最近のトラックバック

« 進歩 | トップページ | 20年後 »

チリ・サンホセ鉱山落盤事故

もうそろそろ、救出作業が開始されるそうだ。

8月5日に落盤事故が発生してから、

すでに、2ヶ月を過ぎている。

映像を見る限り、元気そうな感じはしているが、

実際は、相当なストレスと疲労に困ぱいしていることは想像に難くない。

一刻も早く、無事に救出されることを祈る。

この事故からは、多くのことを学ぶことができる。

事故そのものの発生原因や対策は今後行われていくものとして、

学ばなければならないことは、

精神力の強さであろう。

どんな困難にも屈しない忍耐力と精神力を

個人ではなくチームとして持っているということが

驚嘆に値する。

リーダーを中心にチームが同じ目的を持って、

強い意志を貫き通した結果だと思う。

なんでも簡単にあきらめてしまう傾向にある今の日本人が

学ぶところは大いにあると思う。

また、政府の全力を上げた対応も評価されるのであろう。

当初は、半年くらいかかるといわれていたことを記憶している。

それが2ヶ月強になったのだ。

国家の威信をかけてのこととは思うが、

人命は何よりも重いということだ。

そうはいいつつも、

戦争は今も世界各地で存在している。

人間とは都合のよい生き物である。

こういう矛盾を抱えたまま人は社会を形成し、国を形成している。

それが人間である。

ということか。

« 進歩 | トップページ | 20年後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チリ・サンホセ鉱山落盤事故:

« 進歩 | トップページ | 20年後 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ