最近のトラックバック

« ドラッガーを読んでいます | トップページ | CR-Zきたぁ »

電子配信

日本経済新聞社は2010年2月24日、パソコンや携帯電話に記事を配信する「日本経済新聞 電子版」を3月23日に創刊すると発表した。3月1日から購読者の登録受け付けを開始する。

 電子版の日本経済新聞は、同社が無料で提供しているニュースサイト「NIKKEI NET」を継承、発展させたもの。従来のNIKKEI NETと同様に無料で利用できるが、閲覧できる記事が限られる。すべてのコンテンツや機能を閲覧・活用するには、有料の会員登録が必要だ。

 有料会員になると、興味や関心がある分野の記事を自動的にピックアップしたり、後日読み直したい記事を保存したりできる「My日経」機能が使える。さらに、パソコン上で「紙面ビューアー」を使えば、紙の朝刊・夕刊(最終版)の記事イメージを閲覧できる。

 記者会見した同社の喜多恒雄社長は、「特に若い世代は、紙の新聞を読む代わりにネットで情報を手に入れる人が増えている。将来、紙の新聞は大きな成長が期待できない。電子版が成功するには5年、10年かかるかもしれないが、今スタートしないと10年後の成功はない」と語った。電子版を有料化した理由については、「ネット上のコンテンツは無料という観念があるが、良質のコンテンツはタダではない。欧米のメディアは既に(有料化に)挑戦している」と、広告収入に頼っているニュースサイトの運営が岐路に立たされている現状を吐露した。

 電子版の料金は、日本経済新聞の定期購読者が月額1000円。電子版のみの購読者は月額4000円。
日経PC Online より

実は、すでに iphone では、産経新聞が配信されている。

私も、毎朝産経新聞を無料で拝読させていただいている。

産経さん、さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

産経新聞は、現在のところ iphone のみでしか閲覧できない・・はず。

MSN産経ニュースとは、ちょっとちがう。

新聞の紙面そのものが閲覧できるので新聞を読んでいるのと

変わらないが、いかんせん画面が小さい。

となると春(4月くらい?)に発売になる iPad が

有力候補に上がってくる。

日経新聞の月額4000円が支払う金額に価するのかは、

今後の読者数が決めるのであろう。

日経のみならず、他社も追づいしてくることは、

明白なのだから、そこには競争原理が働く。

まぁ、印刷費も配送費も掛からないのであるから、

高いのは間違いないところだ。

いづれ、安くなっていくだろう。

新聞の情報機能は変わらないだろうが、

その媒体が変わっていくということだ。

さて、付け焼刃のドラッガー初心者よりご紹介する。

今日のような乱気流の時代。

200年に一度という大転換期においては、

変化が常態であるとドラッガーはいう。

変化はリスクに満ち、楽ではない。

しかしこの変化の時代を乗り越える唯一の方法が、

あえて変化の先頭に立ち、変化の産み手になることだという。

ましてや、この乱気流の時代にはレールなどない。

自らハンドルを握ることなくして、転覆を避けることはできない。

進んで変化を探し、本物の変化を見分け、それらの本物の変化を

利用することである。

自ら未来を作ることにはリスクが伴う。

しかし、

自ら未来を作ろうとしないことの方がリスクは大きい。

ドラッガー365の金言より

« ドラッガーを読んでいます | トップページ | CR-Zきたぁ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子配信:

« ドラッガーを読んでいます | トップページ | CR-Zきたぁ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ