最近のトラックバック

« なたね梅雨 | トップページ | 刺激を与えていただきました »

2010年度予算

鳩山政権が初めて編成し、一般会計総額は92兆2992億円。

新規国債は44.3兆円で、国債依存度は48%と過去最高。

なかなかやりますね。

税収は、37.4兆円だったかな。

簡単に言うと、

年収374万円の人が、年間923万円使っているということだな。

しかも、借金の残高は1億円。

これって、返せるのか・・・・?

政府からは、今年は景気が悪かったせいで収入も少なかった。

来年は、景気も回復してくるだろうから問題ないよ。

そんなお気楽なアナウンスが聞こえてきそうだ。

間違いなく来年も、税収は少ない。

というよりも、来年以降劇的に税収が増えることは無い。

増税でもすれば別だが、

これ以上増やされては企業は国内で存続できない。

消費税を引き上げることになるが、4年間は引き上げないらしいので、

この4年間が思案する期間といってもいいだろう。

増税にひたすら耐える日本国民。

そんな悲劇にも耐えてお国のためにがんばります。

そういう声が聞こえてきそうだ。

もうひとつ代案として借金をチャラにする方法がある。

インフレだ。

それも、かなりのインフレ、ハイパーインフレだ。

賢明な投資家はすでに、予算が成立したときから円売りに走っている。

円安が進行している。

どのタイミングなのかはさっぱりわからないが、

少なくとも、大きくインフレにはなっていくことだろう。

円の価値が下がるのだ。

当然、国債も株も下がる。

トリプル安っていうやつだ。

どうすりゃいいんだ?

さすがに、金融のプロではないので、わからない。

ただしいえることは、

人口が減っていくと言うこと。

しかも、団塊の世代が65歳を迎えてしまうと言うこと。

これまで貯蓄してあった個人資産も今後は減少すると言うこと。

それを財源に買っていた国債は、売れなくなってしまうこと。

そんなことが予測されますね。

人口だけは確実な未来として予測できますから、

今のうちに、自給自足を実現しておくことが

大切かなぁ。

« なたね梅雨 | トップページ | 刺激を与えていただきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年度予算:

« なたね梅雨 | トップページ | 刺激を与えていただきました »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ