最近のトラックバック

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

EMS(電子機器の受託製造サービス)のもらたすもの

昨日の話題の続きであるが、

シャープと資本提携した鴻海(ホンハイ)精密工業は、

生産の部分を丸ごと受託するビジネスモデルを持つ。

工場まるごと提供しますと言うものだ。

アップル製品を製造しているのでも有名である。

さて、このモデルそのものについてはいうことはない。

問題視しなければならないのは、

アップルに代表されるように、製造を海外(人件費の安い)へ

すべて流出させていることにある。

現在日本もそうであるが、アメリカはさらに以前から製造業の海外移転が

進んでいた。

では何が問題なのか。

一言で言うと雇用だ。

アップルの社員数は全世界で何人いるかわからないが、

いても、10000人くらいであろう。

では、アップル製品を受託生産している鴻海精密工業の従業員数は、

100万人を超えている。

百倍の差だ。

この差はあまりにも大きい。

結論からいうと、

製造業が国内からなくなってくると、

国力が落ちる。

ここで言う国力とは、国民の所得と捕らえていただきたい。

製造業をしている私が言うのも何なのだが、

商品の付加価値はスマイルカーブと言って、

開発→設計→製造→販売→アフターサービスと言う一連の中で、


Ojo0403

製造が一番低い。

それはより安価に消費者に商品を届けるためであるが、

最も人材のスキルが要求されない分野でもあるからだ。

もちろん、製造分野においても、高いスキルの人材が求められるのだが、

工場で働く人の大半は、決められたことを決められたとおりにする人たちである。

残念ながら、高度なスキルは求められない。

それよりも、まじめに、早く、正確に、などということが、

求められるのだ。

当然、訓練もされるのであるが、その習熟に時間は掛からない。

だから、海外へ流出してしまうのであるが、

国と言う視点でそれを見ると、

「はいそうですか」というわけにはいかなくなってくるのだ。

理由は上記の説明からも明白で、

アップル社員は高額所得であるが、

10000人。

鴻海精密工業の社員は、低所得かもしれないが、

1000000人。

国としてはどちらが国力が高まるだろうか。

おそらく、アメリカでアップルが1000000人の雇用を生めば、

オバマ大統領は選挙活動をしなくても当選する。

アメリカで生産したときには、マックがいまの値段では買えないと思うが・・・。

つぎに製造業が国内からなくなってくるとサービス業に移行するのだが、

残念ながらこちらは所得の2極化を拡大する。

サービス業は、金融、証券、保険など高度な人材が求められる分野と

一般のスーパーなどのサービス分野に分かれる。

これだけで所得が2極化されることがわかる。

その結果、アメリカではウォールストリート占拠運動などが

全米で起こっている。

この現象の原因が中間層と呼ばれる人たちの減少にあるのだ。

かつてアメリカはゼネラルモータースなどの自動車産業が

その部分を担っていた。

だが今となっては、それも過ぎたことである。

私はこれが悪いとは思わない。

世界が成長していくことが大前提にあるのであるから、

中国をはじめとする新興国が豊かになることは、

結果的に先進国も豊かになる。

しかしながらそのすべてを海外へ移転してしまうことのリスクも

大きいということを知っておかなければならない。

隣人のすべてが善人であるとは限らない。

驚きですね

シャープは27日、電子機器の受託製造で世界最大手の台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業と資本業務提携すると発表した。近く、シャープが約670億円の第三者割当増資を実施し、鴻海グループ4社が引き受ける。鴻海グループの割当増資実施後の出資比率は約10%(議決権べース)となり、日本生命を上回って筆頭株主になる。

 都内で会見した奥田隆司常務は「これまでのように研究開発から設計・生産をすべてを手掛けるのではなく、これからは協業を含めた取り組みを行うことが重要」と述べ、「両社の強みを生かしたグローバルレベルの垂直統合モデルを作り上げ、商品をタイムリーに市場に投入する」と説明した。

 鴻海はパソコンやゲーム機、テレビなどの生産を電機メーカーから受託するEMS(電子機器の受託製造サービス)の世界最大手。

さて、本日、日経新聞記事Web版です。

かなりの赤字を計上していたシャープですが、

こういうところで落ち着いたようですね。

日本のメーカーというよりは、

世界で活躍する企業には、当たり前のことかもしれない。

しかし、

日本人の労働者がこれからリストラの対象になることは、

明白だ。

堺工場や亀山工場の人員はその対象になるのだろうか。

もともと、派遣労働者を使うことで人件費を変動費にしていたはずだが、

労働派遣が派遣村などの騒ぎで悪者にされてからは、

おいそれと工場労働者の派遣は使いづらくなっている。(存在はしているけど)

最近は、中国はもはや安価な労働者を提供する存在ではないと

言われてはいるが、まだまだ日本人と比べるとその差は大きい。

フォックスコンとの資本提携で、

今後は、製造分野はフォックスコンが主体となり、

開発と営業、サービス分野をシャープが持つということだろうが、

いつまでそこが維持できるかが興味深いところだ。


F43f6f87


ガソリン高騰

石油情報センターが22日発表したレギュラーガソリンの店頭価格(19日現在、全国平均)は、1リットル当たり前週から3.0円上昇して155.6円となった。

 サブプライムローン問題を受けた投機資金により原油市況が高騰していた2008年10月以来、約3年半ぶりの高値水準となった。これで上昇は5週連続となる。

 地域別では、47都道府県すべてで上昇。単価が最も高かったのは鹿児島県で、前週比2.7円上昇し、161.2円へと上昇。全国で唯一160円を突破した。

 ハイオクは前週比3.0円高の166.4円。灯油(18リットル)の店頭価格は、前週から18円上昇して1748円となった。灯油価格の上昇は11週連続。産経新聞

これは大問題です。

ガソリン価格も灯油価格も生活を直撃します。

また、ガソリンスタンドで10000円で満タンにならない事態になってきた。

今後は移動も考えなくてはならない。

自動車を買うときは、ハイブリッド車かEVになるのは、

当然の流れになりそうだ。

以前と比べると現在生産されてる車は、燃費もかなりよいのですけど、

私のは、6年前の車ですからね。

平均燃費は、10km/L なのです。

マニュアル車なので、まだましなほうなのかなぁとも思ってますけど。

とにかく、脱石油燃料が将来の日本の産業優位性を保つキーワードのように、

感じているのですが。

そういえば、

蓄電池議連などというものがあるそうです。

なんと会長は、鳩山由紀夫元首相。

変人扱いされておりますが、

元来、東京大学工学部を卒業されてスタンフォード大学院の博士課程を終了。

バリバリの理系中の理系です。

そういう人は、変人といわれることが正直、うれしいのです。

科学の世界は、人と同じでは評価されませんからね。

脱線しましたが、

原発は、稼動できませんからね。

本日、大飯原発の安全宣言が出されるようですけど、

北朝鮮からのミサイルまで考慮されての安全宣言なのだろうか。

極端な話そういうことだろうと思います。

自然エネルギーも発電に関しては、ばらつきが大きいから普及してませんが、

それでも、蓄電池が大型化していけば、

その問題も解消されます。

そういうところに、日本の将来が掛かっているように思うのですが、

今の政治に期待してもいいのだろうか。

消費税

民主党執行部は21日、社会保障と税の一体改革に関する合同会議を開き、消費増税関連法案の修正案を示した。増税を停止できる「景気弾力条項」はデフレ脱却に向けた取り組みの強化を盛り込む一方、政策判断の柔軟性を失わせかねない経済成長率などの数値目標は入れなかった。増税慎重派が反発して結論は出ず、22日に再協議する。法案の閣議決定も来週以降にずれ込む。日本経済新聞より

さて、今朝の日経一面の記事だが、

かなり難航しているようだ。

与党内での調整もままならない政権。

いかがなものか。

だいたいが、消費税増税するのに、なぜ社会保障との

一体改革が必要なのだろうか。

いかにも、今回の増税分は社会保障のために使うものですよ

と宣伝しているのだが、実際はそうなのだろうか。

それと関連法案なるものが存在する。

Photo

見ていると、景気が回復したら増税しますと読める。

本当なのだろうか。

失われた20年という間に景気が回復した時期があっただろうか。

記憶するところだと、

阪神淡路大震災後の復興需要期にわずかと

小泉改革が行われていたときにわずかにあったと思う。

基本的には実感できるような景気は存在していない。

とすれば、消費税増税は今後もできないと言うことになる。

いまのままで、景気が日本経済において大きく改善することはない。

その理由は、人口の減少。

少子高齢化が一番のバロメーターであることはいうまでもない。

閣議決定も来週に持ち越しという。

いやはや困ったものだ。

来春

日本経済新聞社は18日、2013年春の採用計画調査(1次集計)をまとめた。大卒採用計画数は12年春実績見込みに比べ12.1%増と2年連続の2桁増。海外展開を積極化する非製造業を中心に意欲が高まっている。ただ、製造業の伸びは鈍化。全体でも12年春の実績が計画を下回るなど企業は優秀な人材だけを採る傾向を強めている。円高修正の動きはまだ緩やかで経営環境は厳しい。13年春も最終的な採用数がどれだけ増えるかは不透明だ。

<本社調査 採用計画のポイント>
○2年連続2桁増で金融危機前水準を回復
○非製造業拡大続くが、製造業は伸び鈍化
○高卒含む全体は製造業でマイナス目立つ
○海外勤務前提のグローバル採用が急拡大
○厳選採用姿勢は依然強く、ミスマッチも

来年のことを話すと鬼が笑う。

そういうたとえもあるが、

日本の場合、就職活動は大学3年生の秋ごろには

始まってしまう。

早いところは、4年生が就職活動をしているところに、

3年生も受け付け始めたりする。

青田刈りなどと呼ばれるのであるが、

そんな規制は経団連がしているだけであるので、

参加していない企業にとっては関係のないことだ。

いろんな議論もあるかと思うが、

現在起きている就職困難な状況とはどういうところにあるのだろうか。

私が感じているのは、

学生の就職と言うことに対する意識と企業のそれとのギャップにある

ということだ。

企業と言うのは常に戦いの中にある。

そこに「まったりと」などという言葉を持ち込んでこられたのでは

残念ながら・・・・・という結果にならざるを得ない。

それは就職活動のときだけ取り繕っても、

実際に入社してからぼろが出てしまう。

そうすると企業はますます厳選した選考をするようになる。

その結果がいまなのではないか。

そういう気がしている。

その査証として、外国人の就職枠が広がっている。

国際化と言う点もあるのだろうが、

一般的に外国人(国別の特徴はあるが)のほうがまじめで勤勉なのだ。

ゆとり教育がその現況であるならば、

今年から10年間はそういう人材が社会に出てくることになる。

そう仮定すると、

日本の将来象は、いわずもがななのであろうか。

 

NEW iPad 明日発売

話題のNEW iPad がいよいよ明日発売になる。

外観はまったく変化なし。

50gほど、重量が増したようだが、

気になるほどではなさそうだ。

一番の違いは、画質にある。

高精度のモニターを選択している。

文字が格段に読みやすくなるのだろう。

最近、老眼の話題が身近に出てきている。

そんな年齢になってきたのかと思いつつも、

近眼の私はどうなってしまうのか、やや不安だ。

攻殻機動隊のキャラクターにバトゥがいるが、

あんなふうに、目をサイボーグにしなければならないのだろうか。

どうせなら、見た目は変化しないでほしいものだ。

とへんなことを考えてみた。

Photo

中央にいるのが、草薙素子(通称:少佐) その左下にいる大男が、バトゥ と他公安9課の面々

一年

3.11 昨年のことである。

その日は、ちょうど延岡に行っていた。

その帰り道、S設備の専務と自動車で遭遇。

そのまま延岡から門川町まで、一緒にランデブー。

そんな午後のことだった。

携帯電話がつながらない。

それが東北地方で発生した巨大地震の影響とは、

この九州まで伝わるには時間が掛かっていた。

メディアが発達しているとはいえ、

通信手段が断じられるとこうも弱いものなのか。

ここ日向市にも津波警報が発令され、

避難勧告がでた。

細島港で1m弱だったと記憶している。

昨日の津波発生時間に日本国民が黙祷をささげた。

メディアでは一日中報道されていた。

まだまだ復興とは程遠い現実が目の前にはある。

それでも人々は前を向き前進している。

その姿を見ると、涙がとまらなくなる。

福島原発の話題も相当な時間を割かれていた。

東京電力、原子力安全保安院、政府の対応を見る限り、

人災の割合が大きい。

そして、いまも放射能に対する認識が

被災地の人たちと大きく乖離しているように思える。

私たちは、同じ日本人としてなにができるのだろうか。

それぞれで出来ることは限られるだろう。

だが出来ることはして行きたいと思う。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ