最近のトラックバック

« ドル信頼回復基調のようだ | トップページ | 2.29 »

NHKスペシャルを見た

昨夜、帰宅後なにげにテレビのスイッチを入れた。

ちょうどNHKスペシャルが始まったところであった。

今年最初のシリーズ第4回目だ。

人間とは何か。
人間を人間たらしめているものとは一体…。

現在、地球上に70億人いる人類。民族、宗教、イデオロギーは様々ですが、誰もが共通して持つ“人間らしさ”があります。それは20万年という進化の過程で祖先から受け継いできた、いわば“遺伝子”のようなものです。絶滅すら招きかねない環境変動、立ちはだかる強敵、集団間の対立などを乗り越えていく過程で“遺伝子”は生まれ、受け継がれていきました。そして、それは今も私たちの行動を左右しています。

震災からまもなく一年。
私たちはどのように生きるのか。私たちの底力とは何なのか。
考古学・人類学・動物学・脳科学・心理学などの最新成果をもとに、すべての人類に受け継がれている“人間らしさ”の秘密に迫ります。

という紹介である。

この4回目のタイトルは、

そしてお金が生まれた。

ちょうど、部族社会にお金がもたらされた部族が

取材されていた。

その部族は、部族内で収穫されたものは、

部族内で平等に分けていた。

だが、収穫者はその一部を今回初めて換金した。

そのお金で、塩といくつかのモノを購入した。

彼は、購入したものを家に持ち帰り、嫁に渡した。

彼女は、うれしそうにしていた。

手に入れたモノと幾ばくかのおつり(お金)を手にして、

幸せだと言っていた。

いままでは、全員で分け合っていたはずの収穫物が、

少量ではあるが一部お金に換わったのだ。

いまその部族では多くの人がお金を得たいと考えるようになっている。

変わって、

アメリカの大学である実験をしていた。

脳科学の分野からお金を得ると脳の活動が活発になると言う

実験結果が得られていた。

それをさらに検証しているのだが、

その結果が面白かった。

その辺は、見逃した方は再放送かオンデマンドでご覧いただくとして、

新しい社会の価値観が変わるような未来が垣間見えたように思える。

将来、歴史学者がいまの時代を評価するときに、

今がちょうど変革の次期に当たると位置づけるような気がしてならない。

« ドル信頼回復基調のようだ | トップページ | 2.29 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャルを見た:

« ドル信頼回復基調のようだ | トップページ | 2.29 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ