最近のトラックバック

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

円高ドル安

ドル安が進んでいる。
同じくしてポンド安も進行している。
べつに、FXをしているわけではないが、
気になってします。
各国が、通貨切り下げ合戦に入ったかのようだ。
スタートダッシュを決めたドルとポンド。
つぎは、資源国、ユーロ とつづくのだろうか。

イランもキナ臭くなってきた。
イスラエルロビーを見る限り、いつ戦争が起こっても
おかしくない。
こうなるとホルムズ海峡封鎖なんてことになり、
石油が届かなくなりますね。
よろこぶのは、ロシアだな。
そんなことにはならないように、
英知を集結させてほしいものです。

宮崎での会議

昨日は、夕方18時から宮崎市内で会議でした。
日向から宮崎までの道中、
延岡の会議参加者といっしょに車で移動します。

昨日は、K田君とF原さん。
いやぁ、K田君は、しゃべります。
いつもは、かなり寡黙でして生きているか?と
心配してしまうほどです。
しかし得意な話題は、饒舌です。
得意分野は、自動車でした。
話題は、プリウスから始まり、フィットの乗り心地、
私のZの話題、会長のエルグランドまで、
話は尽きませんでした。
この調子ですよ。

車の話題ですが、
東京モーターショーの出品者リストというものが、
公開されています。
で、驚いたのはその数。
国内のメーカーは、当たり前のように出展しておりますが、
海外メーカーは、
ロータスとアルピナとヒュンダイのみ・・・・。
?・?・?
ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

不況の影響ではないでしょうね。
もう、市場は中国になったのでしょうね。
今度から、モーターショーは中国開催が主戦場になるのでしょう。

驚いた

昨日の国連演説でのカダフィー大佐。
なかなかの毒舌演説ですね。
現在の国連のあり方自体を痛烈に批判。
国連憲章を破って見せたり、持ち時間15分を
余裕で吹っ飛ばして、1時間半の毒舌を展開。
最後には、オバマ大統領を、
永遠に大統領でいていただきたいと賞賛。

いやいや、中々できるものではありませんね。

もうひとつ驚いたことは、
ホンダの一輪車。
なんだか凄すぎます。
自立してしまうそのセンサー技術であり、
重心移動で360度どの方向にも走行可能な
わけで。
ASIMOで培われたノウハウが
活かされているのでしょうね。

それと昨夜の
県北まちづくり団体交流会。
延岡JC主催で県北地域の各まちづくり団体の
代表の方が集まっての交流会でした。
延岡JCの呼びかけでこんなにも多くの方々が
参集してくださったのは、
やっぱり、これまで延岡JCで活躍された
先輩方のおかげだなぁと感じましたし、
担当された
元気あるまち発信委員会であり、
M室長のサポートであり、
なによりU委員長の頑張りがあったからでしょうね。
驚いたと言うよりも、感服しております。
今後に多いに期待ですね。

温室効果ガス25%削減

気候変動サミットで、鳩山首相は言っちゃいましたね。

25%削減。

しかも、1990年比で・・・・(lll゚Д゚)

それも、2020年までに。

大胆ですな。

そもそも日本は、省エネ技術が世界最先端に
あるのでは?
それをさらに加速するのですね。
基本的に化石燃料からの脱却をしなければ
達成できないでしょうね。
それ以外では、生産活動を自粛する・・・・・

さすがに少子高齢化が進んでいるとはいえ、
10年後に生産性が25%も減少したら、
経済は立ち行かなくなります。

もしかしたら、鳩山首相は
東京大学工学部出身で経営工学(IE)を専攻しているので、
ものすごい生産性が上がるシステムを考えていて、
今の生産性を社会システムとして50%くらいあげることで、
省エネを実現しようと言うのではあるまいか。

もしくは代替エネルギーであるなにかを
しっかりと見据えていて、それを積極的に導入することで
実現しようとしているのではないか。
いまのところ、行き着く先は、
太陽光発電か原子力発電。
そんなところであろう。

キーワードは、省エネと脱炭素社会だね。

燃費向上

昨日、取引先の方がお見えになられた。
新型プリウスに乗っていらっしゃいました。
そりゃ、間違いなく、必ず、絶対に
話題はプリウスになります。

驚いたのは燃費。
いやぁ、走るとは聞いていたけどねぇ。

ガソリンタンク 40L満タンで、1000km 走行するそうだ。
夏場、エアコンガンガンに焚いてのことです。
しかも、営業用としても使用してですから、
結構ハードな走りをしているはず。
長距離を走ったら、相当な伸びが期待できます。
通常、買い物程度にしか利用しない人は、 
満タンで1500km なんだそうだ。

おいおい、俺の愛車は、満タンで 70L 600kmしか
走らないぞ!
マニュアルで高回転させているけどね。

やっぱり、ハイブリッドしかない。

いや、今後ガソリンの値上がりは間違いない。
そりゃ、この低金利政策をFRBも日銀も続けていれば、
お金は、ジャブジャブになってしまう。
で、実体経済は回復していないのだから、
投機に回ってしまうでしょうね。
つまり、原油や穀物、鉱物などのコモディティが
買われて、値上がりすると言うことですよ。

最悪の展開になってくるでしょう。

バーナンキFRB議長が底入れ宣言をした。
日銀も、回復していると上方修正した。

でも、失業率は過去最低を記録。
アメリカも同様。
商業不動産は下落が続いている。
同様に、消費者指数も最低だ。

そのあたりをジョージ・ソロスは指摘している。

というわけで、今後はハイブリッドだ。
自動車メーカーも、ハイブリッド化は絶対にするだろう。
おそらくここ数年で、ハイブリッド化していくことが
目に見えている。
エアバックが標準装備されていったのと同じだね。

すごいぞ、日本

地上から350キロ前後の軌道にある国際宇宙ステーション(ISS)に
物資を運ぶために飛行を続けていた日本初の無人宇宙船「HTV」が
18日午前7時半ごろ、ISSへの結合に成功した。
来年にも退役予定の米国のスペースシャトルに代わって大型設備を運べる
唯一の補給機で、2015年まで年1回の頻度で飛行が計画されている。
(朝日新聞より)

Tky200909180021

ロボットアームにつかまるのを待つ状態(NASAより)

Tky200909180022

ロボットアームからつかまれて、ステーションとドッキング(NASAより)


宇宙に、6トンもの物資を輸送することができるそうだ。
宇宙時代の幕開けを感じています。
今後は、さらに宇宙への取り組みを加速させてほしいものです。
軍事費に使っている予算を宇宙開発に回していただいて、
何百年後かもしれませんが、宇宙ステーションからスペースコロニーへと
進んでいってもらいたいですね。
お台場にも、ガンダムが降臨したことですしね。

宇宙を見ると自らの存在の小さなことを知る。
現在光の速さで拡大しているとされる宇宙。
誰も見たことがないので、あくまで推測でしかない。
その宇宙の外はどうなっているのであろうか。
概念としては無の世界なのだろうが、
実際はどうなのか、見てみたい。
神は、そこに存在しているのではないのか。
そんな妄想を夢見てしまいます。
人類は、少しだけ外に出ることができるようになりました。

新内閣発足

昨日は、鳩山内閣の顔ぶれが出揃いました。
そうそうたるメンバーですね。
専門職が強いなぁと言う印象です。

なんといっても、
国家戦略局でしょうね。
副総理も兼ねてのポジションです。
ここの打ち出す戦略がどのような世の中を
作り出していくのかを見ていかなければ。

政策もたくさん出てきそうですね。
実際には、ガソリンの暫定税率なんかが
廃止されるのでしょうが、
道路はどうなるのでしょう。
ガソリン税だけで新しく作っていけるのでしょうか?
まぁ、安く作る方法はいろいろあるでしょうから、
そういう工法をしっかりと認可していくとかの
政策をお願いしたいものです。

昨夜だけでも、
各々大臣からは、霞ヶ関が激震を起こすような、
発言が相次いでいます。
こちらもしっかりと見ていかなければならないでしょうね。
国会で成立するとはいえ、
絶対多数を有する民主党ですから、
法案は確実に審議通過していきます。
委員会がどんな政策を打ち出していくのかを
着目していかねばなりませんね。

なんだかんだといっても、
始まったばかりです。
半年くらいたつと、なんとなく見えてくるのではないでしょうか。

リーマンショックから1年 その3

さて、小売業界はどうであろうか。
現在に至っては、小売、卸売りといった
流通形態は、一部の機能を除いて、
崩壊しているのかもしれない。
延岡でも、卸団地という商業団地があるが、
すでに卸と小売の違いは見えない。
狭い地域でもあるので、
暗黙の了解はあるのであろうが・・。

この流通のしくみをかえたものはなんであるのか。
大きなものは、インターネットと物流だろう。
とくにインターネットのもたらした衝撃の大きさは、
産業革命に匹敵する。
ほとんどのものは、ネット通販で買える時代に
突入している。
そしてそれを現実のものとして運んでくれる物流。
この物流システムも、全世界のものとして存在している。

おそらくは、今後その比率は大きくなっていくだろう。
技術の進歩とはそういうものだ。

さて、リーマンショックそのものである金融はどうだろうか。
こちらは、正直言ってわからない。
この金融と言う制度自体には変化はないのであろうが、
お金の形に関しては変化してきている。
たとえば、電子マネーだ。
いまとなっては、携帯電話がその代わりをしたり、
SUIKAやPASMOといったカード型のものまでが
普通に利用されている。
10年位前に香港へ行ったとき、
オクトパスという電子マネーを利用したが、
そのときの衝撃をいまでも覚えている。
ようするにお金そのものが形を変えて、流通している。
そのために、感覚的に麻痺しているのであろう。
おなじ百万円でも、
百万円分の電子マネーと百万円の札束と百万円分の500円玉、
百万円分の金塊。
選ぶとしたら、どれがほしいだろうか。

リーマンショックは、お金と言うものはいったい何なのであろうかと、
私に考える機会を与えてくれた。
今でもよくわからないというのが正直なところだ。
大体、ただの印刷された紙が価値があること自体がわからない。
金本位制の時代は、紙幣と金を交換すると言うことで、
成り立っていた。
ニクソンショック以降、それは崩れた。
いままた、そこに回帰しようと言う動きもみられるが、
異常なまでに膨れ上がった金融資産は、
金と対等になるには、量的に多すぎる。
とにかく、今の金融システムには問題があるということは
まちがいないのであろう。
いつの時代でも、世の中は矛盾だらけだ。
それでもそれを包括して世界は動いている。

言えることは、変化の大きな時代だからこそ、
そこにチャンスがあると言えよう。

リーマンショックから1年 その2

そういった背景は、
私たちの知らないところでの話だ。
フィクションだと思ってもいいだろう。
ただし、「事実は小説よりも奇なり」 である。

さて、日本はと言うと
8月30日に民主党が大勝した。
明日9月16日には、
新内閣が発表される。
どういう風に分析をするかであるが、
今回は、素直に自民に対しNO!だったので、
その対抗としての民主にYES!だったということであろう。

私の尊敬する先輩のブログにもあったが、
すべては人事にある。
明日の組閣人事が今後を占う。

すでに発表されているところには、
補正予算の凍結、CO2排出25%削減などがある。
高速道路無料化もそうだ。
こども手当てもあった。
まぁ、波紋を呼びそうな勢いだが、
実際にやってみるといいだろう。
それから、修正していけばよいことだ。
だいたい、やってみもしないうちに、ああだ、こうだと言って、
進まないほうが最悪だ。

今考えられる最善と思ったら、やってみることだ。
国政なので簡単にやられても困るが・・・・。

さて、われわれ中小企業の今後はどうなるのであろうか。
わかるところから推測していこう。
製造業はどうであろうか。
すくなくとも、輸出産業は壊滅状態だ。
我々の業界、生産財マーケットは凍り付いている。
頼みの綱は、中国のみ。
国内はと言うと、さらに混迷を極めている。
エコ商品のみが活況を呈しているというところだ。
それも、利益が出ていると言うわけではない。
省エネ家電の代表格である薄型テレビは、
過剰な価格競争にさらされ、利益が出ていないのが現状だ。

そんな中で活況を呈しているものがある。
PB(プライベートブランド)である。
売る力のある小売店が、企画から生産、流通にまで、
参画していくものである。
それにたいして、メーカーが独自のマーケティングをして
商品を企画販売しているものが、
NB(ナショナルブランド)という。
PBは、一見、WIN-WINの関係に見えるが、
そうではない。
売るほうが圧倒的に強い。
これでは、いづれ製造メーカーは立ち行かなくなる。
適度なところでバランスされるだろう。

つづく

リーマンショックから一年

昨年の9月15日。
アメリカの大手証券会社リーマンブラザーズは、
その158年の歴史に幕を閉じた。
これをきっかけにして、
世界金融危機が顕在化されたわけだ。
大体、当時のポールソン財務長官は、
ベアスタンダーズは救済して、リーマンはダメで、
AIGは救った。
こんなちぐはぐなことをしているから、
金融界からは、信頼を失った。
そして、オバマ大統領が誕生した。

あれから1年が経った。
これからの世界はどういう方向に進むのであろうか。
それを考えて見たい。

最近のニュースでは、
オバマ大統領が
「われわれは、この金融危機の震源となった無謀な行動や、
資金が野放しとなっていた日々に戻らない」と述べた。
さらに、「歴史が繰り返されることはない」と強調するとともに、
「2年間の嵐は終わりつつある」と述べ、
アメリカ経済が金融危機からの回復に向かっているとの
認識を示した。
と報道されている。
本当にそうだろうか。
アメリカの失業率は、10%に迫ろうとしている。
この数字の意味するところは・・。
ドル安も進んでいる。
今日の円相場はどうなるのであろう。
90円を割るかもしれない。
一時的には、90円というギリギリの線での
攻防もあるかもしれないが、
基本的にドル安は進む。
その背景には、金の値上がりがある。
金の価格上昇傾向は、おそらくとまらないだろう。
金本位制への回帰につながる動きかもしれないと
思ったりもする。
乱暴な考え方であるが、
ドルの崩壊を狙っているのかもしれない。
そうなって困るのは、
ドル建ての米国債をたくさん保有している日本と中国だ。
その中国はすでに、金を買い込んでいる。
いづれにしても、
インフレターゲットは必ず持っていると思う。
そうしないと財政赤字は解消されない。
すべてをリセットするには、
ハイパーインフレを起こすしかない。
それによって生じる怒りの矛先は、
どっかの国との戦争と言うわけだ。
今のところそれが、テロとの戦いであろう。

そういう背景があって、
今の日常を考えて見たい。

シルバーウィーク

今週末から、シルバーウィークがはじまります。

当初、ゴールデンに対してシルバーなんだろうなぁと

思っていたのですが、

敬老の日があるので、シルバーなのだそうです。

なるほどですね。

週末は、たこやきを作ってみました。

20090913143051

たこ焼きの粉(こんなのが売ってます)を買ってきて、

だし汁で生地を作って、蛸を入れて焼くだけ。

なかなかうまく焼けたものです。

1回に焼けるのは、18個。

最初の1個目を口に入れたときには、

やけどするかと思った。

アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!

基本的にデフレ

ロイター通信より
日銀が発表した8月の企業物価指数(CGPI)速報によると、
国内企業物価指数(2005年=100.0)は前年比で8.5%低下し、
8カ月連続のマイナスとなった。
 過去最大の下落率となった前月(8.5%低下)と
同じマイナス幅だった。
昨夏にかけた原油高の反動や国内需要の低迷などが響いた。
ロイターがまとめた民間調査機関の
予測中央値は前年比8.4%低下だった。

今日は、9.11
アメリカでは、大きな意味のある日です。
テロとの戦いに踏み込むきっかけとなった事件が起きました。
平和はいつ訪れるのでしょう。

9.15
昨年のリーマンショックによる激震が走った日です。
あれから1年。
何が大きく変わってきているのでしょう。
あの日を境に雪崩をうったごとく世界経済は縮小していく。
世界各国は、かつてない協力をしながら、
この難局に取り組んでいるかのごとく見えるが、
それぞれの思惑によって動いている。
まぁ、それは当たり前のことであるので、
どうということではないが・・。

冒頭のデータからしても、
基本的にデフレであることは、否めない。
それがいつまで続くかは、不明だが、
人口が増加している限り、インフレでなければならない。
いまは、需要と供給のバランスが崩れているのと、
金融システムに安定感がないことが大きいだろう。

金融と言えば、問題なのはアメリカである。
1971年 ニクソンショックにより
金と決別したアメリカドル。
この約40年にわたる体制が変わるかもしれない。
かなり現実的ではないので、これからはフィクションとして
検証してみたい。
現在のデフレは、日本のみならず、アメリカでも同じだ。
経済が縮小していく中、大幅な税収は見込めない。
つなり、赤字国債を発行してそれを補わなければならない。
その買い手は、
日本と中国だ。
それは、データにより証明済みだ。
ここで面白い動きがある。
金の価格が上昇しそうなのだ。
現在は、3000円を切ったくらいだが、
今後は必ず値上がりする。
これはおそらく間違いない。
で、その金を溜め込んでいるのが、
中国とアメリカ、EU、ロシアらしいのである。
ここで狙っているのが、
ドルの戦略的デフォルトである。
通常デフォルトなどすれば、
デメリットが大きすぎて割に合わない。
しかし、軍事的な安全保障と食料を担保にすれば、
メリットのほうが大きくなるのではないか。

その代わりに、ドルに変わる新しい通貨が発行され、
その通貨は、金と交換できる金本位制になる。
まぁ、アメリカ国債をたくさん買っている日本と中国は、
泣きを見ることになるが、
中国は、しっかりと裏でそれに変わる確約を得ていることだろう。
日本は、民主党政権でアメリカと距離を置くような事態になっていたら、
と思うと、ぞっとする。

あくまで、妄想の世界です。
基本的にそんなことをすれば、
第3次世界大戦にもなりかねませんので、
そんな愚かなことはしません。

さて、デフレ戦略。
功を奏している企業が、
餃子の王将。
ニトリ。
ユニクロ。
しまむら。
ダイソー。
マクドナルド。

キーワードが見えてくる。

来月の出張

来月、大阪に行くことになりました。

関西機械要素技術展という展示会があります。

インテックス大阪で開催です。

7日から1泊2日で見に行くことになりました。

7日午後は、取引先の訪問も入れております。

最近は、社員がこういった展示会には行っていたので、

個人的には、久しぶりになります。

どんなものが展示されているかと言うと、

モーターやねじ、ばね、油圧装置、空圧装置、

治工具、材料、設計ソリューション、その他さまざまな、

機械要素です。

じつは、ロボットにしても、自動車にしても、

家電にしても、この機械要素の組み合わせで、

作られています。

こういった要素技術のかたまりが、

家電製品や、自動車などになるわけです。

そういうわけで来月は楽しみです。

御船出

昨夜は、第1回目の2010年度延岡青年会議所の
理事予定者会議がありました。
私も、現役最後の予定者会議になってしまいました。
およそ、3年ぶりの予定者会議です。
メンバーも、ガラリと変わっておりました。
新しい延岡JCの出港です。
船長は、長友次年度理事長予定者(JCではこう呼びます)
新しいけれども延岡JCの伝統を伝えていく1年に
していきたいですね。
変化していくものもあれば、
継承していかねばならないものもあります。
長友次年度も、それを切望しておりました。
良い1年にしていきたいですね。

船出と言えば、
2011年春の卒業生を迎える準備が
始まります。
今年は、12月2日のヤフードームが皮切りになります。
当日はおよそ2万人がドームに来場します。
朝から、1日中しゃべりっぱなしになります。
へとへとになってしまいます。
やっぱり、学生のエネルギーたるや凄まじく、
それに答えようとするのでこちらにも、力が入ります。
そんな感じで、こちらも始まりですね。

昨夜は、本家ささき にて、
懇親会がありました。
長友理事長予定者、ありがとうございました。
良い船出になりましたね。

今回は、冷しゃぶ用のごまだれが絶品でした。

20090908203525

代車

とある事情で、代車に乗っています。
今回の代車は、ホンダフィット。
初代フィットです。
走行距離は、78500km。
CVT
色は、ベージュ ・・・なぜ(゚ー゚;

さてこの車、とても「よい」です。
おそらく、私が今まで乗った車の中で
一番バランスがいい。
なんといっても、乗りやすい。
運転しやすいのです。

おそらく、エンジンのパワー、
CVT、車体の組み合わせバランスが、
絶妙にマッチングしているのでしょう。
燃費も、すごくいいし・・・。
次の車は、フィットになりそうな感じです。

来年度中には、フィット ハイブリッドが発売になるので、
そいつが狙い目ですね。

おっと、私がフィットを所望するわけないと思っている
読者の方が西階方面にいらっしゃいますね。
もうね、燃費にはかなわないのですよ。
私も、エコを意識しようかなぁと思うようになっているのです。
その場合、
Z君は、当然保有し続けていますが・・・(;´▽`A``

だんだんと

秋の気配が近づいていますね。
コスモスも咲き始めました。
先週末は、青年会議所の宮崎ブロックの代表が
集まっての会議がありました。
月1回のペースですが、
年度末(JCは12月が年度末)を迎える時期になると、
議案も報告議案ばかりになってきます。
だんだん秋といっしょに終わりが近づいてまいります。
と同時に、
次年度組織が立ち上がってまいります。
するとどうしても比重は来年に移っていきます。
致し方ない部分もありますが、
本年度を全うしての来年であることは、
間違いなく、現在あっての未来ですね。
そこをしっかりと自覚しなければなりません。

話題は変わって、
イチロー選手。
2000本安打達成!
9年連続200本安打まであと5本。
これを達成する努力には、相当なものがあるのでしょう。
すばらしいです。

また、石川遼君。
17歳の少年が、今期3勝目。
先週末のフジサンケイクラシック。
圧巻でしたね。
キャリアであれば、10年選手でしょうが、
その努力たるやイチローと同じなのでしょうね。

努力に勝る天才なし

自己実現

今週は、社内で自己実現のためにタナベ経営で
学んだフォームを使って、社員の自己分析をしている。
統括をしているのは、
K課長。
当社若手?の筆頭です。
昨日午前中に、その初回に上がってきたフォームを
持ってきました。
その後、ひとりひとりのフォームを見せていただきましたが、
まぁ、その内容に愕然としまして、
やり直しを指示。
数名は、何とか形になっていたので、
その数名を先生にして、昼休みに再度お願いしました。
午後3時過ぎに、
K課長、再度持ち込みです。
だいぶ見るに耐えるものにはなっておりました。
その後、主任、班長とK課長を交えて個別面談。
主任、班長に再度、細かく内容を伝えて、
来週月曜日に再度、自部署のメンバーのフォームを
やり直してもらって、提出。
その後はK課長と主任・班長がそれぞれの個別に面談です。
感想は、みんなそれぞれ考えているなぁと思ったことと、
まだまだ深く考え込まれていないと言うこと。
なんとなく成り行きで生きていると言うこと。
でしょうか。
未来のことなんて予測することなどできませんが、
意思を持って臨んだ未来とそうでない未来は、
違っていて当然だと思います。
自己実現のために人生を設計する。
すくなくとも、当社の社員であればそれは要求される。

ムクドリ?

先日、延岡のジャスコ駐車場での話。
夕方17時30分くらいだろうか、
駐車場にとめて、ジャスコへ。
駐車場は、その時間満車状態で、
仕方なく遠い隅へ。
およそ1時間後。
車に近寄っていくと、
なにやら、鳥の鳴き声がたくさんするではないか。
思わず、「千鳥? サスケ?いや、カカシか?」などと
余裕をかましていたら、
いやぁ、びっくりです。
千鳥というくらいです。
数百という鳥が、その駐車場脇に植樹された木の枝に、
いらっしゃるではないですか。
私の愛車は、
千鳥の被害にあってしまいました。

近年は、宮崎市で橘通に来襲していたのを
記憶してます。
空から降ってくる絨毯爆撃に恐れを感じて、
避けて通るしかなかったですものね。
それが、延岡でも・・・。
この対策は、費用もかかるのでしょうね。
私も、500円かけて
洗車機で入念に除去させていただきました。

思うのですが、
黒い車には、結構な割合で、
爆弾が投下されております。
何か、因果関係があるのでしょうか?
だったら、次は別の色を選択しなければ。

努力は実る

北九州予備校のスローガン?

JR新幹線で、小倉に着くと目に入る。

2009年度の我々のボス、長曽我部氏。

昨日の大会で好成績を残すことができ、

上位大会への出場が決まったそうです。

おめでとうございます。

氏の努力には、敬服する。

朝早くから、ジョギング、その後すぐに朝練。

日中はみっちり仕事、合間を縫ってJC。

寝る間を惜しんで取り組む姿勢には、

正直、脱帽です。

そのJCですが、

昨夜、2010年度延岡JCの三役が

初顔合わせでした。

理事長所信から組織図などなど、

審議案件が5件。

協議案件1件。

面子も新たになり、

このチームで来年の成否が決まるのだなぁと

感じております。

次年度理事長の思いも、熱いものがあります。

スタッフも専務予定者が、

しっかりと引っ張って行ってくれる、そう思えました。

ラストの年で、すばらしいチームに

めぐり会えたようです。

まだ始まったばかりですが、

これから年内の4ヶ月が来年一年間の成否を決める

期間になります。

あぁ、また日付変更線を超える予定者会議が始まる・・・。

Y専務ぅ、頼みますよぉ・・・。

9月です

9月になって、今朝からは小学生が登校しております。
今はどうなのか、知りませんが、
夏休みの友という
いかんともし難い宿題が出ていたのを記憶しております。
私の場合、計画的に8月29日~31日深夜にかけて
仕上げると言う月末生産方式を採用しておりました。
それがまずいときがついたのが、
小学校4年生のときでしょうか。
それ以来、月初計画生産方式に変更。
図工を残して有意義な夏休みを過ごしておりました。

今月は新しいことが目白押しですね。
なんといっても、新政権による政治体制が始まります。
どんな布陣でどんな政策を打ち出してくるのか。
見極めなければならないですね。

今月で、大方の大手企業の第2四半期が終わります。
結果は・・・・いづれにしても今月で締めです。
こちらも変化をしなければならないはずです。

そうそう、今年から秋のシルバーウィーク?が
誕生しております。
春のゴールデンウォークは、定着してますが、
これからは秋も同じく大型連休があるのでしょうか・・・。
いつ仕事をするのだろう・・・。
当社も20日から23日まで連休です。
旅行にでも行きたいのですが、
連休になると連休価格になる飛行機、ホテル、旅館・・・。
あんまりです (-_-;)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ