最近のトラックバック

« いまさらながら、お金とは? | トップページ | 国内企業は残らない »

次期NSXに期待

ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは11日、1月にデトロイトで行われる2012年北米国際自動車ショーに、スーパースポーツ『アキュラNSXコンセプト』を出展すると明らかにした。

 ホンダNSXは、1990年にホンダが発売したスーパースポーツで、モータースポーツ界でも1995年ル・マン24時間でクラス優勝を果たしたほか、1996年から全日本GT選手権、スーパーGTに長年参戦。2009年まで活躍し、無限×童夢が手がけたNSX-GTは106戦でポールポジション50回、37勝を挙げた。

 市販のNSXについては、2005年12月まで生産され、その後後継モデルとなるスポーツカーを開発するとされていたが、これまでその姿は公開されていなかった。

 1月の北米国際自動車ショーで展示されるスーパースポーツ『アキュラ・NSXコンセプト』は、ホンダによれば「優れた走行性能と環境技術などをバランス良く融合した、次世代のスーパースポーツのデザインの方向性を示すモデル」だという。

 このコンセプトモデルとNSXについて、「1990年に初代NSXが誕生して以来、世界中で愛され続けているスポーツカーのフラッグシップモデルの名前とDNAを受け継ぎ、お客様のニーズと技術の進化に合わせた次世代のスーパースポーツとして開発を行っています」とホンダはプレスリリースで説明した。

 北米ショーでホンダは、その他にも3つのタイプのパワートレインをもつ新型コンパクトセダン『アキュラILXコンセプト(北米仕様)』、『アキュラRDX(北米仕様)』プロトタイプ、『ホンダ・アコードクーペ』を展示するという。[オートスポーツweb 2011年12月12日]

92_11nsxr

久しぶりのスポーツカーがホンダからリリースされそうだ。

NSXと言えば、バブル絶頂期にホンダがリリースしたスーパーカーだ。

スーパーカーというのが正しいだろう。

スーパーカーと言えば、

フェラーリやランボルギーニを思い出すだろうが、

NSXは、まさしくスーパーカーであると言える。

現在、国内でスーパーカーと言えるのは、GTRくらいだろう。

それでも、GTRはスーパースポーツと言うジャンルかもしれない。

個人的な意見だが、セダンだからである。

やっぱりクーペボディであってほしかったが、

GTRはセダンでなければならないという宿命も背負っているので、

スーパーカーでも異論はないのだ。

エゴイストというスペシャルなバージョンもあるしね。

だが、NSXは生粋の国産スーパーカーであることは言うまでもない。

ホンダらしい尖がった仕上がりになることを期待している。

まぁ、買えないけどね。(ρ_;)


« いまさらながら、お金とは? | トップページ | 国内企業は残らない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次期NSXに期待:

« いまさらながら、お金とは? | トップページ | 国内企業は残らない »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ