最近のトラックバック

« デザインを変更してみた | トップページ | 会社とは、なんなのだろう »

就職戦線非常事態

今年3月卒業の大学生のうち就職した人の比率が2年連続で減少し60.8%となったことが5日、文部科学省の学校基本調査(速報値)で分かった。前年度比7.6ポイント減と過去最大の落ち込み。高校生の就職した比率は過去最低の15.8%(前年度比2.4ポイント減)だった。いずれも進学した率は上昇しており、同省は世界同時不況の影響で就職できず、やむを得ず進学を選んだ人が多かった可能性があるとみている。
 同省によると、今春の大卒者は54万1000人。このうち、就職したのは32万9000人で全体の60.8%、大学院などへの進学は7万3000人で13.4%(同1.2ポイント増)、就職も進学もしなかった人が8万7000人で16.1%(同4.0ポイント増)などだった。
 また、高校を卒業した107万1000人のうち、大学などへの進学は58万2000人で全体の54.4%(同0.5ポイント増)と過去最高。専門学校進学は17万人で15.8%(同1.1ポイント増)、就職は16万7000人で15.8%、浪人するなど進学も就職もしなかったのは6万人で5.6%(同0.5ポイント増)だった。 (時事通信より抜粋)

今年の就職戦線はもっと厳しいと言う。

前日のニュースでは、

すでに80社以上受けて内定が得られていないと言う学生が

インタビューを受けていた。

80社とは・・・・、どこを受けているのか見てみたいものだ。

就職とはいったいどういうことなのであろうか。

少し考えて見たい。

学生からすれば、

採用募集のある企業のなかから、

これはよさそうだなぁと思う企業を選択する。

会社からすれば、

こういう学生がほしいという希望を持って面接をする。

そこでお互いがマッチングできれば、

就職成立だ。

こんなにも、就職難であると言うことは、

求人数に対して、求職者数が多いから起こっているからであろう。

それは理解できる。

だが、本当に就職できない理由はそれだけなのだろうか。

そこを考えてみる必要があろう。

企業というものは、常に人材を欲している。

どういう人材かと言うと優秀な人材である。

優秀な人材とはどんな人材なのか。

企業の求める人材像と求職者のスキルとのマッチングが

できていないから、就職できないのではなかろうか。

新卒者などは、もともと就職したことがないのであるから、

その職業に関してのスキルに大きな差はないはずだ。

でも、内定をもらえる人はたくさんもらえて、

そうでない人は、80社受けても、ひとつもいただけない。

この現実を素直に受け入れて、現状を分析する必要がある。

就職とは何か。

職に就くのだ。

会社に就くのではない。

« デザインを変更してみた | トップページ | 会社とは、なんなのだろう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

mstさん、コメントありがとうございます。
私が思う就職活動において大切なことは、想いではないかと
考えています。
その想いが相手に伝わるかどうか。それにかかっているのではないでしょうか。
そういう意味では、恋愛に近いですね。
はじめから、お互いが一目ぼれしてしまうという確立などゼロに等しいですね。
どちらかが相手に想いを寄せ、それを相手に伝わるようにいろんな努力をする。
面接のときに相手にいかにアピールするかというテクニックの部分も大切ですが、
その根底にある想いがもっと大切でそれが面接のときに表現力として、
相手に伝わるかどうかだと思います。
しかしながら、短い面接において、
その伝えると言う努力をしなければ、伝わりませんから、
テクニックも大切であると思いますが、
表面的なものでは、入社したあとに剥がれてしまいます。
とりあえず、内定がもらえて就職できればいいやなどという
軽い気持ちで職というものを考えている人は、
将来、苦労しますね。

 久しぶりにコメントさせていただきます。先日、就職活動中の学生の様子がニュースで取り上げられていましたが、一つ、気がかりに思うことがありました。それは、面接のときに、「どうすれば、うまくアピールできるのか?」とか、「どうすれば、いい印象を持ってもらえるのか?」など、ややもすると形式的とも思える面接受け対策を考えている学生が多数いたことです。私は経営者ではないので、採用側の考えは想像でしかわからないのですが、極論を言えば、面接でハキハキ物が言えなくても、本人の想いが十分、採用側に伝わり、採用側もこの人が会社の理念や事業目標達成のために必要と思えれば、面接でのやりとりが少々ぎこちなくても、採用されることもあるのでは?と思いました。逆に、企業側から見れば優秀と思える学生が、面接受けすることにエネルギーを注ぎ、結果としてその学生の評価が下がってしまうことはもったいないとも思えます。あと、様々な就職試験の中で、「○○会社の試験に合格」という言い方をする人もいますが、就職試験に「合格」という言葉を使うことにも、個人的には違和感を覚えます。就職活動から採用に至るまでの過程は、受験とは異なるものと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 就職戦線非常事態:

« デザインを変更してみた | トップページ | 会社とは、なんなのだろう »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ