最近のトラックバック

« ロボットまでも | トップページ | いまさらながら、お金とは? »

地球外生命体の存在

【ワシントン時事】米航空宇宙局(NASA)は5日、生命が存在する可能性がある地球に似た太陽系外惑星をケプラー宇宙望遠鏡で初めて確認したと発表した。
 この惑星は地球から600光年のケプラー22b。地球の2.4倍の大きさで、表面温度はセ氏22度と生命の存在に適し、液体の水が存在する可能性があるとしている。
 生命の存在には、太陽に相当する恒星と惑星との距離が、液体の水を維持できるよう適度に離れている「ハビタブルゾーン」にあることが必要とされる。NASAによると、ケプラー22bは理想的な位置にあるという。
 またNASAは、新たに1094個の惑星候補を発見。ケプラー宇宙望遠鏡でこれまでに発見された惑星候補は2326個となった。 

地球外に生命体がいる可能性が高まったということだが、

間違いなく存在すると思っている。

現代物理学では証明できないことがほとんどなのであるから、

宇宙人がいると言ってもそれをいないと証明することは出来ない。

いると言うことを証明するのも難しいのだが、

今回の発表はそれに近い。

その生命体が知的生命体なのかどうかであるが、

人類以外に知的生命体はいないとするほうが、

おかしいし、夢もない。

そもそも、宇宙は光の速度で広がっていると言うが、

誰もそれを確認してはいない。

学者がそれを証明しているのだが、

私のようなものには証明されたと言う解答を見せられても、

さっぱり理解できないだろう。

こうした発表があるということは、

そろそろ宇宙人発見!!

ということになるから、準備しておきなさいねということなのだろうか。

Shapeimage_2


« ロボットまでも | トップページ | いまさらながら、お金とは? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球外生命体の存在:

« ロボットまでも | トップページ | いまさらながら、お金とは? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ