最近のトラックバック

« 世界でのシェアが重要なのは? | トップページ | 兆し »

予兆なのだろうか

【ローマ共同】深刻な財政危機に陥っているギリシャで大量の公務員が退職を希望する事態となっている。現地からの報道では、15、16日の2日間で辞表を出したのは1万人以上。政府が財政緊縮策の一環として公務員の退職金や年金のカットなどを打ち出しているためで、もらえるうちにできるだけ多く受け取ろうという算段のようだ。

 退職金や年金の受給資格を既に得たベテラン職員が多いため、行政機能に支障が出るのでは、と懸念する声がある。

 地元メディアによると、15、16の両日で全国の地方公務員や税務署員、公立病院の職員など1万人以上が辞表を提出。 9・17 共同通信

FOMC アメリカ連邦公開市場委員会の発表では、


■米経済情勢

 前回8月のFOMC会合後に得た情報を踏まえると、米経済成長は遅いままにとどまっている。最近の経済指標から見て、労働市場全般の状態は引き続き弱く、失業率は高止まりしている。供給網停滞の改善に伴い自動車販売でいくらかの改善はあったものの、家計支出は穏やかなペースでしか増えていない。

 非住宅部門の建築投資はいまだ低迷し、住宅部門は引き続き低く落ち込んだ水準にある。ただ、企業の設備やソフトウエアへの投資は拡大が続いている。エネルギー価格や一部の商品価格がピーク時より下がったため、物価上昇は今年前半と比べて穏やかになっているように見える。長期インフレ期待は安定した状態を維持している。

 法律で定められた使命を達成するため、FOMCは雇用最大化と物価の安定の促進に努める。FOMCは今後数四半期の景気回復のペースはいくらか好転すると考えているが、失業率は前記の2つの使命のために適当と判断する水準には徐々にしか下がっていかないだろうと予想する。さらに、国際金融市場の緊張状態など景気見通しへの著しい下振れリスクが存在する。物価上昇はエネルギーやその他の商品価格の上昇がさらに落ち着くことによって、今後数四半期でFOMCが使命と整合的だと判断する水準かそれを下回る水準に落ち着くだろう。それでも、インフレの発生とインフレ期待には細心の注意を払っていく。

とあるが、

アメリカ経済にとって、著しい下振れリスクがあるとしている。

これに反応して、円が急速に買われた。

FOMCは過激なことは言えないのであるが、

共同通信によるギリシャの公務員の行動が今後どのように波及するのか。

ギリシャの公務員の行動は末期症状というか、

EUの近未来を予言するものなのであろうか。

日本人は、耐え忍ぶことを選ぶかもしれないが、

外国人はそうではないと思う。

「金持ち父さん、貧乏父さん」という本を知っている人もいると思うが、

その著者 ローバート キヨサキさんがこのようなことを言っている。

Google で翻訳してもらえればわかると思うが、

youtube の中で、

11点の提言をしている。(彼は準備しているといっている)


#1 "when the economy crashes as we predict"
予想通り、経済はクラッシュします。

#2 "the crowds come rushing in to buy gold and silver"
その時、群集は金や銀を求めて殺到してくるでしょう。

#3 "we could either go into a depression or we go to hyperinflation"
恐慌に突入するか、ハイパーインフレーションになるでしょう。

#4 "or we could also go to war"
戦争になるかも知れません。

#5 "buy a gun"
銃を買ってください。

#6 "I'm preparing"
私は準備してますよ。

#7 "I'm prepared for the worst"
最悪の事態に備えてます。

#8 "so come to my house and I'm armed and dangerous and I'll welcome you"
私の家にお越しの際は、武装してお出迎えすることでしょう。

#9 "we have food, we have water, we have guns, gold and silver, and cash"
食料、水、銃、金、そして銀、キャッシュ、備蓄しています。

#10 "the credit card system shuts down, the world shuts down"
クレジットカードシステムはシャットダウンするでしょうね。

#11 "the supermarkets have less than 3 days supply"
スーパーマーケットになど3日分の品物しかありません。

以上、アメリカの経済人の感覚である。

備えあれば憂いなし。

どうもこうも、知らされていないことが多すぎるようだが、

アンテナを張るしかない。

Kiyosaki_tousan


« 世界でのシェアが重要なのは? | トップページ | 兆し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予兆なのだろうか:

« 世界でのシェアが重要なのは? | トップページ | 兆し »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ