最近のトラックバック

« 天才逝く | トップページ | TPPとかFTAとか »

リーフ試乗

昨日、日産リーフの試乗をさせていただいた。

初リーフというよりも、初電気自動車体験である。

ゴルフカートは電気自動車かもしれないが、公道を走れる一般車という点で

リーフは量産される電気自動車では初ということにする。

そのリーフの気になるところであるが、

まずは、ボンネットの中が気になる。

通常であれば、エクステリアやインテリアなのだろうが・・・・。

それは私は、エンジニアだからだ。

で、ボンネットを開けると、意外であった。

なんとエンジンみたいなものが取り付けてある。

Photo

見た感じ、エンジンに見えるところがモーターらしい。

よくみると、やたらと太い電気配線があったりして、

なるほど、モーターなのだろうと妙に納得してしまった。

さて、それからおもむろに室内へ移動。

運転席に乗せていただいた。

目の前に広がるのは、普通の自動車パネルだ。


Reef

だがリーフのそれは、新しい車の方向を少し教えてくれるようだった。

まずは、スタートボタン。

エンジンスターターなのだが、

パソコンの電源を入れるのと同じ。

スイッチを押すと運転席のモニターが起動する。

なかなかその機動アクションもよい。

だが、エンジン音がないためなんだか不安。

サイドブレーキも同様である。

電機制御されているため、レバーをちょこんと指で押すだけで、

解除された・・・・・・。

さて、いざ試乗である。

恐る恐るアクセルを踏み込むと、

スムーズに発進した。

何の違和感もなく、おどろくほどに静かに。

日産桜園店から文化センターまで往復したのであるが、

乗り心地というか、運転している感じは新幹線に近い。

ま、300km/hなどは出していないし、出ない。

それでも、踏んだ瞬間からトルクフルなのでとても乗りやすい。

その辺は、モーターだからね、解ってはいるものの体験すると

新鮮な驚きがある。

パワーセーブモードもあったので試してみた。

これは、進まない。

パワーは半分以下に落ちたのではないかと錯覚するほどだ。

だが高齢者ドライバーや運転が苦手な人にはこちらのほうがよいかもしれない。

間違いなく最初からトルクフルな加速はないから安全だ。

あとは至って普通の車と同じ感覚なのだ。

さて気になる燃費であるが、

フル充電で160km~180kmということらしい。

しかし走行条件でそれも前後するそうだ。

もとめられる運転技術もその辺でかなり違ってくるだろう。

回生ブレーキをうまく活用できるかどうかがポイントになりそうだ。

試乗した結論からすると、ユーザーによっては買いだろうということだ。

なんといっても、いまだと減税と補助金がついているのでお徳。

それでなくても、燃料費が掛からないのはとても魅力だ。

福岡のタクシー会社で採用されているがLPGに比較して

75%燃料費がダウンしているそうだ。

ガソリンだとさらに効果が大きいだろう。

これは見逃すところだったが、モーターだからオイル交換がない。

とうぜん、エンジンによる振動もないのだから、

各車体のパーツは振動による劣化?は軽減される。

ほとんどないのだろうが、ボルトが振動で緩むという心配も減る。

逆に懸念されるところは、走行距離だ。

これは電池容量に比例するから、

バッテリーを増やせばよいのだが、コストとの兼ね合いで今の距離なのだろう。

今後はコストダウンが進むのと性能がアップするので、

近い将来その辺は解消されていくはずだ。

それから充電時間。

急速充電で、30分らしい。

通常で8時間。

現在のところ日産ディーラーでの対応だそうだが、

一部ではコンビニでもできるようになってきているそうだ。

ここからだと大分、宮崎への買い物などが予測できるが、

行きか帰りに日産によって、15分~20分くらい充電すれば十分帰ってこられるだろう。

休憩をかねてコーヒーでもご馳走になるとちょうどよい。

まぁ福岡日帰り弾丸ツアーは出来ないのでそういう人は不向きだ。

それとiphone との相性もよかったはずなのだが、

その確認は出来なかった。

ディーラーに対応したiphoneがないのだ。

もっと言うとそのディーラーにはそこを知っていそうな人がいなかった。

まったくもっていかがなものか。

折角の未来志向の車で、カタログでも

そこがクローズアップされているにもかかわらず、

ITに疎い。

というよりも、はじめから遠ざけているとしか思えない。

よって、iphoneでバッテリー残量を確認したり、

エアコンを自動起動させたり、

充電時間をタイマー設定させたりといった操作ができなかった。

車は、ブルートゥースに対応していたので、もっと試したいことがあったのだが、

それも出来ず終いであった。

これはリーフの問題ではなく、ディーラーの問題であることは

ここで確認しておく。

個人的には、かなり気に入った。

今後、ハイブリッドが主流になることは間違いないだろうが、

電気自動車もその選択肢に入るだろうということは確認できた。

私はリーフを買うことはないが、母や父には良いかもしれない。


« 天才逝く | トップページ | TPPとかFTAとか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

swordさん、
お久しぶりです。
私が購入できない理由は、その走行距離だけで、そこが解消できれば
購入するに至るかもしれません。
福岡日帰り弾丸ツアーは、日常のことですからね。
これが年間3回くらいだと考えてもいいかな。
その最大の理由は、燃料費。
だいたい、10km/Lのわが愛車。
月平均2000kmの走行なのでガソリン使用量は、
2000÷10=200L です。
現在ガソリンは、150円/Lですから、150×200=30000円が
燃えてしまっているわけです。
これを年間にすると3万×12ヶ月=36万円
5年間で180万円。
これが1/5で済むのですから、差額は、144万円。
これはとても魅力的です。
営業車で主として市内で使うのであれば、考えなければなりませんね。
比較するときは、Zではないですけどね。

最後の「私は・・・買うことはない」というのが社長らしいなと。社長にはやっぱりV8にソレックス、タコ足直管の燃費が3kmくらいのビックトルクマシンがお似合いですね!私は「新幹線のよう・・・」というのに惹かれてしまいそうですが。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーフ試乗:

« 天才逝く | トップページ | TPPとかFTAとか »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ