最近のトラックバック

« マクドナルド説明会廃止 | トップページ | 意味不明 »

疑心暗鬼

危機的な状況が続く福島第一原発。その復旧作業は放射能、時間との闘いで、作業員の確保が急務となっている。東京電力の要請を受けた協力会社は、各地にいる作業員たちを呼び寄せようと躍起になっている。中には法外な高給を提示された作業員もいる。
 「日当四十万円出すから来ないか」。福島県いわき市からさいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)に避難している作業員藤田竜太さん(27)の携帯電話に、旧知の原発のメンテナンス業者から誘いが入った。
 現場は福島第一原発。高給である以上、それだけ高い危険が待ち構えていることはすぐに分かった。電線の敷設作業をしている友人からは「おれ、もう被ばくしているかも」と聞かされた。
 長男はまだ三つと幼く、妻(26)には新しい命が宿った。ためらいなく断った。藤田さんは、「五十代以上の人は高給につられて原発に戻っているらしい。でも、おれはまだ若いし、放射能は怖い。もう原発の仕事はしたくない」と語った。
 一方、協力会社の男性社員(41)は、勤務先から「人が足りないから戻ってくれないか」と第一原発での作業を要請され、四月以降に福島に戻る。
 男性は計測器を使ってそこが作業できる場所かどうかを調べるのが主な仕事。原発の現状からすると、まさにそこが最前線ともいえる。「特別な報酬があるわけではないが、危険な作業が待っているだろう。断ったら、恐らく会社にはいられない」と半ば強制だと受け止めている。
 同県田村市の男性(58)によると、第一原発で働く知人の父に、「五十歳以上の人で原子炉近くに入ってもらえる人を探している。手当は普通より多く払うからお願いできないか」という電話がかかってきたという。
 東京電力は現場の労務環境について、「放射線量が高いので、一人当たりの作業時間に限りがあるため、人員の交代が頻繁に行われている」と説明。また、「協力会社にお願いしながら人員を確保している。作業費は協定に基づいて協力会社に支給しているが、個々の金額についてはコメントできない」としている。 (社会部・堀祐太郎)
(東京新聞)

今朝の東京新聞の記事は現場の過酷さ、深刻さを物語っている。

日当40万円。

昨日発表された値は、1000ミリシーベルト/h

15分間作業したら、年間許容量を超えてしまう。

発電所の敷地内の放射線量も相当なものなのだから、

すでに全員が被爆していると考えてよいだろう。

無念でならない。

昨日の報道では、プルトニウムが確認されたとあった。

これがまた微量だから問題ないという。

だったらなぜ、そこに東電の幹部がいないのか。

作業に当たるのが協力会社の社員なのか。

原子力安全保安員の方々は、現地に行ったのか。

そういう報道は聞こえてこない。

もはや自然災害から人災へと取り返しのつかないところまできているのではないか。

政府は一刻も早く、福島県民に県外退去を命じなければならない。

仮に被爆して健康に問題なくてもその影響は子孫にまで及ぶ。

知り合いの電気屋さんがいる。

その電気屋さんは甲状腺を患っている。

お父さんが広島で被爆されたそうだ。

終戦直後、昭和22年に生まれている。

甲状腺の症状がわかったのは、年をとってからだ。

医者に、生まれつき問題を抱えていたのだと告げられたそうだ。

年齢とともに体力が落ちてきて発症したということだ。

しかし被爆との因果関係は証明できない。

こういうことが怖いのだ。

枝野官房長官は繰り返す。

直ちに問題は無い。直ちに・・・。

将来はわからないし、私は知らない。 そう聞こえる。

Sha1103121944045p1


« マクドナルド説明会廃止 | トップページ | 意味不明 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 疑心暗鬼:

« マクドナルド説明会廃止 | トップページ | 意味不明 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ