最近のトラックバック

« 明日から連休 | トップページ | マスメディアについて »

ゴールデンウィーク

自粛ムードが蔓延している中、この連休はどういう結果となるだろうか。

1週間前の記事を参照してみたい。

大型連休まであとわずか。ゴールデンウイークの過ごし方について日経電子版の登録会員を対象にアンケート調査を実施したところ、「派手な行動は控え、自粛する」と答えた人は11.4%にとどまり、「なるべく普段通りの生活をする」が80.7%となりました。

 目立つのが、消費によって日本経済を支えたいとの意識です。「前倒しして耐久財や白物家電製品を購入したり外食したりと、消費を意識して生活する」(60代男性)、「普段以上に消費活動をしたい。被災地以外が元気で明るく居続けることが、日本全体の下支えになる」(30代男性)などの声がありました。

JR各社やJTBの4月前半までの調査では、震災後に旅行をキャンセルする動きが広がっていました。ただ、その後、盛り返す機運も出ています。震災で予定が変わったかどうか、最新の状況を尋ねてみました。11.9%の人が「予定をキャンセルした」とする一方、「新たに外出の予定を入れた」人も14.4%おり、わずかですがキャンセルした人を上回りました。また「外出の予定に変更はない」という人も33.7%いました。年代別にみると、30代の人の間で「予定を入れた」とする割合が高く、「キャンセルした」を大きく上回りました。

Ndskdbdgxnasfk21022_210420110000005

こういうアンケート結果だったのであるが、

普段通りというところが気になる点だ。

デフレのどん底に喘いでいる日本経済、今の消費状況は、

ゴールデンウィークだからといって決して楽観できるものではない。

普段通りというのであれば、

特に大きな出費はしないと読む方が通常なのだろう。(アンケートの結果もそうだ)

政府には日本の舵取りをしっかりしていただかなければならないところであるが、

期待できそうにない。

今朝の新聞では公務員給与10%削減とあった。

これをもって、増税に踏み切ろうとしているのだろうか。

財務省はどうしても増税をしたいらしい。

自分たちも身を切るのだからとでも言いたいのか。

日本から企業をなくす覚悟を持っておやりなさいということだろう。

せっかく増税をしても、払う企業が国内になければどうにもならない。

年始にトヨタ自動車の社長が、日本では限界と言っていたことをお忘れなのか。

« 明日から連休 | トップページ | マスメディアについて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンウィーク:

« 明日から連休 | トップページ | マスメディアについて »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ