最近のトラックバック

« 夜明けには程遠い | トップページ | 2月 »

備えあれば

巨大地震の発生に伴う揺れと地盤沈下、津波をスーパーコンピューターで同時分析できるシステムの開発に、東京大学の研究チームが成功した。

 東日本大震災で起きた状況をほぼ再現できており、次世代スパコン「京(けい)」で実用化を図る。複合災害の精緻な被害予測に利用できる成果で、研究チームは東海・東南海・南海地震が同時発生する三連動地震の事前分析を計画している。

 東大総合防災情報研究センターの前田拓人特任助教らは、新システムを既存のスパコンに実装し、これまで別々に行っていた揺れや津波の広がり、地殻変動を再現する計算を同時に実施した。

 東日本大震災の状況をスパコン上で表現したところ、地震発生直後から10分後までに地震波が全国に伝わり、関東平野や仙台平野が沈降した。30分後以降からは大津波が沿岸を襲った。入力データ量は少ないが、分析結果はいずれも観測値に近く、システムの実用性が確認できた。 yomiuri online より

今朝の3時21分。

ちょっと大きなゆれとともに、思わず飛び起きてしまった。

ちょうど怖い夢を見ていたところだったので、

2倍の驚きである。

急いでテレビをつけた。

が・・・・・スイッチを入れても真っ暗。

????

MRTであった。

すぐに NHKにチャンネルと替えると、

地震速報が流れていた。

さすがだ。

延岡 震度4 日向 震度3 ・・・・

津波の心配なし。

いやいや、津波がないというので安心して就寝した。

先日、関東での直下型地震の発生確率が、

今後4年間で70%という報道があっているが、

70%の天気予報は、かなりの確率であたるのですが、

地震はどうなのだろうか。

スーパーコンピューターによる分析結果が

一刻でも早く出ることを期待したい。

なにはともあれ、準備をしておく必要があるなぁと思った朝であった。

« 夜明けには程遠い | トップページ | 2月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 備えあれば:

« 夜明けには程遠い | トップページ | 2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ