最近のトラックバック

« イノベーションその2 | トップページ | 仙人? »

イノベーションその3

イノベーションを起こすことが企業の競争優位性を

保つことができると前回書きましたが、

歴史的に見ても、イノベーションを達成することは、

非常に難しいことであると言えます。

どちらかと言えば、失敗の連続であるといってもいいです。

ほとんど成功しないのかもしれません。

では、イノベーションに挑戦しなければよいと言う意見も

ありそうですが、

卵を割らずして、卵焼きを作れないのと同じで、

変化を恐れて何もしないのでは、

イノベーションの果実を得ることはできません。

発想としては、そこそこでいいという発想もあるかもしれません。

しかしながら、この変化のはげしい現代において、

そういうことにチャレンジしていかなければ、

生き残る可能性が低くなると言うことは、

容易に想像できるはずです。

そういう環境下に私たちはあると考えなければなりません。

企業の姿と言うものは、

次第に変化していきます。

「最も強い者が生き残るのではなく、

 最も賢い者が生き延びるでもない。

 唯一生き残るのは、変化できる者である」

ダーウィンが残した格言です。

世の中は、日々変化しています。

同じ様に、その環境に対応できるように

私たちも変化していかなければならないということです。

とかく人は変化を嫌いますが、

変化をしていかなければならないとすれば、

変化しなければならない環境に自分をおくことが、

一番の早道なのかもしれません。

« イノベーションその2 | トップページ | 仙人? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イノベーションその3:

« イノベーションその2 | トップページ | 仙人? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ