある。このため同社は平日夕方など、主に子供が利用する時間帯は、1日2時間を限度にゲームを無料開放する。利用料を支払わなくても一定の範囲内で遊べる設計にし、幅広い顧客の獲得を目指す。 日本経済新聞より

ビジネスモデルの転換。

そういうことだろうが、ドラクエを利用するのは子供が対象なのだから、

そのあたりを考慮したのであろうか。

まず考えられるのが親の反対。

一時的な出費が継続的な出費になるのだから、

家計に与える影響も大きい。

子供は学校でもその話題になり、課金率でゲームの能力に変化が

あるだろうから、その影響も考慮したのであろうか。

携帯ゲームでも、社会問題になったのだから、

その辺は特に注意しなければならないだろう。

社会からの痛恨の一撃がないことを祈る。


Photo


« ネットワークの世界 | トップページ | 増税ありき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりオンライン部分は課金:

« ネットワークの世界 | トップページ | 増税ありき »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ