最近のトラックバック

« CES2011 | トップページ | 日本での「ものづくり」を考える »

プレゼント

本日、N君から昨年の卒業式の記念品をいただきました。

わざわざ、会社まで届けてくださいました。

ありがとうございます。

さっそく、DVD見ました。

やせなくては・・・・・反省しました。

今年N君は、室長という立場で、延岡JCで活躍されております。

年始めから、いろいろと悩ましい課題が山積しているようですが、

問題というのは、

自らが主体性を持って対峙しなければなかなか解決するものではありません。

またそうできる問題と一歩引いたところから見守らなければならない問題もあります。

その辺のバランスを見ながら最後は自らの判断で決断し、

みんなを導いていっていただきたいと思います。

別の話題で、印刷業に関してもお話いただきました。

私も、印刷業界は今後需要は減少すると考えております。

当然のように技術革新がなされている現在、

当社もFAX部品の製造をさせていただいておりますが、

いまや、FAXからメールへと情報伝達ツールは変化しております。

このままであれば、あと数年待たずして消え行く運命なのかもしれません。

紙の文化はなくならないと思いますが、少なくはなる。

そのときにどうするかだと思います。

変化に対し、座して死を待つのか、

変化をチャンスと捉えて、更なる進化を遂げるのか。

当社の場合は、下請けという立場なので対応の形は違いますけど。

今年は、facebook に挑戦してみております。

昨年末にちょっと登録した程度だったので、

今年はもう少ししっかりとアプローチしたいと思います。

私、facebook にはかなり興味を持っております。

twitter とは違う、SNSならではのつながりがあると思っております。

最近はブログの更新すら間々ならないのに何を言っているのかと

お叱りも受けそうですが、

なんだかそう思えるのです。

ネットとのつながり方が変わる一年になると思っております。

ハード的にも、スマートフォンやタブレット端末が

今年各メーカーから、相次いで市場に投入される。

それは、パソコンを使わなかった人たちにも受け入れられるものに変化して

登場するわけです。

このネットの持つつながりによって、

世界は変化していくのだと思っております。

その変化の度合いは、今まで不可能と思っていたものを可能にし、

その仕組みは複雑でありながら、

ユーザーにはシンプルに見せることができる。

表面だけでは真の姿は見えてこない。

だがその奥底にあるものは・・・・。

どうなっていくのかはわかりませんが、

人は一人のみで生きるにあらずといったところか。

わざわざ届けてくれたN君とのつながり、そういうところに真実はある。

« CES2011 | トップページ | 日本での「ものづくり」を考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

toramorioさま。

そうなんですか!

今度、その夢中になるわけを教えていただきたいですね。

ここに日本の桝元が世界の桝元になるヒントが隠されているかもしれませんよ。

ちなみに、

私のfacebookには、K園先輩とY忠君がお友達で

登録されております。

それが理由で、お友達かもというつながりが、韓国の人たちが大勢。

facebook・・・うちの嫁がはまってますm(__)m

ここ半年あまり・・・飯のしたくも洗濯も私に過度の負担を強いながら・・・(T_T)

海外との交流が簡単に出来るようで・・・新たな友人がたくさん出来ているようです!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレゼント:

« CES2011 | トップページ | 日本での「ものづくり」を考える »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ