最近のトラックバック

« 2,152,099 | トップページ | 電子配信 »

ドラッガーを読んでいます

2009年末の高校生就職内定に関する報道があった。

文部科学省によると昨年末12月31日現在での

高校生の就職内定率は、74.8%であった。

およそ、4人に1人は就職先が決まっていない状況だ。

すでに団塊世代の大量定年が始まっているというのに、

内定先がないというのは、今の経済状況を表している。

当社は、高校生への就職活動をしていないのであるが、

厳しい現実としか言えない。

日本という国には、就職活動という時期があって、

定期的に採用活動がある。

こういう制度は外国にはないらしい。

不思議なのだが、自己責任が原則なのが外国だ。

そう考えてみると、

やっぱりこの国は至れり尽くせりだ。

こういう国民性が現在の日本の反映を支えてきたのだろうが、

今後はそうは行かないように思う。

話はそれたが、

今は来年度末(2011年3月卒業)の採用に向けて

活動が始まっている。

そういう時期だからこそ、原点を見直す意味で、

ドラッガーを読んでいる。

いろんな書籍やコンサル本がありますし、

どれでも同じような内容なので良いのですが、

ドラッガーは、体系的にわかりやすいので、

おすすめです。

こういう時期だからこそ、原点に帰ることが大切だと思う。

そこからひとつご紹介します。

企業の目的。

ドラッガーは、顧客の創造だと定義しています。

少々難解ですので解説を付け加えると、

企業は社会的機関の一員であります。

そのため、社会やコミュニティ、顧客のニーズを

満足させるために存在します。

ということは、ニーズを満たすことができなくなった企業は、

存在意義(レゾンデートル)がなくなる。

ここから考えていくと、

誰かしらのニーズを満足させ続けることが企業の目的になります。

しかもこれが企業ののく的についての

妥当な唯一の定義だとドラッガーは強調しております。

企業にとってのマネジメントとは、

顧客の創造を達成するための道具であり、機能であり、

機関であると定義しています。

そういう組織でなければならないということです。

そんなところから、組織のあるべき姿が見えてくると思います。

それが人材戦略にもつながってくる。

そんなことを考えている本日です。

« 2,152,099 | トップページ | 電子配信 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラッガーを読んでいます:

« 2,152,099 | トップページ | 電子配信 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ