最近のトラックバック

« 組織の形 | トップページ | 移り気 »

宮里世界一位

<ショップライトLPGAクラシック 最終日>

◇20日◇ドルチェ・シービューリゾート ベイC(6,150ヤード・パー71)

 ニュージャージー州にある

ドルチェ・シービューリゾート ベイCで開催された、

米国女子ツアー「ショップライトLPGAクラシック」の最終日。

首位とは2打差の3位タイでスタートした宮里藍が

7バーディ・ノーボギーの完璧なゴルフで今季4勝目、

米国本土で嬉しい初勝利を挙げた。

なお、この勝利で宮里は女子世界ランキングで

日本人として初めて1位になった。

(ALBA Net より)

ゴルフは、全米オープンで石川遼君が

3日目までがんばっていました。

サッカーワールドカップでも、

日本は、決勝ラウンドに進出できるかもしれないし、

たのしみですね。

世界で活躍するということがどれだけ凄いことなのか、

想像もできませんが、

才能もそうですが、努力の賜物なのでしょう。

彼らに共通しているのは、

とにかく向上心が強いということでしょう。

今日よりも明日、成長した自分でありたい。

みんなそう思っているはずです。

その思いのより強いものが、勝ち残っていくのではないか。

そう思えます。

世界一とまでは言わないけれども、

その世界で、名の通った人物になることは、

誰にでもできることなのではないか。

そう思います。

有名な話では、

ブックオフの社長には、

パートの社員から社長にまで登り詰めた方がいらっしゃいます。

この事例を特殊と思うかどうかは、

あなた次第であると言えます。

パート、アルバイトから社員へ昇格し、

みるみるうちに昇進していく事例は、

事欠かないのではないでしょうか。

かといって、

社員が肩たたきにあって、

窓際に追いやられ、

ついには退職。

そういう事例も数え切れないでしょう。

この差はいったいなんなのであろうか。

ここを解明しなけばならないのですが、

聡明な皆様であれば、言わずもがなですよね。

前回のブログで生産性が上がっている話をしました。

理由は、

仕組みだけではなかったということ。

仕組みは、変えていません。

自ら気づき、

自分たちの職場は自分たちで作り上げるという、

意識が芽生えているからだと思っております。

ただし、その際には、

いろんなことが社内で起こっていたことも事実です。

そういうことを乗り越えて、組織は成長していくのだと

思っています。

« 組織の形 | トップページ | 移り気 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮里世界一位:

« 組織の形 | トップページ | 移り気 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ