最近のトラックバック

« 兆し | トップページ | やっぱり増税 »

ガラケー終焉

今朝の日経新聞1面の記事だ。

NTTドコモは11月にも携帯電話の上位機種をスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)に全面的に切り替える。従来型携帯の上位機種は廃止する。国内携帯電話出荷の半分を占めるドコモがスマホ中心の商品構成にすることで国内市場でスマホの普及が一気に進む見通し。モバイル端末を使ったインターネットサービスも広がりそうだ。

 ドコモの2011年度の携帯電話全体の出荷計画は1980万台と国内最大。だが、スマホ出荷では米アップルの「iPhone(アイフォーン)」を扱うソフトバンクモバイルが先行してきた。ドコモは11月以降で、機種数の半分をスマホとする。来年度以降、スマホの比率を拡大する。年明けにもiPhoneを発売するKDDIも秋冬商戦でスマホの品ぞろえを拡充する。

iPhone 5 がKDDIから発売されることも驚いたが、

ドコモが i-mode を主力から降ろすこともなかなかの決断だ。

国際的に日本の携帯電話は技術的な優位にあったはずが、

いつの間にかスマートフォンに駆逐されてしまったというところだろう。

スマートフォンが一大勢力を得たのは、iPhone が要因であることは

疑いの余地はない。

私も、iPhone ユーザーの一人だ。

私の場合、携帯電話というよりは情報端末としての利用が主なのだが、

これひとつで何でもこなせると言うのは便利なのだ。

最近は、Facebook を利用することが多いのだが、

それも、iPhone が使いやすい。

今後、ドコモも iPhone 6 あたりで取り扱うことになるのだろうか。

商品開発をする場合を考えてみたい。

iPhone を作り上げたのは、スティーブ・ジョブス氏。

i-mode を作ったのは、夏野剛氏。

革新的な商品やサービスというのは、

マーケットインの考え方では生まれないのではないだろうか。

彼らみたいな、異端児が考えて、考えて、考え抜いて

生まれてくるような気がしている。

そういう意味で異端児は面白い。

しかし、世の中に受け入れられるかは特別な才能(執念)によるのだろう。

Garake

私愛用のガラケー

« 兆し | トップページ | やっぱり増税 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガラケー終焉:

« 兆し | トップページ | やっぱり増税 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ