最近のトラックバック

« 粋な計らい | トップページ | EV »

平和すぎると

昨夜は、延岡青年会議所の新年会に参加させていただいた。

卒業して、1年が経過するともうすっかり浦島太郎状態だ。

今年の吉田理事長の挨拶は、しっかりしたものだった。

いつも吉田理事長が言っていた「当事者意識」と言う言葉が、

しっかりとスローガンに入っていた。

がんばっていただきたいと思う。

新年だから笑って許していただけたとは思うが、

やっぱり、来賓の名前を間違えてはいけない。

リハーサルが足りていないのだろう。

それこそ、当事者意識を司会者(総務)のみに頼っていたのではないか。

司会者はプロがメンバーにいらっしゃるのだから、

しっかりとレッスンをさせてほしいところだ。

それとは比例して、女性メンバーのおもてなしはすばらしかった。

まさか女子会でそういうことが決まっていたとは、さすがです。

女性の時代を感じさせていただきました。

ますますのご活躍を期待しております。

さて、平和すぎるとどうも緊張しなくなるようだ。

オウム平田容疑者の件、台湾人留学生殺人容疑者の件、

そして、広島刑務所脱獄の件。

日本の警察は面目丸つぶれの事態にある。

これも政治のせいなのであろうか。

それとも組織のあり方に問題があるのか。

国民の問題なのか。

いろいろと意見があるかと思うが、

結果的に、平和なのだと言うことになりそうだ。

昨日は、北朝鮮からミサイルが発射されていた。

アメリカからガイトナーが来日して、

イランへの経済制裁強化を命令?してた。

先ほど、防衛大臣に田中直紀氏が内定したとの報道あり、

前大臣ほど素人ではないことを祈るばかりだ。

いま中東は緊張している。

アメリカはイランへの制裁を強めているが、

その背景にはイスラエルがいるのは間違いない。

あの強行国家は、何かあればイランを攻撃する。

先日にはイランで核技術者がテロで殺された。

まちがいなくモサドが絡んでいると思う。

どちらかと言えば、アメリカのイラン包囲網は、

イスラエルが暴走しないようになだめている様にも見える。

いまのイランは、ABCD包囲網にて、

太平洋戦争へと突入するしかなかった

日本の状況に似ている。

こういう状況下での内閣改造をみていると

やっぱり日本は平和だと思ってしまう。

これがつかの間の平和でないことを祈る。


« 粋な計らい | トップページ | EV »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平和すぎると:

« 粋な計らい | トップページ | EV »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ