最近のトラックバック

« 1次補正予算案閣議決定される | トップページ | 先輩の来訪 »

技術革新

東京大学の荒川泰彦教授らとシャープは、現在20%程度にとどまっている太陽電池の変換効率を、75%以上にできる構造をコンピューターによる解析で突き止めた。化合物半導体でできた数ナノ(ナノは10億分の1)メートルサイズの「量子ドット」を敷き詰めた面を何層も重ねる。25日付の米物理学会の論文誌「アプライド・フィジクス・レターズ」に発表する。

 考案した太陽電池は量子ドットを敷き詰めた面を積層して厚さを数~10マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルにし、両面に電極を取り付ける。量子ドットの配置を最適化することで従来の太陽電池では素通りする赤外光も電気に変えることができ、変換効率を大幅に引き上げることが可能になるという。日本経済新聞より

変換効率が75%を超えると言うことは、

電気を作るのは、石油を燃やしてタービンを回す火力発電が一般的であるが、

その効率は、40%くらいだから、

かなりの効率だ。

しかも、永久的に降り注いでくれるわけで、

電気は、ただの時代が近い将来やってくるかもしれない。

おそらくいろんな障壁が立ちはだかるだろうが、

技術的な障害はともかく、

制度的な障害は無いようにしていただかなければならない。

これを全家庭が設置していったとすれば、

電力会社は困り果てるだろうが、

それもまた時代の変化に伴うものであるのだから、

抵抗してもらっても困るのだ。

今の東京電力に対する政府の対応を見ていると、

明らかに、いまのまま存続させると言う意図が見え見えである。

大切な天下り先がなくなってしまっては元も子もないと言うのが、

本音なのだろうか。

« 1次補正予算案閣議決定される | トップページ | 先輩の来訪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 技術革新:

« 1次補正予算案閣議決定される | トップページ | 先輩の来訪 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ