最近のトラックバック

« 雨ですねぇ | トップページ | 未来の技術 »

全国的に荒れているらしい

今朝は、よい天気だと思っていたら、

全国ニュースでは、大荒れの模様を中継していました。

宮崎って、晴れますよねぇ。

ちょっと寒いですが・・・。

アカデミー賞の発表がありましたね。

てっきり、アバターが部門総なめにするのかと思いきや、

惨敗でしたね。

ストーリーは、

単純明快だったのでそちらは評価されなかったのかも・・。

興行成績は、抜群なのですけどねぇ。

さて、

1月の景気動向が発表されております。

10ヶ月連続で改善と言うわけですが、

大きく改善してきているのでしょうか。

実感はまだまだと言う感覚です。

改善しているのは、外需頼みのところが多い。

基本的に、日本は人口減になっているのだから、

生産性が上がることは期待できない。

技術的なイノベーションを起こさなければ

今の日本の姿を維持することは困難であろう。

そのイノベーションの可能性は日本にはたくさんある。

その一例が、量子ドットだ。

東京大学の荒川教授が1982年に世界で最初に

発表した理論だ。

当時は、ナノレベルの加工など無理だとされていたが、

技術の進歩によって、可能になってきた。

現在では各国がその製造技術にしのぎを削っている。

現在はまだまだ実用化には程遠いレベルではあるが、

2020年位には、実用化レベルに持っていけるだろうという。

だからどうなの?というわけであるが、

たとえば、太陽電池に応用すると、

現在の発電効率は理論値30%が限界とされていますが、

量子ドットの技術をもってすると60%になる。

わかりやすくいえば、

10センチ角の太陽電池で1家庭分の電気をまかなえる可能性が

あるという。

かなり期待が高まります。

その未来の日本を支える技術が誕生しようとしているのに、

今回の事業仕分けで予算が60億円/5年間から20億円に

削減されたそうである。

まったく持って、とほほ・・・・・だね。

« 雨ですねぇ | トップページ | 未来の技術 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全国的に荒れているらしい:

« 雨ですねぇ | トップページ | 未来の技術 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ