最近のトラックバック

« LEVEL7 | トップページ | 予測できる未来 »

不測の事態が予測された

東日本大震災の震源域の東側で、マグニチュード(M)8級の巨大地震が発生する可能性が高いとして、複数の研究機関が分析を進めている。

 日本海溝の東側で海のプレート(岩板)が引っ張られる力が強くなっているためで、早ければ1か月以内に津波を伴う地震が再来する危険がある。

 M9・0の東日本大震災は、押し合っていた海のプレートと陸のプレートの境界面が破壊されて起きた。そのため周辺の地殻にかかる力が変化し、東日本全体で地震が誘発されている。

 京都大防災研究所の遠田晋次准教授(地震地質学)は全地球測位システム(GPS)の測定データから、海のプレート内部で引っ張られる力が強くなっていることを突き止めた。明治三陸地震(1896年)の37年後、昭和三陸地震を起こしたメカニズムと共通しているという。「今、昭和三陸規模の地震が起きると、仙台市で10メートルの津波が押し寄せる計算になる」と言う。読売オンラインより

今朝は、この記事には驚いた。

3月11日以降にも、震度6の余震を何度も観測しているが、

やはり連鎖は避けられないのであろうか。

この記事の信憑性は、疑うところではない。

1ヶ月以内という確立はどうであろうとも、

1年以内というとかなりその確立はあがるに違いない。

復興に向けて取り組んでいるその矢先のところだけに、

心配である。

タイトルに不測の事態としたが、予測されているのであれば、

後はどう対応するのかを考えなければならないのであろう。

前を向いて進むしかない。

« LEVEL7 | トップページ | 予測できる未来 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不測の事態が予測された:

« LEVEL7 | トップページ | 予測できる未来 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ