最近のトラックバック

« メルマガ | トップページ | 春節 »

戦略的撤退

日本マクドナルドホールディングスは9日、
全店の1割強にあたる433店を
2010年12月期に閉鎖すると発表した。
フロア面積の狭い店舗など
売り上げ増が期待できない店が対象で、
収益力を高める。
また閉鎖後に3~5年かけて
全店の2割を対象に統廃合も進める。
 同社は直営店、フランチャイズチェーン(FC)店合計で
09年末時点で3715店ある。
閉鎖する433店のうち直営とFC店の割合は
半々程度となる見通し。
従業員の雇用は維持する。
 閉鎖対象は主に1990年代に積極出店した
延べ床面積が165平方メートル以下の小型店や
24時間営業などが実施しにくい店となる見込み。
厨房(ちゅうぼう)設備のスペースを確保できず
提供商品が限られるなどの欠点があり、
店舗間で最大12倍の売上高の開きがある。
店舗閉鎖で格差を5倍以内に収めることを目指す。
(日経ネットより抜粋)

過去最高の業績を上げた企業が矢継ぎ早に、

次の対応を出してきている。

苦戦を強いられている外食産業において、

勝ち組であるマクドナルドは、

さらにその地位を揺ぎ無きものに

するとうことであろうか。

私の尊敬する先輩からご紹介いただいた

安岡正篤先生の言葉がある。

思考の三原則です。

ものごとは、長期的視野に立ち、

多面的に見て、根本的に考えなければならない。

そういう視点にたって、事業なり、なんなり全般を

判断することが大切であるという教えです。

なかなか実行できてはいないのですが・・・。

そう考えると、今回のマクドナルドの判断は・・・。

Mactop

« メルマガ | トップページ | 春節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦略的撤退:

« メルマガ | トップページ | 春節 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ