最近のトラックバック

« 電池 | トップページ | ギリシャ »

3日で400万台

【シリコンバレー=岡田信行】米アップルは17日、新型の高機能携帯電話(スマートフォン)「iPhone(アイフォーン)4S」の販売台数が14日の発売から3日間で400万台を超えたと発表した。先代の「4」は昨年の発売時に3日間で170万台を販売したが、今回の「4S」は「4」を大きく上回り、「電話では過去最高」(フィル・シラー上級副社長)となった。

 iPhone4Sは日本、米国など7カ国で14日に発売。28日にはさらに22カ国で発売し、年末までにさらに70カ国・地域で販売する。

 4Sは搭載した半導体やカメラを高性能化したほか、最新の基本ソフト(OS)「iOS5」を標準搭載。楽曲や文書をアップルのデータセンターで保存し、インターネットに接続した複数の端末をまたいで利用できるクラウドサービス「iCloud(アイクラウド)」に対応した。 日本経済新聞より

Hardware_black

どこまでの支持を得られているのだろうか。

世界中での販売台数であるが、それでも実質は7カ国での数字だ。

これから、28日には22カ国が追加されるのだ。

生産は追いつかないだろう。

アップルストアでは、購入できないようだ。

販売店での先着順と言う案内になっている。

iphone4 のときはアップルストアでも購入できたが、

今回は方針が違うようだ。

そうでもしなければ、間に合わないのだろう。

販売機会の損失になるが、それも致し方ないというところ。

そのアップルが、サムソンと提訴合戦を繰り広げている。

いまのところ、アップルの全勝。

昨日は、日本でもサムソンがアップルを提訴した。

まったく、iPhone向けの部品を提供している会社とは思えない。

それも、外国では当たり前のようであるが、

日本人的感覚ではありえない。

「 和を持って尊しとす。 」

どうも、狩猟民族はそういう感覚は持ち合わせていないらしい。

それも歴史的背景からして、占領したりされたりするのが当たり前の、

大陸なのだから。

島国ではそういうことを聞かないのは、

同じ民族での争いだからなのだろう。

結局は身内の喧嘩なのだ。

そのアップルであるが、

iPhone5がすでにネット上では話題だ。

CPUも、A6となり、完全にサムソン離れを果たしているようだ。

来年の夏くらいが発売時期というから、待つことにしよう。


« 電池 | トップページ | ギリシャ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3日で400万台:

« 電池 | トップページ | ギリシャ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ