最近のトラックバック

« マインドコントロールされている | トップページ | 知らなかったのか、知ろうとしなかったのか »

ステラモーター量産開始

米電気自動車(EV)メーカーのテスラ・モーターズは22日、同社初の量産車「モデルS」の出荷を始めた。新型車はトヨタ自動車と米ゼネラル・モーターズ(GM)の合弁工場だった旧NUMMI(カリフォルニア州)で生産し、同工場が2010年4月の生産終了から約2年ぶりに量産工場として息を吹き返すことになった。モデルSはセダン型の乗用車で、米国での価格は4万9900ドル(約400万円、米連邦政府税控除適用後)から。既に1万台以上の予約が入っているという。年内に5000台、13年以降は年間2万台に増やす計画だ。日本での価格は未定だが既に予約受け付けを始めており、13年から納車を始める。同日、工場内で開いた記念式典には同州のジェリー・ブラウン知事が出席し、「量産開始はカリフォルニアが前進している証拠のひとつ」などと述べた。テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は「20年以内に世界の新車の過半がEVになり、当社はこの移行に大きな役割を果たす」と話した。日経新聞より

ステラモーターがつくるEVは、

日産リーフと同じ電気自動車である。

だが、ステラモーターが日産自動車と違うところは、

自動車メーカーでありながら、

その特徴は、電気の制御技術にあるということであろう。

自動車と言えば、普通はエンジンにその開発の中心をおく。

だが、電気自動車は電池に蓄えられた電気をいかに効率よく使うのか

いかにうまく制御するかというところが大きい。

ステラの生産上の特徴も紹介したい。

それはモーターは、台湾製。

シャーシーはロータスとの共同制作。

電池は、パナソニック。

そこにトヨタ自動車が出資している。

おそらく自動車の家電化といわれていることが

現実化してきているのだろう。

自動車の作り方が「すり合わせの技術」から「組立産業」へと

変化していくことを最初に見せてくれるはずだ。

« マインドコントロールされている | トップページ | 知らなかったのか、知ろうとしなかったのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステラモーター量産開始:

« マインドコントロールされている | トップページ | 知らなかったのか、知ろうとしなかったのか »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ