最近のトラックバック

« 麺文化 | トップページ | 年末 »

新工法のお手伝い

昨年からの話題になるのですが、取引先からの依頼で、

土木資材の生産をすることになっております。

まだ国土交通省のNETISに登録審査中ですが、

すでに試験施工した自治体に行ってまいりました。

こんな感じに仕上がっておりました。

__


GGブロックといいまして、

側溝の蓋の上にこのGGブロックを設置して、

そのレベルで埋めてしまうというものらしいです。

通常の工事であれば、

側溝を取り除いて、アスファルトを剥がし、

新しい側溝を設置して、アスファルト舗装をするという手順らしいのですが、

すみません。土木はよくわからなくて。

このGGブロックは、既存の側溝を埋設型にする(埋めころす?)ことで

施工コストが格段に安くできるという

すぐれものだそうです。

最近は、埋設型の側溝も多くなってきており、グレーチングの代用としても、

利用できると取引先はおっしゃられておりました。

グレーチングは、かなり金額が張るそうです。

GGブロックは、安いからなぁ。(うちが・・・・)

NETIS登録も、年度内にはほぼ終わり発売されるということですので、

来春には発売開始になるとよいなぁと期待しているところです。

期待しながら、すでに1年半が経ってしまいました。(゚ー゚;

« 麺文化 | トップページ | 年末 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

海人さん。
ポイントから考察すると、環境になるなぁと思っております。
環境の定義は、省エネ。

それから、ロングスパンでのコスト。
住宅は、30年間位のスパンで考えたいですよね。

ご紹介したいのは、ナノコンウッド。

以前、ご紹介させていただいたナノコンの木用です。
今度ブログで紹介しますね。
マッチングできるかも。

うーん、いいなぁ~♪
こんな画期的な工法を思いつくことができれば・・・。
これが実現したら年度末にあちこちで
行われている無駄な道路工事が減るかもしれません。
何か木造住宅でも新工法を創りたいです!
ポイントは「通気」「断熱」「高耐久」「コスト」ですね。
アイデアが浮かぶよう常に意識はしているのですが・・・
樹脂のボルトとナットで組み立てる木の家具とか・・・
発想が乏しいですね(--〆)☆

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新工法のお手伝い:

« 麺文化 | トップページ | 年末 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ