最近のトラックバック

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

SoftBank

Ustream は、聞いたことがあるでしょうね。

そのUstream で、昨日は決算発表会を

生中継しておりました。

その一部始終の説明、回答を孫社長自らが

行なっておりました。

さすが凄い強烈なパワーをもたれているのでしょう。

それだけワンマン体制も垣間見られるところですが。

とは言うものの、

ついに四半期ベースで、

au を抜きました。

まだ、初めてのことですから、

次もと言う確約はないにせよ、

そういう結果にしたと言うことは事実。

今後の展開でもコンテンツが充実しそうな予想がつきます。

docomoは、巨人ですがそれに立ち向かう姿は、

無謀なドンキホーテではなくなっている。

そういう印象を受けた。

おなじく、一昨日はUstream で

SoftBank Academia の第1回目記念講演が

生中継されている。

18時から始まり、20時15分まで、

途中、1分の休憩もなく、

孫社長が、しゃべり倒していた。

私も、2時間パソコンの前に釘付けになった。

おかげで、終わったときには、

思わずひとり、パソコンの前で拍手をしていた。

Ustream にアーカイブされるらしいので、

興味のある方はじっくりと時間のあるときにでも

見てください。

内容は、孫子の兵法に孫正義の兵法を

加えたもの。

JCの九州地区大会において、

孫氏が話されたことなのですが、

密度的には、200%アップですね。


Softbank

白戸家 おとうさん

デザインの雑談

毎週水曜日にデザインについての雑談をしている。

昨日は、デザインとはなんだろう?という

話題だった。

今年はデザイナー志望の社員が入社してくれたので、

デザインに関しては、少々勉強中なのである。

当社の場合は、どうしてもプロダクトデザインになりがちになる。

昨日も iphone4 のバンパーデザインが

最初の話題だった。

数点のラフスケッチが挙がっていたので、

好きな案から、CADで仕上げていこうと言うことになった。

そのなかで、ある社員がデザインができる人は良いなぁと

つぶやいた。

それを聞いて、ちょっと勉強していた私は、

そうかな?と疑問を投げかけてみた。

デザインって、ラフスケッチを書くことから始まって、

それを最近ではコンピューターグラフィックなどで

かっこよく見せることの様に捉えてしまいがちだけど、

そうじゃないよね。

デザインって、

何もないところから何かを生み出すことじゃないのかな。

であれば、

ルールを作ることだって、

マーケットを作ることだって、

立派なデザインではないか。

そう思ってみたりした。

納得してくれたかどうかは、よくわからないが、

そのときは、なんとなくわかってくれたのかな。

まぁ、こんなことは、10年くらい経ってわかるものだろう。

決断すること

さて、昨夜政府の2011年度概算要求基準が

閣議決定されております。

内容は、まだよく見ていないのですが、

ニュースなどから聞き及んでいるのは、

各省庁一律カットと特別枠の設定。

なぜ、一律カットなのか。

わかりやすいからだろう。

ぱっとみは、公平に見えるし・・・。

まずは、たたき台としての政府案というところでしょう。

これから、いろいろと修正されるはずです。

これがなければ先に進みませんから、

決めたと言うことは、先に進むということです。

もうひとつ話題がありました。

社会民主党の辻元議員が離党しましたね。

連立政権時には、国土交通省の副大臣として、

活躍されていた(はず)が、

連立解消に伴い、副大臣を辞職。

涙、涙の辞職報道が印象的です。

その議員が、今回の離党。

社民党の屋台骨の一角を担ってきていた人だけに、

その衝撃は大きいのでしょう。

なにが、彼女をそうさせたのであろうか。

いろんなことが推測されるし、

さまざまな要因が複雑に絡み合っていることは、

まちがいないだろうけれど。

きっと、政権与党になり、内閣に入閣して、

実務を知ったときに、

理想論を唱えているだけでは、何も解決しないことを

知ったのではないだろうか。

基地反対を理念に掲げて、

その理念に反する普天間基地移設に関して、

思いどおりにならないから、政権離脱をした社民党を

ある意味、見限った。

そう思えるのです。

現実問題として、基地をなくすことなどありえない話。

それを反対と唱え、かなわないから政権離脱。

結果的に、それが楽な選択なのだと言うことを知ったのではないか。

理想と現実のギャップを埋めていく作業が

何よりも必要なことであることに、気づいたのではないか。

清濁併せ呑んででも、前に進むということを

選択したのではないでしょうか。

今回の決断は、そういうことであるように思う。

セミナー

セミナーに参加した。

知っている人が、4名も参加していた。

熊本であったセミナーだ。

そこに知り合いが、4人。

なんと言う密度。

だったら、延岡でしてもいいのではないのか。

そう思ってみた。

でも、セミナーの講師曰く。

熊本が良いらしい。

理由は、よくわからないと言う。

ただ、熊本に魅力を感じていると言う。

九州の・・・福岡ではない熊本にだ。

ま、そのセミナーは福岡でも開催されていたので、

基本的には、マーケット規模に比例しているのだろう。

で、なんのセミナーなのか。

ブランディングのセミナーだった。

ブランディングといっても、難しい。

簡単に言うと、

どんな会社にも強みがある。

その強みをしっかりと明確にする。

それも、「ことば」としてしっかりと伝える。

「伝える」ではないな、「伝わる」ようにする。

そういうことらしい。

それを、伝わるようにする作業をしなければならないという。

その作業をサポートしますよぉ。

という営業マーケティングだ。

なんだ、結局、営業かよ。

そう思ってしまうことはない。

その営業セミナーだって、時間は2時間たっぷり。

根本的なところでの導入部分に聞くには、

十分すぎるほどだ。

これをきっかけに、自分で考えてみる。

そこが始まりだと思う。

考えてみて、そのあとにどういう風に行動していくのか。

それが大切だろう。

存在し続けるためには、

変化していかなければならない。

本物の変化とは人が行なうことであり、

一時の変化は人が言うことである。(ドラッガーのことば)

最後のサマコン

サマーコンファレンス2010 横浜まで行ってまいりました。

金曜日からの3日間でしたが、

充実したものになりました。

金曜日は、東京ビックサイトでの展示会。

かなりのヒントを得ることができました。

一緒にお付き合いしてくださったI様とN様。

ありがとうございました。

トマトの研究もできそうですね。

新しいビジネス展開を検討してみたいと思っております

サマコンですが、

土、日にかけて、

横浜みなとみらい地区のインターコンチネンタルホテルと

国際会議場でありました。

メインフォーラムが中々面白かったですね。

田母神氏、徳川家広氏、細野剛志氏がパネリストで、

コーディネーターを池田健三郎氏が務められました。

お題目は、

世界に輝く「NEXT STAGE」へ!
 ~ニッポンの危機を打ち破り、輝ける未来を創る!~

いかにも、JCらしいお題目です。

しかし、相変わらず田母神氏の発言は面白いですね。

国防における危機感というアンケートで、

1位にあった北朝鮮のミサイル。

田母神氏、ばっさり言ってましたね。

イージス艦とPAC3が配備されているので、

問題ないそうです。

10発くらい同時に撃たれると、

もしかしたら、1発くらいは迎撃できないかもしれないが、

そのときは運が悪かったと思ってくれだそうです。

リップサービスですが、

ちょっと、ブラックですねぇ。

まぁ、それだけ自信があるということでしょう。

それよりも、北朝鮮だけをマスコミが報道するほうが

おかしいとおっしゃられてましたね。

北朝鮮問題に関しては、日本国民は異常に反応するので、

すぐに、防衛予算を!となる。

それは、アメリカの軍事産業を潤わせるだけだ!と。

まったくですね。

それから、徳川家弘氏。

予想通り、徳川宗家です。

現在の肩書きは、翻訳家になっておりましたが、

代表作が、「ソロスは警告する」

かなりの経済通ですね。

日本経済は、このまま無策で行けば、

かなり悲惨な結末を数年後には迎えそうです。

とりあえず、その書籍は読んでみたいと思います。

本日は、熊本でセミナーです。

延岡からは、Y君とE君、W君が行くそうですが、

何か得られればいいですね。

サマコンのページ ↓

http://www.jaycee.or.jp/samacon/schedule/detail_f.html#02

明日からサマコン

サマコンとはなんぞや?

そう思われる方もいらっしゃいますね。

サマーコンファレンスの略です。

日本青年会議所では、

1月の京都会議、7月のサマコン

10月の全国会員大会と大きな大会があります。

そのなかでも、このサマコンは、

本当に会議中心の大会です。

朝から、晩までセミナーのオンパレード。

ここ近年は、一般の人たちも参加できるようになってきており、

開かれた会議になってきてますね。

で、ほんとは週末開催なのですが、

宮崎からですと、横浜である開会式に間に合わないので、

明日からと言うわけです。

で、明日はと言うと

せっかく東京まで行くのだから有意義にしたいということで、

東京ビックサイトでの展示会に行ってみたいと思っております。

今回は、ちょうど技術関係の展示会と農業関係の展示会が

開催されておりました。

技術系も面白そうなのですが、

時間の関係と中身で、農業の方に行ってみたいと思います。

近代農業から次世代農業へ進化の過程にあると見ております。

ここは工業分野でのノウハウも活かせるのではないか。

そう思っております。

植物工場ですね。

最近は、インターネットの利用が当たり前になってきていて、

毎日が万博みたいな様相を呈しておりますが、

本当の情報は、実際に見て感じなければ得ることはできませんね。

東京では、毎週のごとくたくさんのイベントが開催されており、

宮崎で情報収集しているのとは、

情報の本質の部分が違うのだろうなぁと

いつも思います。

というわけで明日から3日間 東京-横浜です。


Photo

横浜みなとみらい

アップル快調

月20日(ブルームバーグ)より
米コンピューター・電子機器メーカー、
アップルの2010年4-6月(第3四半期)決算は、
前年同期比78%増益となった。
新製品のタブレット型コンピューター
「iPad(アイパッド)」や
最新バージョンを最近投入した多機能携帯電話
「iPhone(アイフォーン)」に対する需要の好調が背景。

アップル社が好調ですね。

たしかに、あれだけ世界的に話題になれば、

そりゃぁ、当たり前の話だが、

さすがだと言わざるえない。

スティーブジョブスが凄いのだが、

ジョブスの言うビジョンを実際に現実化してゆく

スタッフが優秀なのはまちがいない。

しかし、その優秀なスタッフが、

その実力を発揮できるマネジメント自体に

答えがあるように思える。

ドラッガーを読み返してみようと思う。

円高が止まらない

1ドル86円

海外旅行をするならばいまだ。

日本人よ。

海外へ行ってたくさんお金を落としてくるがよい。

そういわれているように思えてならない。

誰に?

無策の政府に。

基本的には、自国の通貨が強いと言うことは、

国益につながるはずだ。

だが、そう思えない。

なぜだろうか。

日本の産業構造に問題がありそうだが、

製造業に限定して考えて見たい。

製造業界は、基本的には資源を輸入して、

それを加工(付加価値をつけ)し、マーケットに流している。

マーケットが国内であれば、

材料が安くなってよかったということになろう。

マーケットが海外であった場合はどうか。

同じく材料は安く購入できるが、

製品は、高い価格になってしまう。

材料が安く購入できているから良いではないか

と言う安易な回答にはならない。

加工と言う付加価値の部分に為替コストが乗っかるのだ。

少々の品質の差は、軽く吹き飛んでしまうくらいの

コスト差が生まれる。

と言う具合で、輸出関連会社は円高は容認しがたいのだ。

しかも、最近はITのおかげで、

変化のスピードが速すぎる。

マネーゲームに実体経済が翻弄されているのが、

よくわかる。

なんにしても、今の日本の実力だと、

1ドル100円は超えてくれないと困る。

このまま無策では、国内から企業がいなくなる。

災害

今年の梅雨は、全国各地に大きな爪あとを残した。

堤防の決壊やそれに伴う増水。

局地的な豪雨に排水が間に合わない。

多くの被災された方々にお見舞いを申し上げる。

私も、1997年の台風の折に、

自宅が床下浸水に遭い、

当時の愛車、カマロZ28が、

同じく非難する間もなく、水浸しに・・・。

スイッチを入れているわけでもないのに、

突然、ラジオから音楽が流れ始め、

ハザードランプは点滅し、

両サイドのウィンドウは、自動で開いた。

ウィンドウガラスは、

水に落ちたときに自動で開くように、

センサーがついているそうだ。(さすがだ)

その数年後、

会社が同じ目にあった。

さすがに工作機械は、簡単には動かせなかった。

何もできなかった。

別に水害にあいそうな場所と言うわけでもない。

だが、排水能力を超える豪雨が降るとこうなるのだ。

今回のニュースを見ていると、

当時のことが、フラッシュバックしてくる。

いまだに、そのときの負債を引きずっている。

まったくもって、どうしようもない。

水害に対して完全に保証する火災保険はないらしい。

あまりにも広範囲になるからだそうだ。

その辺はよくできている。

話が暗くなってしまった。

いかんいかん、前向きにならなければ!

というわけで、

本日、洗車をしてみた。

よく晴れていたので、そういう気分になったのだ。

対象は、

久しぶりにほんとは黒なのに、白っぽくなっている愛車だ。

いやぁ、暑くて、汗が滴り落ちるとはこのことだな。

と、独り言を言いながら、

シャンプーを使って、ごしごしと洗い上げた。

そして、よし!これから拭き上げだとタオルを用意して、

拭き始めたら、

だんだん、空が曇ってくる。

お、日陰になったぞ、これで

拭き上げも、きれいになるなぁと

さらに、ルンルンで吹き上げていると、

なにやら頬につめたいものが・・・

最悪だ。

雨が降り始めた。

せっかく洗ったのに。

なぜ?

私が何か悪いことでもしたのか。

見る見るはげしくなる雨脚。

あきらめて、ツイッターでつぶやく。

怒りの行き先がそこになっただけだ。

ただ、行き場のないときは役に立つツールだ。

あらためて、思った。

そうしていると、5分くらいで止んだ。

いったい、なんなのだ!そう思っている間もないほど、

展開は早い。

さらに、最悪だ。

今度は、照り返しか!と言うくらい

燦燦と降りそそぐ太陽。

あっという間にボンネットから、湯気が立ち始める。

あわてて、車を拭きあげる。

このままではしっかりと雨跡が残る。

せっかく洗ったのが台無しだ!

まったく手のかかる愛車だ。


20100719121331

現在の愛車。 フェアレディZ 車歴4年6ヶ月 103000km

昨夜は理事会

昨日は、延岡JCの理事会でした。

なんと、協議案件が0件。

すでに三役会では解っていたことですが、

次第を見ると・・・・・うーん・・・。

ちょっと、さみしいが非常事態宣言中では致し方ない。

通常は、例会アワーの協議案件がありそうなものだが、

すでに、9月の例会アワーも昨夜は審議。

今年の事業も残りわずかとなってきている。

来月には、臨時総会を迎え、来年の組織体制も

見えてくる時期。

理事長挨拶と監事講評では、

本年度あっての次年度と釘を刺された。

敢えて言わなければならないことだ。

9月に入ると、

事実上、来年度の組織が確定し、動き出す。

本年度優先ではあるが、

この予定者(2011年1月1日から当該者)の時期が、

何よりも大切なことは、みんなわかっている。

実際、本年度、次年度の2足のわらじを履く時期だ。

2年前にブロック会長予定者がいつもおっしゃられていました。

「準備以上のことはできない」

本年度の皆様は、もう一度昨年の予定者の時期を

思い出すいい機会でもある。

まだまだ時間は残されている。

日産マーチ

日産の新型マーチが発表された。

日産を代表する主力小型車だが、

それだけではない。

世界戦略車として、位置づけられ、世界各国で販売されている。

そのマーチであるが、

今回のそれは、大きな衝撃を与えるものであった。

日産が国内販売するマーチは、

全量が輸入されるのである。

これまで、マーチは追浜工場で生産されていた。

それがタイの子会社で生産されるのだ。

完成車メーカーはこれまで国内で販売する車は、

国内で生産してきた。

その慣習を日産は破ったのだ。

なぜ、そうせざるを得なかったのだろうか。

世界戦略車であろうが、

日本で生産して海外へ輸出していたのを

海外生産へシフトさざるを得なかった理由だ。

単に人件費だけではない、

部品調達においても海外調達の比率が高いのだ。

さらには、この円高によって輸出は不利だ。

つまり国内で生産することをやめざるを得ない。

そういう背景があると思う。

完成車メーカーがそういう選択をするということは、

部品メーカーは、それに追従するほかに選択肢はない。

間違いなく国内の空洞化は加速する。

国内の雇用も考慮しなくて良いのであれば、

国内に本社をおく必要もない。

これが企業の本音だろう。

だがこの傾向はしばらくは続くだろうし、

一度出て行った技術や企業がもう一度戻ってくるのは、

考えにくいことだ。

しかも、国内マーケットは縮小し、

大きなマーケットは海外となれば、

それは今後ますます加速する。

そういう意味で、象徴的なマーチの発表である。

010_o

頼もしいです

本日は、先輩のところに注文していた品を、

先輩、自らが配達をしてくださいました。

新商品も、本日発売です。

20100712164431

写真があまりうまく写らなかったのですが、

激辛 特辛バージョンです。

これで、フルラインナップですね。

新店舗も、出店されて、

後輩としては、うれしい限りですし、

また、目標にするところでもあります。

それに触発されてと言うわけでもないのですが、

先月から、商品開発をしてみようと、

会議をしております。

本日は、17:15 から1時間。

アイデアを出し合いながら、

話し合ってみました。

JCで共有できた感動を会社でも共有できるはず!

そういう先輩の言葉に感銘を受けて、

次回会議までの宿題をスタッフにお願いしたところです。

結果

昨日は、参院選挙でした。

おかげで、龍馬伝は19:10からの繰上げ放送でした。

20:00になると、

いきなり、松下新平氏当選確実!!

早っ !!(゚ロ゚屮)屮

まだ開票開始の合図くらいの時間なんですけど・・・。

出口調査の結果らしいですね。

圧倒的だったのでしょうね。

結果は、民主党の議席減と自民の議席増なのですが、

みんなの党 が

がんばっていましたね。

タリーズコーヒーの松田公太氏が出馬したのも、

みんなの党からでしたね。

タリーズ、日向にできないかなぁ。

さて、結果と言えば、

ワールドカップ。

スペインが勝ちました。

それよりも驚いたのは、

タコのパウル君。

なんと、全戦的中させましたね。

確率でいうと、256分の1ですよ。

恐るべし。

Omise


もしドラ

このタイトルを見て、 ( ̄ー ̄)ニヤリ とした人は、

読んでますね。

7月から組織改革を始めているのですが、

現在、4名のマネージャーをピックアップして、

もしドラを渡しております。

もしドラは、タイトルなのですが、タイトルがあまりにも

長いので短縮されています。

タイトルは、

もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの

「マネジメント」を読んだら。

という長ぁいものです。

私も、5月に iphone でダウンロードして読みました。

金額は、800円とアプリでは高めなのですが、

iphone で書籍を読むということを体験したかったのと

ドラッガーに関する書籍と言うことで購入しました。

内容は、ドラッガー入門するには、

かなり敷居が低く設定できているので、

とっても、Good ですね。

この小説のようには、実際は簡単ではないのですが、

この組織をどうやってマネージメントしていくのか、

彼らが、自らの担当するセクションをいかに成長させるのか。

そんなことを期待しております。

今週は、なにかとお取引先の訪問が集中した週でした。

最後は、昨日、村田機械の方々です。

1時間ほど、お話をさせていただきました。

その中での提案で、

スカイプで合同会議を毎月開いていこうと言うものが

ありました。

これは面白い提案です。

お客様が望んでいることをまさにダイレクトに共有できます。

しかもネットですので、費用も格安です。

早速、こちらの準備をしなければなりませんね。

さてさて、

もしドラですが、

こんな表紙をしておりますので、

書店で目にした方は、

ビジネス書籍とは思わないかもしれませんね。


Header

例会

昨夜は、延岡青年会議所の例会でした。

例会アワーのないところでの例会でどうなるのかなぁと

思っておりましたが、

各委員会の活動報告では、

委員長さんのそれぞれの想いが伝わってきて、

こういう報告会も中間にしてみるのは、いいことだなぁと

感じた次第です。

そのなかでも、

「まち」未来創造委員会のプレゼンは、よかったです。

内容もなのですが、

その時間をかけたであろう事前準備に

委員会の想いが伝わってきました。

地域医療問題のプレゼンと、

長友理事長(延岡JC)と宮本理事長(熊本JC)の

対談映像から始まり、熊本でのイベント。

しっかりと映像の中で表現されておりました。

最後のほうは、胸にこみ上げてくるものさえ感じました。

私は、生活していくうえで大切なもののひとつは、

QOL(Quality of Life)だと思っております。

いかに、充実をした人生をおくることができるのか。

その地域で生きるうえで、生活をしていく上で、

暮らしやすい街づくり(インフラ整備)をしていくことは

たいへん重要なことです。

近年、全国各地で深刻な問題になってきている

地域医療問題も、熊本までの命の道が

つながることで解決する部分が大きく広がる。

無駄の象徴であるかのごとく報道される道路行政のもつ

本質的な意味合い(QOL)を考えてみるきっかけになったと思います。

道路の持つ本来の意味 = Quality を

議論していかなければならないのだと思います。

まだまだ道のりは長いですね。

さて、私事ですが、

おそらく最後の3分間スピーチをさせていただきました。

T監事からのお題が与えられていましたので、

何とか3分間にまとめてみようと試みたのですが、

どう考えても無理・・・・。

そこで、開き直って、

例会前に、幹事、直前、理事長に無理やり承諾を得、

7,8分間スピーチ(理事長命名)にさせていただきました。

感想は、この団体は変わった方が多いと言うことでしょうか。

予想している答えが、まともに出てこない。

かなり苦労しました。

少しでも、皆様に伝わっていれば幸いです。

それから、たくさんいただきましたフィードバック用紙は、

大切に保管させていただきます。

ありがとうございました。

新たな旅立ち

今朝は、

9時という早朝のスケジュールにもかかわらず、

福岡からY-CUBEの方がお見えになられました。

当社に新卒採用のノウハウを教えてくれた会社です。

そのときの担当だった川人君が、

「今度、独立してがんばります」というあいさつ回りにいらしたわけ。

私は、本人しか来ないと思っていたのですが、

そこに現れたのは、2人。

九州支店長の坂東氏もいっしょでした。

そういうことは、言ってくれよ・・・と思いながら、

お話を聞かせていただきました。

なんでも、人を喜ばせることを企画する会社らしく、

喜び組みね、正日君 マンセー!ヽ(´▽`)/ を

思わず連想してしまった。 ごめんね。

業務内容は、

企業のお祝い事をプロデュースするらしいです。

ロゴ、社史など、クリエイティブプロダクト製作と

「伝える方法」の戦略立案。

そのほかもろもろ。

がんばっていただきたいですね。

Y-CUBE の坂東支店長からも、

中小企業のブランド経営セミナーの案内をいただきました。

今月の26日、27日で

それぞれ熊本、福岡で開催されるそうです。

とりあえず、参加してみることにしました。

セミナーは無料ですので、

参加されたい方は、

私のほうまで、ご一報ください。

というわけで、

新たに独立する川人君、おめでとう。

それを応援する Y-CUBE に懐の深さを感じますね。

世界最高速

ブガッティは4日、『ヴェイロン』の進化形、

「16.4スーパースポーツ」で最高速チャレンジを行い、

431.072km/hというギネス世界新記録を打ち立てたと発表した。

関連記事はこちらから。

環境配慮型の車全盛の時代に、

この記録をぶち上げるとは!

しかも、これが市販車だというではないですか。

いったい誰がどこでこんなスピードを出すのでしょうね。

現実的ではないのですが、

こんなところに一生懸命になる人たちは、

夢がありますね。

世界一を目指すことに、

意味があったりします。

気持ちがいいですね。

Hagiis_room_015

ブガッティ ベイロン

届きました

iphone4 昨日、入手しました。

なんでも、お店に届いてから、

予約番号との照合をして、

予約したお客様から先着順に届けることが、

徹底されているようです。

印象ですが、薄くなっていることと

画面がきれいにくっきり写っていること、

写真が連射できること、

なんといっても、反応速度が速くなっていること。

これが大きいですね。

あとは、スマートフォンなので、

カスタマイズしていけばいいかな。

今後の悩みは、カバーですね。

とりあえず、シリコンカバーは購入しましたが、

気に入っていません。

これは、カバーの製作を取り掛かるべきではないのか?

ちょっと、デザインしてもらおうかなぁ。

まだ来ない

iphone4を予約して、2週間たつが手元には、

まだ届いていない。

月々割が適応できるので、

0円で入手できるのがうれしいところではあるが、

世界的に品薄のようです。

孫社長もツイッターで日本向けの割合を増やしてほしいと、

アップルに嘆願していることをつぶやいていました。

昨日は、iPad が届きました。

16G Wi-Fi モデルです。

箱を開けることなく、

父親の手元へ届けました。

きっかけは、iPad がほしいといった父に、

渡したらどういう使い方をするのかに興味があったから。

来週くらいにどうなっているかを見てみたいですね。

私もほしいのですが、

予算の都合上、購入は、2~3ヶ月延期ですね。

今月は、サマコンも待っていますしねぇ。

そろそろ

昨夜は、延岡JCの三役会でした。

この時期になると、

審議事項に臨時総会の議案が上がってきます。

次年度の準備に取り掛かります。

来年度の理事を選出するのに選挙管理委員会が

立ち上がりますが、

これは、卒業生が担当します。

卒業生ですから、被選挙権はありません。

そういうわけで、選挙管理委員会を担当するわけですね。

事務手続きは、事務局がするのですが・・・。

そろそろ1回くらいは集まって確認しないと、

あまりにもまる投げだ!と言われそうですね。

来週にでも、集まりますか?

そういえば、

来週は例会でした。

3分間スピーチを担当するはずなのですが、

まだ、担当委員会からは正式な依頼はありません。

先月の例会のときに、

担当委員長と立ち話をしたので、

それで終わりなのかなぁ。

それならそれでいいのだが、

準備していただきたいものもあるのだけれども・・・・。

事務局にお願いするのも筋違いのような気もするし。

まぁ、なるようになるでしょう。

7月だ、夏が来る

7月になってしまいました。

まだ梅雨明けもしていないのですが、

今朝は、すでに朝礼の最中に汗が出てきます。

朝礼をしていると目に付くのが、

人の話を聞く姿勢です。

今日は、ほぼ全員が顔を上げて聞いていました。

先月とは大きく違うなぁと感じた点です。

先月は、下を向いている人。

心ここにあらずという人が目立っていました。

半分くらいの人がそうではなかったかと思います。

大体そういう人は、後ろの方に隠れるようにしています。

でも、目立つんですよね。

そういう人って。

真剣に目を向けてくれている人には、

こちらも真剣に語りかけるのですが、

そうでない人も気になります。

心配になるのですよ。

その人の将来が・・・。

余計なお世話なのですけどね。

ただし、会社としても困るのです。

そういう人は、同じ方向を向いてくれないから。

今朝の話題は、チームの話。

組織は、よく船にたとえられる。

同じ船に乗っている人たちで、構成されていて、

そのクルーは、同じ方向に向かって進むのだ。

方向性が違うのであれば、

その船に乗っていること自体が間違っている。

私は、会社は場所の提供だと思っている。

それは、会社を使って個々人が成長しなければならない。

ということと同時に、

会社も同じく成長しなければならない。

会社を成長させるには、

クルーの成長と同じくらいチームの成長も必要。

それは、仲間として協力し合い進んでいく力。

今年も、後半になりました。

早いものです。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ