最近のトラックバック

« 是正はできるのか | トップページ | 新首相誕生 »

なんと気楽なことか

東京電力が、電気料金の10%以上の値上げを政府の第三者委員会「経営・財務調査委員会」に打診したのは、停止した原子力発電を補うためにフル稼働した火力発電の燃料費負担が重く、その他の経費削減だけでは吸収しきれないと判断したためだ。

 他の電力会社も、同様に原発停止に伴う燃料費の増加に苦しんでおり、東電にならって一斉に値上げに動く可能性がある。

 東電を除く電力9社の2011年4~6月期決算は、原子力発電所の稼働停止が相次いだ影響などで、税引き後利益は4社が赤字、2社も減益となった。

 原発停止の影響は、電力需要が伸びる7~9月期には一段と深刻化する見込みだ。中国電力は9月中間期の連結税引き後利益で3年ぶりの赤字を見込む。九州電力も中間期の経常利益を、400億円前後の赤字と予想している。各社とも、経営悪化に少しでも歯止めをかけるため、電気料金の引き上げを検討せざるを得ない状況だ。

 電力会社は、今回のように火力発電の割合が高まるなど、費用構造が変わった場合などに抜本的な料金改定を行うためには、経済産業大臣に申請し、認可を受ける必要がある。

 東電の場合、経営・財務調査委が同社の高コスト構造の見直しなど総合的なリストラ策を提言することになっているため、東電としては同委から値上げに理解が得られれば、政府への値上げ申請の環境が整うと見て、同委に値上げを打診したとみられる。ヤフーより

原発停止の影響で赤字になった。

だから、その補填分を値上げで解決したい。

企業努力はそこそこに。

そう聞こえてくるのは、私だけだろうか。

それでなくても、日本の電気料金は海外と比較して異常に高い。

この体質ごと変革せざる得ない環境を作ることが政府の仕事ということだ。

発送電分離、発電企業の参入をしやすくするなどの施策ができるのか。

今日の民主党代表選挙の結果次第で、近々での対応が読めるだろう。

それでも霞ヶ関の壁は厚いだろうが・・・・・・。

« 是正はできるのか | トップページ | 新首相誕生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんと気楽なことか:

« 是正はできるのか | トップページ | 新首相誕生 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ