最近のトラックバック

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

増税か我慢か

政府は23日、2011年度一般会計予算案の総額を92兆4000億円程度とすることを決めた。10年度当初予算(92兆2992億円)を1000億円程度上回り、過去最大となる。24日午後に閣議決定する。
 野田佳彦財務相が23日夕、首相官邸で菅直人首相に編成作業を終えた予算案を最終報告。この後、財務相は記者団に「予算の枠組みについてすべて了承いただいた」と語った。当初2年連続で削減する方針だった科学技術振興費は、首相の増額指示を受け、前年度の1兆3300億円からわずかに上積みすることが決まった。
 予算案では、6月に決定した財政運営戦略に沿って、国債費を除く歳出を71兆円弱に抑える。このうち、成長分野やマニフェスト(政権公約)関連施策に重点配分する「元気な日本復活特別枠」の規模は2兆1000億円。農家の戸別所得補償の畑作への拡大(1024億円)や小学校の少人数学級化(2000億円程度)などを盛り込んだ。(時事通信より)

日本は、体力あるのだなぁと改めて思った。

お金がないといいながらも、こんな予算が組めてしまう。

日経にはこう書いていた。

以下引用

政府は24日の臨時閣議で、2011年度予算案を決定する。

国債費を除く政策的な経費を70兆9000億円弱、

新規国債発行額を44兆2900億円台として、

中期的に財政を健全化するための「財政運営戦略」の目標をかろうじて守る。

ただ当初予算ベースで2年続けて国債が税収を上回るなど財政構造の改善は進んでおらず、

20年度の基礎的財政収支の黒字化という目標達成は危うい。(日本経済新聞)

危うい・・・・・・。

20年度ということは、あと9年。

9年間の間に、収支を改善させようというのである。

今のままでそんなことは可能なのだろうか。

明らかに無理なのだろう。

そんな雰囲気で記事が書かれている。

基礎的財政収支黒字化ということは、

その年の一般歳出をその年の税収で賄うということだ。

過去の債務償還費と利息は、新しい公債金収入で賄うので、

少しずつ減らせる。

こういう状態にもって行きたいというわけだ。

さて、どうしたものか。

今回の予算において、日本の国力は回復するのであろうか。

さらには、歳出を減らすことができるのであろうか。

歳出で年々大きくなっていくものに、社会保障費がある。

主に大きいのが年金や医療費だ。

高齢化社会においては、必然のことである。

さすがに今後は少子高齢化の影響が大きくなるので、

社会保障費の増大は加速度的に大きくなる。

それでは実入りを増やすにはどうすればいいのか。

現在の92兆円の予算を見ると、

歳入が41兆円で埋蔵金が7兆円

足りない分の赤字国債が44兆円。

出て行くお金が、

社会保障費(医療費など)で、29兆円

防衛費と公共事業と文化科学技術におのおの5兆円くらい。

予備費が12兆円くらいで、その他が14兆円。

地方交付税が、17兆円で国債の償還が22兆円。

がまんするしかないな。

きっと我慢せよといってくること間違いなしだ。

もしくはたくさん取っちゃうよ。

これでは、お金持ちは外国に逃亡してしまうな。

資産持っている人ほど、その動きは早いのだろう。

日本に残る人たちは、それしか選択肢がない人たち。

この部分が大多数を占めるのであるが、生産性は低い。

やっぱり、我慢だな。


熱可塑性エラストマー

エラストマー、聞きなれない言葉ですが、

簡単に言えば、ゴムです。

通常ゴムというと輪ゴムだとか消しゴムなどを

イメージしますが、輪ゴムのように延びたり、

消しゴムのように文字を消したりはできません。

そうそう、キンケシをイメージしていただければよいです。

さて当社では、熱可塑性のエラストマーを使ってこんなものを作っております。

Photo

この黄色いものがそうです。

長さは、長いほうが200ミリ、短いほうが90ミリです。

さて、何に使うのでしょうか。

この部品がセットされた状態がこちらです。


Photo_2

枠の中に、たくさん並んでおります。

こんな風に使われるのかと思ってみていると、


Photo_3

コンクリートを入れ始めました。

大きなたい焼きみたいなイメージです。

そして、固まったものが


Photo_4

こんな感じに仕上がっておりました。

コンクリートの色が違うのは、まだ乾燥しきっていないものが

黒っぽくて、乾燥しているのが白っぽくみえるものです。

どこにつかわれるのかというと、

交差点などの歩行者が車道を横断するところの

車道と歩道の境に乗り入れるときにこのブロックを設置しておくと、

滑り止めの効果を発揮するというものです。

とくに車椅子やシルバーカーなどが乗り入れをする場合に、

かなりの威力をはっきするということです。

バリアフリーって、こういうところに気を使っているのですね。

私たち健常者では気がつきませんが、

高齢化社会になればなるほど、こういうところに配慮した

まちづくりが必要になってくるのだなぁと考える機会をいただいたと思っております。

当社にお話があったときは、

市販のゴムを使っていたのであるがいろいろと不具合があり、

改善提案を含めて提案をということでしたので、

ゴム製品メーカー(日本青年会議所鉄鋼機械工業部会会員)にも

相談させていただいたりしました。

なかなか仕様が決まらずに難航しておりましたが、

最終的には、射出成形での採用となりました。

バリアフリーというテーマでの商品において、

エラストマーは面白いですね。

今後も、イメージがひろがりそうです。

年末

今年も、あと2つの忘年会を残すのみになってきた。

それも今週で終わりである。

忘年会といっても、なにを忘れるのであろうか。

今年あったさまざまな不幸ごとを忘れることなのであろうか。

おそらくは、新年を迎えるにあたっての心の整理整頓をしなさいという

先人たちの知恵なのであろう。

この一年の大きな節目を日本人はこうして迎えるのであろう。

そういえば、今週末はクリスマスだ。

仏教徒である私が異教徒のお祭りをお祝いするのはおかしいことではあるが、

これを日本全国でイベントとしているところに、

懐の深さというか、節操のなさというか、

日本人の面白さが伺える。

話題は変わって、

年末のこの時期に宮崎では知事選挙が行われている。

まだ、誰に投票をするのかも決めていない。

この辺は工業地域なのであまり選挙カーも通らないのであるが、

拡声器からの声は、遠くでも聞こえてくる。

選挙といえば、公職選挙法というのがあって、

ブログの禁止だとか、メルマガ禁止だとか情報技術のスピードに

対応できていないと感じることが多い。

ネットの世界をどう捉えるかというところであろうが、

それに追随できない政治家は淘汰されるべきであろう。

何も自分で操作せよといっているわけではない。

概要くらいは把握して、その活用はしっかりとしていただきたいと思う。

そうでなければ、やっぱり結果として世界から後れを取る。

日本のトップがそれでは、困ってしまうのである。

制度的な問題もあるのであろうが、

やろうとしているかどうかではなかろうか。

そういうことは、忘年してはならないのであろう。

新工法のお手伝い

昨年からの話題になるのですが、取引先からの依頼で、

土木資材の生産をすることになっております。

まだ国土交通省のNETISに登録審査中ですが、

すでに試験施工した自治体に行ってまいりました。

こんな感じに仕上がっておりました。

__


GGブロックといいまして、

側溝の蓋の上にこのGGブロックを設置して、

そのレベルで埋めてしまうというものらしいです。

通常の工事であれば、

側溝を取り除いて、アスファルトを剥がし、

新しい側溝を設置して、アスファルト舗装をするという手順らしいのですが、

すみません。土木はよくわからなくて。

このGGブロックは、既存の側溝を埋設型にする(埋めころす?)ことで

施工コストが格段に安くできるという

すぐれものだそうです。

最近は、埋設型の側溝も多くなってきており、グレーチングの代用としても、

利用できると取引先はおっしゃられておりました。

グレーチングは、かなり金額が張るそうです。

GGブロックは、安いからなぁ。(うちが・・・・)

NETIS登録も、年度内にはほぼ終わり発売されるということですので、

来春には発売開始になるとよいなぁと期待しているところです。

期待しながら、すでに1年半が経ってしまいました。(゚ー゚;

麺文化

麺類を主力とする外食チェーンの業績が好調だ。ファミリーレストランや居酒屋などに比べて割安で、家族連れやサラリーマンなど幅広い客層を取り込んでいる。リンガーハットやハイデイ日高の2010年3~11月期の営業利益は前年同期を大幅に上回ったもよう。トリドールや幸楽苑も11年3月期に増収増益を見込んでおり、低価格を武器とする外食チェーンの中でも強さが際立つ。

 リンガハットの10年3~11月期の連結営業利益は、前年同期比2.8倍の10億円前後になったもようだ。主力の長崎チャンポン店の売り上げが拡大。とんかつ店などを含めた既存店売上高は前年同期比2%増だった。麺の増量サービスなどで魅力度を向上。主要顧客の男性だけでなく、ショッピングセンター(SC)では家族連れなど客層の拡大も進み、売上高は7%増の255億円程度になったようだ。

 ハイデ日高の10年3~11月期の単独営業利益は35%増の23億円前後になったとみられる。ラーメンに加え、つまみメニューを拡大して飲食需要を取り込んだ。ビールとラーメン、ギョーザで1000円程度に収まる割安感が受けている。

 新店や改装店では順次、カウンター席の間隔を広げている。客同士の接触を嫌がる女性客でも入店しやすくするためだ。こうした工夫が奏功し、売上高は10%増の185億円前後だったもようだ。

 麺類チェーンは「価格の安さと手軽さが強み」(野村証券の繁村京一郎シニアアナリスト)。うどん店「丸亀製麺」を展開するトリドールの粟田貴也社長も「ファストフードとファミレスの両方の客層を取り込んでいる」と話す。中高年の外食需要も取り込み、同社は11年3月期に8期連続の営業最高益を見込む。

 このほか、ラーメンチェーンの幸楽苑は3期連続で営業最高益を更新する見通し。三光マーケティングフーズは本業の居酒屋事業が頭打ちとなるなか、うどん事業の出店を強化している。

 牛丼チェーンでは女性や家族連れなど客層が幅広いゼンショーの「すき家」が好調な一方で、男性客中心の「吉野家」が苦戦気味。デフレで単価下落を食い止めるのが難しいなか、いかに客層を広げるかが勝敗を分ける決め手となっている。手軽で客層が広い麺類チェーンは相対的に優位な立場にあるようだ。(日経新聞より)

日本人には麺好きの人が多いのでしょうね。

確かに、あの食感といい、麺をすする音といい、

食欲をそそるものがあります。

地元延岡にも、そのうまさを全国に発信する「桝元」があります。

数年後には、日経新聞で取材対象企業になっていることでしょう。

ちなみに、先日もお世話になりました。

ごちそうさまでした。

ソフトバンクの攻勢

欧州や中国の大手通信機器メーカー5社がソフトバンク系の次世代PHS会社に出資することが13日、明らかになった。次世代高速通信で先行する日本市場に安価な携帯電話インフラ機器を売り込み、実績づくりを急ぐ。国内の通信インフラは日本メーカーが高いシェアを握っている。海外メーカーの本格参入で競争原理が働けば、低い料金で高速大容量のデータ通信サービスが利用可能になりそうだ。(14日付け日本経済新聞)

ウィルコムを傘下にしてPHSをソフトバンクがてこ入れ始めた感じだ。

この動きは、さすが孫正義社長といったところだ。

現在、グーグルにしても、携帯電話各社にしても、

勢いがよいのは、IT企業だ。

インフォメーションテクノロジーがキーワードである。

それに対応している企業が元気がよいということであるが、

それはなぜなのか。

その答えは、イノベーション。

私たちの生活になかったものが、生み出されているからだ。

今後ますます、生活の中に「IT」が入り込んでくる。

それも、ユーザーにとって簡単明瞭に。

そしてそれがもたらすものは、

とてつもない生産性だ。

それを活用できるかどうかが成否を分けると思う。

昨夜、ぎょうざの丸岡が話題に上がった。

年商40億円だそうだ。

その9割がネット通販での売上だという。

時代は刻々と変化してきている。


K1572306424


政府税調方針

相続税最高税率55%に引き上げ、政府税調方針
読売新聞 12月12日(日)2時32分配信
 政府税制調査会は11日、2011年度税制改正で、相続税の最高税率を現行の50%から55%に引き上げる方針を固めた。

 相続する財産額から差し引いて税金を安くする基礎控除は、定額部分を5000万円から3000万円に、相続人数に応じた加算額も1人あたり1000万円から600万円にそれぞれ縮減する。税率の区分は現在の6段階から8段階に増やす。15日にも閣議決定する税制改正大綱に盛り込む方針だ。

 政府内には、相続税の増税分を11年度に3歳未満の子ども手当を上積みする財源の一部にあてる案もある。

 相続税の最高税率を引き上げ、基礎控除を縮減するのは、資産を多く持つ富裕層に負担増を求め、税収増を図るためだ。約4%と極端に富裕層に偏っている課税対象件数を約6%に増やし、是正する狙いもある。
最終更新:12月12日(日)2時32分 yomiurionline

今朝は、この話題が目に付いた。

世界的にも高すぎるといわれている相続税をさらに増税しようというのだ。

これでは、金持ちはますます外国に資産を移してしまう。

国内に残るしかない私たちには、厳しい現実が待つことになる。

財政が逼迫していることはわかるが、

子供手当てをやめればすむことではないのだろうか。

私には、関係する控除額ではないが、

たとえば、アパート経営をしている人たちにとっては、

切実な問題ではなかろうか。

退職後、アパート経営をしようとアパートを建てる人も

少なくなるのではないか。

経済にとってはそれこそが大きな損失になるのではないか。

もしくは、この辺(宮崎県北)の土地価格であれば、

100坪の住宅であろうと、評価額は1000万円くらいだが、

都市部であれば、それはすぐに数千万円になる。

つまり、ただ都市部に住んでいるだけの人たちにとっては、

子供に住宅も残せないという現実が

突きつけられることになるのではないか。

ということになれば、将来を考えても住宅を持つという選択は

なくなるかもしれない。

すくなくとも、衣食住に関しては国は保護するべきなのではないか。

この国の税制がこの国を滅ぼしかねない。

そういうことが小沢問題の影で閣議決定されようとしている。


EPA(経済連携協定)

「日当は300ルピー(約550円)。前の現場より50ルピー高い。月に6000~7000ルピーたまるよ」。南部バンガロールで進む高速鉄道駅の建設現場。ウダイ・シャルマさんは1500キロメートル離れた村の家族に仕送りする出稼ぎ労働者だ。2004年以降、8州を渡り歩き、建設ラッシュで出稼ぎ先には困らないという。
 インドのインフラ整備予算(中央政府分)は現行5カ年計画(07年4月~12年3月)で約4000億ドル(約34兆円)。前の計画の2.4倍にのぼる。それでも経済成長に伴い、インフラ不足は年々深刻度を増している。
 「1兆ドルの半分は民間資金に期待する」。経済政策の立案を担う政府の計画委員会のアルワリア副委員長は9月、次期5カ年計画で投資額を2倍以上に増やし、民間依存度を3割から5割に高める考えを示した。関連企業の受注機会は一段と広がる。
 例えば、首都ニューデリーとムンバイの間でインフラ整備と産業集積を進める「デリー・ムンバイ間産業大動脈構想」。推進を担う公社のカント総裁は10月、個別案件の入札に「日本企業が応札しやすいよう、低利の長期資金を融資する仕組みを整備してほしい」と日本政府に呼びかけた。
 インド政府はこのほど、国内外の機関投資家らが資金を拠出する基金の設立も検討し始めた。総額5000億ルピー程度で、インフラ事業の銀行保有債権を買い取る。関係者は「日本の保険会社や年金資金にも期待している」と話す。
 10月の日印首脳会談で、両国は経済連携協定(EPA)の締結に加え、原子力協定の早期完了を目指すことでも一致した。インドは20年までに原発20基以上を建設する予定。インドは過去に核実験をした経緯があり協定締結へのハードルは高いが、日本の産業界の期待は高い。(日経ヴェリタスより)

先日、同業界の方々とお食事をご一緒させていただいた。

同年代のみなさまで、楽しく、有意義な時間を過ごさせていただいた。

そのなかで興味深かったのが、

外国人労働者の話題であった。

当社も、2名の中国人が在籍しているが、

その中の1社では、モンゴル人が在籍されているという。

この田舎では珍しいのかもしれないが、

実際の外国人の国内滞在者数は、222万人を数えるという。

ほとんどは都市部なのであろうが、

この宮崎の田舎にも多くの方々が生活している。

たまたま、N社と当社に外国人が働いているということだ。

さて、この鎖国的な国家日本であっても、

外国との貿易は欠かせない。

それどころか、外国との取引抜きにして今後の成長はない。

冒頭の話題にあるように、

インドとのEPA締結は、

今後経済振興のために人的交流も自由化するということだ。

国際化の渦中に私たちは存在しているということを

忘れてはならない。


インドで発売されるホンダ BRIO


Honda_to_launch_brio_in_india


取り残される日本

韓国政府は5日、米韓自由貿易協定(FTA)の批准に向けた追加交渉の合意内容を発表した。米政府が発表済みの自動車分野の修正に加え、韓国での米国産豚肉に対する関税(現在は25%)の撤廃時期を2014年と従来合意より2年先延ばしする。両国政府は早ければ年内にも追加合意の文書に署名し、議会での批准手続きに入る。(6日付日本経済新聞より)

韓国とアメリカがFTAの合意に向け確実に進んでいる。

先にも韓国は、EUとASEAN、インドとFATに向け合意している。

これで、世界3大経済圏との貿易が原則関税なしになる。

これは、どういうことを意味しているのか。

TTPも然りで、

TTP会議にオブザーバーもできない日本の将来はどうなるのか。

このまま国際的に取り残されてしまうのだろうか。

企業は、海外へ生産拠点を移せばすむのであるが、

それで日本の将来はあるのであろうか。

そんな危機感を持たなければならない。

師走

早いもので、今年も最終月になってしまった。

今年一年間、どういう一年だったのであろうか。

反省をしながら今日を過ごしてみることにする。

今年1月に、全体へ話したことは、「当たり前のレベルを上げる。」だった。

そんなこと当たり前だろう!?と

思うことを会社全体のレベルとしてあげていこうというものである。

実際、どうだったのであろうか。

なかなかそれを客観的に評価するのは難しい。

でも、それを定量的に評価できるようにしていかなければならない。

私としてはなんといっても、評価の基準は決算である。

毎月の月次において、

しっかりと数字を残していくことが大切なのであるが、

結果は思うようには行かなかった。

昨年よりかはよくなっているもののと言う感じだ。

そのこともしっかりと反省をして、

来年の作戦を考えて行く一ヶ月にしたいと思う。

本日は、福岡県遠賀町へ出張だ。

行きかえりの車中でいろいろと考えすぎて事故らないようにしなければ。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ