最近のトラックバック

« 取り残される日本 | トップページ | 政府税調方針 »

EPA(経済連携協定)

「日当は300ルピー(約550円)。前の現場より50ルピー高い。月に6000~7000ルピーたまるよ」。南部バンガロールで進む高速鉄道駅の建設現場。ウダイ・シャルマさんは1500キロメートル離れた村の家族に仕送りする出稼ぎ労働者だ。2004年以降、8州を渡り歩き、建設ラッシュで出稼ぎ先には困らないという。
 インドのインフラ整備予算(中央政府分)は現行5カ年計画(07年4月~12年3月)で約4000億ドル(約34兆円)。前の計画の2.4倍にのぼる。それでも経済成長に伴い、インフラ不足は年々深刻度を増している。
 「1兆ドルの半分は民間資金に期待する」。経済政策の立案を担う政府の計画委員会のアルワリア副委員長は9月、次期5カ年計画で投資額を2倍以上に増やし、民間依存度を3割から5割に高める考えを示した。関連企業の受注機会は一段と広がる。
 例えば、首都ニューデリーとムンバイの間でインフラ整備と産業集積を進める「デリー・ムンバイ間産業大動脈構想」。推進を担う公社のカント総裁は10月、個別案件の入札に「日本企業が応札しやすいよう、低利の長期資金を融資する仕組みを整備してほしい」と日本政府に呼びかけた。
 インド政府はこのほど、国内外の機関投資家らが資金を拠出する基金の設立も検討し始めた。総額5000億ルピー程度で、インフラ事業の銀行保有債権を買い取る。関係者は「日本の保険会社や年金資金にも期待している」と話す。
 10月の日印首脳会談で、両国は経済連携協定(EPA)の締結に加え、原子力協定の早期完了を目指すことでも一致した。インドは20年までに原発20基以上を建設する予定。インドは過去に核実験をした経緯があり協定締結へのハードルは高いが、日本の産業界の期待は高い。(日経ヴェリタスより)

先日、同業界の方々とお食事をご一緒させていただいた。

同年代のみなさまで、楽しく、有意義な時間を過ごさせていただいた。

そのなかで興味深かったのが、

外国人労働者の話題であった。

当社も、2名の中国人が在籍しているが、

その中の1社では、モンゴル人が在籍されているという。

この田舎では珍しいのかもしれないが、

実際の外国人の国内滞在者数は、222万人を数えるという。

ほとんどは都市部なのであろうが、

この宮崎の田舎にも多くの方々が生活している。

たまたま、N社と当社に外国人が働いているということだ。

さて、この鎖国的な国家日本であっても、

外国との貿易は欠かせない。

それどころか、外国との取引抜きにして今後の成長はない。

冒頭の話題にあるように、

インドとのEPA締結は、

今後経済振興のために人的交流も自由化するということだ。

国際化の渦中に私たちは存在しているということを

忘れてはならない。


インドで発売されるホンダ BRIO


Honda_to_launch_brio_in_india


« 取り残される日本 | トップページ | 政府税調方針 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨夜は、みらい設計委員会の最後の打ち上げ、有意義な時間を過ごすことができました。
新メニューの牛肉のカルパッチョは、かなりおいしかったですね。
きっと、人気メニューになると思います。
みらい設計委員会のメンバーと関われた今年は、ラッキーでした。
各人がそれぞれのスキルを活かして、活躍できたのではないでしょうか。
今後ますますのご活躍を期待しております。

ブロック委員長ということですが、まずは、担当副会長に相談をしてくださいね。
そのつぎに、運営専務に相談です。
運営専務には、副会長が相談するので、委員長が直接コンタクトをとることはないですけど。
それと、LOMの委員長に相談するのがいいですね。
今年の吉本委員長に相談してもきっとすばらしいアドバイスをくれるはずです。
あなたには、たくさんの仲間がいらっしゃいます。
委員会メンバーと頭にたくさん汗をかいてがんばってください。
近くまでいらしたときは、遠慮しないで連絡をくだされば、お茶くらいはごちそうしますよ。

みらい設計委員会の記事のコメントで送信のテストをしましたところ、
うまく送れたので安心してコメントしています!!

匠さん、昨日は本当にありがとうございました。

今までお世話になった等々を含めますと感謝の言葉では表現できないくらいの

気持ちでいっぱいです。

匠さんとの一番の思い出はサマコンのカラオケですね^^

あんなにガンダム好きとは知らず、いつも飄々として多くは語りませんがその一言一言に

重みがあり深みがありダンディな匠さんしか見ていなかったので、そのギャップに驚かされました!!

私の懐かしのアイドルメドレーにも一緒にノッて頂き本当に感謝感激でした。

先輩には可愛がられて後輩には慕われて何事にも動じない貫禄を

持っている匠さん、出向の楽しさ、素晴らしさをいつも語って頂き私は心の成長と共に

九州各地に沢山の友情を得ることができました。


来年は日本出向なので全国各地に沢山の仲間を作っていきたいと思っています。

そして併せてブロックの委員長ですが、壁にぶち当たった時には出向エキスパートの匠さ

んに相談してもよろしいですか?

またドラックモリに行くときには連絡いたします。新しくできたベーカリーカフェも気になるし・・・・・


本当に今までありがとうございました。感謝しています。そしてご卒業、おめでとうございます。

これからも素晴らしい経済人としてのご活躍、期待しております!!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EPA(経済連携協定):

« 取り残される日本 | トップページ | 政府税調方針 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ