最近のトラックバック

« 原価 | トップページ | 牛丼のジレンマと言う記事 »

こういうところに希望が持てる

TAIRAMASAAKI 平将明
昼から自民党参議院政策審査会(山本一太会長)の勉強会。
宇都参議院議員ご紹介の金岡教授より最先端ロボットについて講義いただく。1/1ガンダムを歩かせることは可能か?

ガンダムは象徴であって、目標ではない。人間が搭乗して操縦する人型の大型作業機械。コア技術はすでに存在する。問題は産業化の可能性。本当の目的はGMの量産。人々を納得させるためのプロトタイプとして
のガンダム。

不整地歩行はあと10億弱の予算で可能に。自律型ではなく、搭乗型で可能。二足歩行は
転ぶ。受け身を事前にプログラム。さらに身体と機械のインターフェイスでカバーできる。

6本脚(タチコマ型)は安定度が増すが、人の体(+感覚)とのインターフェイス上問題あり。

おっしゃる通り。体長3~5m位が現実的。まずはサイズはパトレイバーですね。
@manotaka 知名度ではガンダムに劣りますが、イメージ的にはパトレイバーですね。
あんなにデカい必要はないかもしれませんが。 RT @TAIRAMASAAKI: 不整地歩行は
あと10億弱の予算で可能に。

搭乗式人型二足歩行ロボットの実現に向けた取り組みが、自民党のマニフェストに入るかも。
石破政調会長には提案済み。党の経済産業部会にかかる。私が部会長なら通ったが、
昨年の9月に西村康稔さんにバトンタッチ。

0e560c72

上記記事が自民党、平議員のツイッター。

賛否両論あると思うが、

こういうところに予算をかけていくことが、

将来の日本にとって大切なことではないか。

社会保障は大切なことではあるが、

少子高齢化社会の現在においては、

それを実現させる財源は外貨を稼ぐしかない。

電気、自動車産業はすでに海外での生産に移行した。

日本でしかできないものづくりをしなければならない。

そういう視点での政策が大切なのではないかと思うのである。


1414a

機動警察パトレイバー整備中


C0169572_2312399

攻殻機動隊 タチコマと草薙素子(くさなぎ もとこ)

Jabro

記事中のGM ジャブローにてシャア専用ズゴックに貫かれているのが、

量産型モビルスーツ ジム(GM) 

« 原価 | トップページ | 牛丼のジレンマと言う記事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こういうところに希望が持てる:

« 原価 | トップページ | 牛丼のジレンマと言う記事 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ