最近のトラックバック

« Z34-2011モデル | トップページ | コンビニの看板 »

4月

早いもので、もう4月。

春を迎えている。

日に日に過ごしやすくなってきている。

穏やかな日々が続くことを願う。

人間万事塞翁が馬。

中国の故事であるが、

人生何が起こるかわからない。

人間、良いこともあれば悪いこともあるというたとえで、

だから、あまり不幸にくよくよするな、

とか幸せに浮かれるなという教訓である。

平常心を保てと言うことなのであるが、まだまだそこまで達観できていない。

先日もこのブログでゲーテルの不完全性定理を紹介した。

世の中は不確実なことが必ず混在していると言う証明なのであるが、

このことは物理、情報社会において神は存在しないと言うことを証明したともいえる。(lll゚Д゚)

その定義は、神は全知全能であるということに対して、

その神でさえも、不完全性定理が当てはまるのであるから、

神は存在しないと言うことになるというものだ。

ここで重要なことは、物理、情報社会においてというくくりだ。

精神世界においては、神は存在する。

これは誰だったか忘れたが、言語において証明されている。

日本語、英語、フランス語、ドイツ語、中国語さまざまな言語があるが、

その根底にある部分において共通のものが存在すると言う。

それが何かはよく覚えていないが、

コンピューター言語がその辺で共通するのではないだろうか。

もともとコンピューターは、マシン語と呼ばれる「0」「1」の

2進数で表現されている。

それをフォートラン、リプス、コボルなどのコンピューター言語に

進化させている。

現在はプログラミングをするときにマシン語などはお目にしないが、

私が小学生のころのパソコン雑誌には、

01のマシン語プログラムが掲載されていて、

それを間違えずにパソコンに打ち込んでプログラムを動かしていたことを

覚えている。

フロッピーディスクも無い頃の話だ。

脱線してしまったが、私たちの記憶にも、

DNAとしての無意識が存在しており、その世界において神は存在している。

と言うものだ。

まだまだ科学では解明できていない部分のことなのである。

今朝の朝礼ではそういうことを話してみた。(神様の話はしていない。)

簡単に言うと何が起こるかわからないのだから、

常日頃から準備しておくことが大切であると言うことだ。

備えあれば憂いなし。

そうは言っても限界があるのだから、

翁の様に懐を深くしていきましょうという話。

そのためにするべきことは何か。

それは、整理整頓をしたり、生産計画を立てたり、

読書をしたり、教養を深めたりという普段の生活そのものである。

たまにはよいと思うが、

お馬鹿なテレビ番組ばっかり見ていると成長はしない。

Sakura


« Z34-2011モデル | トップページ | コンビニの看板 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月:

« Z34-2011モデル | トップページ | コンビニの看板 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ