最近のトラックバック

« いただきました | トップページ | ガソリン値上がり »

朝型スタイル

平日の朝から丼物や食べ放題などでしっかり食事をする消費者が増えている。朝の時間を仕事や運動、自己研さんに充てる「朝活」が浸透し、消費者の6割が生活を朝型に変えていることも背景にあるようだ。朝から頑張る消費者に飲食店側もボリューム感のある朝食限定メニューを用意するなど対応を進めている。月曜日の東京・新宿。天丼チェーン「天丼てんや」の新宿センタービル店に早朝から男性客が次々と訪れた。お目当ては1品380円という朝天丼や朝天茶など4つの朝食限定メニューだ。

 運営するテンコーポレーション(東京・台東)は昨年11月、午前7時台からの朝食営業を開始。現在実施する3店では来店客が1日80~100人になることもある。年内には都心部で20店まで拡大する計画だ。新宿センタービル店では3月末にメニューを拡充し、女性客の取り込みも狙う。

 天丼てんやの隣にある牛丼の「吉野家」の新宿センタービル店から出てきた男性会社員(28)は「一仕事終えて朝食を済ませたところ。これから取引先に出掛ける」と足早に駅へ向かった。 日経新聞より

都心だけの話であろうか。

朝型の生活スタイルは、健康にはよいだろうということは、

直感的にわかる。

人間のライフスタイルが深夜型になってきているところからの

転換期にあるのかもしれない。

私の場合、深夜11時から報道番組が編成されているのに問題がある。

それを見ないと・・という気持ちがあるのだが、

最近はネットによっていつでもリアルタイムに情報が入手できるため、

11時まで待って見る必要もなくなってきている。

高校生の時分も、朝早起きして勉強するスタイルを模倣したが、

朝はいつまでたっても眠たくて続かなかった┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

年齢を重ねてくると朝起きるのが早くなるというが、

まだそうでもない。

ただし、毎朝6時過ぎには目が覚める。

いつものことだ。

話はそれたが、朝食を取ることは大切なことだ。

私も何かしら口に入れてから出勤している。

中国に行くと朝食はほとんどが外食だと聞いたことがある。

確かに朝から大勢の人々が食堂に集まっている。

家族ぐるみが目に付く。

しかも格安なので、毎日でもよいのだろう。

特にお粥がよい。

たくさん種類があって、しかもおいしい。

豆乳も意外にいけるので、呑むことが多い。

揚げパンなんかもお粥に入れて食べたりしている。

なんだかお腹がすいてきた。

124671_2

この朝粥が人気の秘密かも。

« いただきました | トップページ | ガソリン値上がり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝型スタイル:

« いただきました | トップページ | ガソリン値上がり »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ